日刊サイゾー トップ > 社会 > 事件  > 「目隠しで胸揉まれた」過去に告白

上沼恵美子、たかまつなな…“女芸人の被害”訴え、Aマッソ加納も「目隠しで胸揉まれた」過去に告白

上沼恵美子、たかまつなな…女芸人の被害訴え、Aマッソ加納も「目隠しで胸揉まれた」過去に告白の画像1
上沼恵美子

 元お笑い芸人で、現在はお笑いジャーナリストとして活動するたかまつななが、2月8日にXを更新。芸能界で自身が受けたセクハラ被害を告白し、注目されている。

目次

たかまつななが性被害告白
上沼恵美子、楽屋でのハラスメント被害告白
Aマッソ・加納は「目隠し状態で揉まれた」

たかまつなな、芸能界での性被害告白

 「高校生の頃、お笑い芸人になった」というたかまつは、「芸能界にある性加害に驚きました。楽屋や打ち上げで女性の先輩が胸を揉まれている光景を何度も見ました。私自身、性被害にあったこともあります」と告白。

 しかし、被害を訴えたら「面倒なやつだと思われる」と思っていたそうで、「自分の夢を人質にされ、そのような被害に対して声をあげることができず、他の人の被害にも見てみぬふりをしてしまいました」という。

 さらに、「このような遅れた芸能界を変えられなかったこと、声をあげなかったことを後悔し、これからの芸能界を目指す子どもたちのためにも変えていきたい」というたかまつは、「#芸能人を守る法律を作ろう」という署名活動を始めたことを報告。

 この署名を始めた経緯などを説明するため、本日9日、ジャーナリストの松谷創一郎氏、元ジャニーズJr.・二本樹顕理氏らとともに記者会見を開くことも告知した。

 この投稿に対し、ネット上では「普通の社会に置き換えたら、仕事中にセクハラが行われてるってことでしょ? 考えられない」と衝撃を受ける人がいるほか、「村社会の芸能界を浄化してください。応援しています」といったエールも寄せられている。

 一方で、「『私も被害に遭いました』と言いつつ、たかまつさんでさえ加害者の名前を出せない空気感を、果たして法律で変えることは可能なのか……」と変化の難しさを指摘する声も見られる。

上沼恵美子、漫才師時代の悔しさ明かす「楽屋の規律もむちゃくちゃ」

 女性芸人の実情といえば、5日放送の『上沼恵美子のこころ晴天』(ABCラジオ)で、上沼恵美子が自身の漫才師時代を振り返る場面があった。

 番組では、相次ぐ性的強要疑惑報道について、共演者のシャンプーハット・てつじが「今まであったことが全部崩れていくというか、常識が常識じゃなくなってきてますよね」とコメントすると、上沼恵美子が「常識やなかったのが、常識になっただけのことやで」とぴしゃり。

 「楽屋の規律もむちゃくちゃ」だったとコンビ時代振り返った上沼は、地方営業の大部屋の隅で相方(姉の海原万里)と着替えていた際、男性芸人から「何、色気出しとんねん! 女芸人は堂々と男の前でも裸になって着替えい」と言い放たれたことを明かし、「その時(時代)やから『私、何も思えへんかったわ』っていうのは絶対ないですからね。やっぱり昔だって嫌なものは嫌、恥ずかしいものは恥ずかしい」「思い出すと涙が出て、もういっぺんやり直したいなと思いますよね。(人生を)巻き戻したいな」「『あれが肥やしになって、今の私があんねん』って思うとこが1ミリもないもん」と悔しさをにじませた。

Aマッソ・加納も「目隠し状態で揉まれた」と告白

 また、2022年4月放送の『マルコポロリ!』(カンテレ)では、ワタナベエンターテインメント所属のお笑いコンビ・Aマッソの加納が、過去のセクハラ被害を告白。

 リハーサルで胸を揉まれたりすることは「全然ありました」といい、ある時は感触だけで物を当てるゲームのリハーサルで「目隠しされてる状態で、普通に揉まれたり」したこともあると明かしていた。

 一方、舞台裏ではなく収録中に、バラエティアイドルの胸を揉み、批判に晒されたベテラン芸人がSNSで反論したケースもあった。

 15年3月放送のバラエティ番組『さまぁ~ずのご自慢列島ジマング』(フジテレビ系)では、さまぁ~ず・三村マサカズが収録中にグラビアアイドル(当時)の谷沢恵里香の胸を突然わしづかみにする場面を放送。

 これにネット上で批判が相次ぐと、三村は自身のXで「番組ちゃんと観てます?記事だけ見て言ってるんじゃないですか?あれはよくないことだけど共演者も喜んで現場は笑いになってます。あとセクハラではない。おさわり」と反論。

 谷沢も自身のブログで「番組が盛り上がるなら体を張ります!信頼してますから!」と思いをつづっていた。

 表舞台だけでなく、舞台裏でも“笑える空気”を重んじる芸人が目立つお笑い業界。夢のために空気を読み、泣き寝入りをした女性芸人は一体どれほどいるのだろうか。

仲宗根由紀子(エンタメ系ライター)

芸能誌の編集を経て、現在は国内・国外ドラマレビューを中心に執筆するライター。人気俳優のインタビュー経験多数。

なかそねゆきこ

最終更新:2024/02/09 13:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • x
  • feed