日刊サイゾー トップ > 社会  > 「極めて大きな損害」任天堂がDS用“マジコン”業者を提訴!

「極めて大きな損害」任天堂がDS用“マジコン”業者を提訴!

 29日、携帯型ゲーム機「ニンテンドーDS」の発売元である任天堂と複数のDS用ソフトメーカーが、いわゆる“マジコン”業者5社に対して、これらの機器の輸入・販売の差し止め等を求めて東京地方裁判所に提訴したことが明らかになった。


 “マジコン”とは、ゲームソフトのデータをコピー及び起動するための機器のこと。本来「ゲームデータのバックアップのため」という名目で販売されていたが、実質的には、その多くが海賊版ゲームを起動するために使用されている状態だという。

 今回、提訴に踏み切ったのは、DSの販売元である任天堂に加えて、スクウェア・エニックス、セガ、タイトーなどソフトメーカー54社。各社は“マジコン”による違法コピーの蔓延について「極めて大きな損害を被っており、到底見過ごすことのできないもの」としている。

 任天堂は「継続して断固たる法的措置を取る」としており、「今後、提訴する会社が増えることもあり得ます。損害賠償を請求する可能性も含めて、厳しく対応していくつもりです」(広報部)とのことだ。

【関連記事】 スクエニがDS版ドラクエ5にコピーガード 「船が港に着かない」
【関連記事】 「規制以前に風前の灯火……」美少女ゲーム業界の辛苦
【関連記事】 あの名作ゲームシリーズをどう略す? 大論争、遂に終止符か?

最終更新:2008/08/04 21:10
関連キーワード

「極めて大きな損害」任天堂がDS用“マジコン”業者を提訴!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る
イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

吉田鋼太郎、結婚離婚を繰り返し…

 ベテラン芸能リポーターの城下尊之氏が、とか...…
写真
インタビュー

DDTレスラー4人衆のサウナ愛

「ととの・う」―1 必要なものがすべてそろう。「材料が—・う」「準備が—・う」2 き...
写真