日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > やっぱりあった 陣内『なるトモ!』降板の裏に紀香の影

やっぱりあった 陣内『なるトモ!』降板の裏に紀香の影

fujiwaranorikanarutomo.jpgこんな美人が家にいたら仕事なんて行き
たくなくなる!?

 陣内智則が番組スタート時から4年3か月も司会を務めてきた読売テレビ『なるトモ!』を9月末で卒業することになった。陣内は18日会見し、「自分のステップアップのために卒業させていただく」と語ったが、実は共演者から総すかん状態で、ひとり浮いていたという。


 「2006年に一度『なるトモ!』に大遅刻をしていた陣内は、紀香との結婚後『紀香のせいで遅刻したと思われたくない』という思いから大阪のホテルに前乗りするなどして、がんばっていたんです。しかし他の在阪番組のレギュラーも重なり、週6日大阪生活のような状態になると、紀香との“別居”に耐えられなくなった。そこで毎朝東京から通うスタイルにしたんですが、この頃から陣内は『通勤がつらい、辞めたい』と周囲にこぼすようになりました。そして今年7月にまた遅刻。これが決定的でしたね。それまでも陣内の“紀香との生活優先”という態度を良く思っていなかったスタッフや共演者たちも、番組内ではネタにしていましたが、実際現場は殺伐としていましたよ」(芸能リポーター)

 特に、陣内とともに司会を務めている吉本の先輩・なるみは「あいつはプロ意識がないし、謝り方も知らん」などと激怒。収録以外では陣内とは口もきかなくなったという。もともと陣内の都合で生放送から収録に変わった曜日もあるなど、朝のワイドショー『なるトモ!』にとって陣内は“目の上のタンコブ”とも言える状態だった。「それでも陣内さんの看板番組だから」と耐えてきた周囲の堪忍袋の緒が切れた、というのが降板劇の真相のようだ。

ベスト・パートナーになるために

「分かち愛」が大切なんだってさ!

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 「見苦しい?」マンネリ進む明石家さんまの“抱き合わせ”商法
【関連記事】 “大御所”島田紳助と吉本興業幹部との抗争が勃発!?
【関連記事】 意外に家庭的!? 鳥居みゆきが主演ドラマでエプロン姿を披露!

最終更新:2018/12/07 18:27
こんな記事も読まれています

やっぱりあった 陣内『なるトモ!』降板の裏に紀香の影のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

小泉進次郎、デキ婚で失意の声も

今週の注目記事・第1位「進次郎裏切り<全真相>...…
写真
インタビュー

人力舎の”若手”アンダーパーに注目

 芸歴5年目、なのに全員オーバー30という、人力舎の”若手”トリオコント師「アンダー...
写真