日刊サイゾー トップ > 芸能  > 日本公開は奇跡!? 井口昇のモンダイ映画がついに解禁!

日本公開は奇跡!? 井口昇のモンダイ映画がついに解禁!

iguchi_kinnei.jpg井口昇監督。現在発売中の「サイゾー」
本誌8月号では、映像作家として影響を
受けた恐怖映画についても語っているの
で、ぜひ読まれたし!

 ニコニコと笑顔を浮かべながら現れた井口昇監督。個性派俳優としても活躍する独特な風貌で、出会った人々をたちどころに和ませてしまう“癒し系”映像作家だ。その井口監督、米国でちょっとした騒ぎを起こしている。米国のビデオメーカー、メディアブラスターズ社の依頼で製作したスプラッターアクション映画『片腕マシンガール』が6月に米国で発売されるや、たちまち1万5000本ものセールスを記録。低予算のDVDオリジナル作品ながら、劇中に登場する殺人兵器ドリルブラは無許可でグッズ化されるほどの熱狂ぶりだ。(衝撃の最新作『片腕マシンガール』の画像はこちらから


kataude.jpg『片腕マシンガール』/(c)2008 FEVER DREAMS

 世界的に注目を集めている日本のホラー&スプラッター映画界だが、国内では暴力描写の規制が年々厳しくなっているのが実情。『片腕マシンガール』は規制の緩い米国のDVDマーケット向けということで、井口監督がサディスティックな才能を全開させた作品なのだ。

「現実社会で次々と猟奇的事件の起きている日本では、製作サイドも過激な描写は自主規制するようになってきて、流血シーンを描くことも難しくなってきているんです。ホラーファンから『血が流れないので物足りなかった』とか言われ、悔しい思いをしたこともありました。もちろん、ただ残酷に描けばいいとは考えていませんが、今の日本では自由な表現が難しい状況なんです。その点、『片腕マシンガール』はまったく規制がなかったんです」

 メディアブラスターズ社からは“忍者”と“手裏剣”を出すこと以外は、一切注文はなかった?

「正確には2つだけNGがありましたね。人間はどんどん殺していいけど、動物は殺しちゃダメだと(笑)。米国は動物愛護団体がうるさいので、動物虐待シーンはフェイクを使ってもダメということでした。あと、中学生以下の子どもをいじめるのもダメ。それ以外はフリーでした。面倒な規制がなく、クリエイターとしては、気持ちよく取り組めましたね」

 弟を殺された女子高生・アミ(八代みなせ)が復讐に燃え、いじめっ子やその両親たちに怒りのマシンガンをぶち込むというストーリーだが、どんな残酷場面も井口監督が撮ると、キッチュでチャーミングなシーンに仕上がるから不思議だ。観ていて嫌悪感が湧いてこない。そのことを告げると、井口監督は小学生のような純真な笑顔を見せた。

「本当ですか? うれしいなぁ。ボク自身、子どもの頃はいじめられっ子だったんです。『片腕マシンガール』はボクなりのメッセージを込めたつもり。人をいじめると家族が悲しむよ、憎しみが憎しみを呼ぶんだよと。そういう思いをアクション娯楽作の中に盛り込んだんです。教育映画のつもりで撮ったんで、できればR指定なしで日本でも上映されるとうれしいんですけどね」

 全米での人気を受けて、日本でも8月2日より全国ロードショー公開が決まった。表現の規制から解き放たれた井口監督の奇才ぶりを堪能あれ!
(長野辰次)

『片腕マシンガール』
監督・脚本/井口昇
特技監督/西村喜廣
出演/八代みなせ、亜紗美、穂花、諏訪太朗ほか
配給/SPOTTED PRODUCTIONS

8月2日より池袋シネマ・ロサ、シアターN渋谷にてレイトショー公開。以下、全国順次ロードショー。
片腕マシンガール OFFICIAL SITE
(c)2008 FEVER DREAMS

週刊真木よう子〔DVD-BOX 初回限定生産版〕

井口監督も俳優として「中野の友人」の回に出演。

Amazonで詳細を見る080314amazon.gif

【関連記事】 セクシータレント・Rioの願望 「襲われるよりは襲いたい!」
【関連記事】  “隠れ名優”柳ユーレイ流の「役づくりしない」演技論とは?
【関連記事】 「深夜ドラマ番長」に聞く! 『週刊真木よう子』のつくりかた

最終更新:2008/08/04 21:10
こんな記事も読まれています

日本公開は奇跡!? 井口昇のモンダイ映画がついに解禁!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

郵便局・日本郵政は信用できない

今週の注目記事・第1位「もう『郵便局』は信用し...…
写真
インタビュー

ファーストサマーウイカ登場!

 サイゾー読者的には、アイドルグループ「BiS」や「BILLIE IDLE」としての...
写真