日刊サイゾー トップ > 芸能  > 小朝が公然と泰葉批判! “脱・海老名家”への一歩か?

小朝が公然と泰葉批判! “脱・海老名家”への一歩か?

koasakoasa.jpgそれともどこかで、「ごめんなさい」す
るつもり !?

 若い頃から、落語界のエースとして活躍、斯界の頂点に上り詰めるのも時間の問題と思われていた春風亭小朝が、大きな岐路に立たされている。

 昨年11月に故・林家三平の次女である泰葉と離婚した直後の小朝は、離婚をネタにするほどの余裕を保っていたが、先月、女性マネージャーと不倫していたのではないかという疑惑が報じられ、様子が一変。この噂を流したのが泰葉だと考えた小朝は、マスコミに対して、“遠くから石を投げられている”と彼女を痛烈に批判したのだ。

「これに泰葉がキレました。さらに、母の海老名香葉子さんも怒った。離婚後も、かろうじてつながりがあった海老名家と小朝ですが、これを機に絶縁にもなりかねない。いや、小朝にはその覚悟があります」(落語関係者)

 小朝は、泰葉と結婚後、海老名家が所有していた「林家正蔵」という大名跡を継ぐ気が満々だったという八代目林家正蔵の孫弟子に当たる自身にとって、その名は最高の名誉だったからだ。

「小朝には、三遊亭円朝という大名跡を継ぐ話が来ていたが、それを断った。それほど、正蔵や三平の名が欲しかったようです」(同)

 だが、香葉子さんの意向で、正蔵はこぶ平(当時)が継ぐことに。「三平」の名跡も、いっ平が継ぐことになった。これにへそを曲げた小朝に、泰葉が三行半を突きつけたことが離婚の原因という説もあるほどだ。

「離婚後の小朝は、落語界に絶大なる影響力を持つ海老名家の威光が欲しいこともあって、泰葉の傍若無人な振る舞いにも殊勝な態度で付き合ってきた。だが、今回は堪忍袋の緒が切れたということでしょう。海老名家の力なしでもやっていけるという自信がついたのかもしれない」(スポーツ紙記者)

 一方で、泰葉と香葉子さんは一卵性親子と言われるほど仲がいい。泰葉をこれ以上怒らせると〝落語界の女帝〟香葉子さんが「小朝外し」に動くかもしれないという噂も。「どーもすいません」では済まされない事態を前に、小朝はどう動くのか?
(編集部/「サイゾー」7月号より)

【関連記事】 竹内結子に一矢報いた!? 中村獅童の「暴露話」攻撃
【関連記事】 ミムラの女優復帰は離婚への序章 !?
【関連記事】 広末と別れたダンナの懐事情
【関連記事】 落語界がマルサに戦々恐々! 正蔵申告漏れは氷山の一角!?

最終更新:2008/06/26 10:37

小朝が公然と泰葉批判! “脱・海老名家”への一歩か?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

話題作少なめ!?今クールドラマ、何を見るべき?

1月クールのドラマが続々スタート!…するもなかなか話題作に乏しい様子。意外な良作があるかも?
写真
人気連載

北野武の新作撮影は前途多難

 お笑い界の重鎮・ビートたけしが、映画監督・...…
写真
インタビュー

アンタッチャブル柴田が語る漫才

 お笑い第7世代と呼ばれる若手芸人たちが次々と登場する今、「ブレイク前夜」の闇の中に...
写真