日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 『ラヴィット』にヨネダ2000初登場

『ラヴィット』にヨネダ2000初登場でトレンド入り「どすこいどすい」との相性の良さ

文=大沢野八千代(おおさわの・やちよ)

『ラヴィット』にヨネダ2000初登場でトレンド入り!「どすこいどすい」の相性の良さの画像1
ヨネダ2000 吉本興業 公式サイトより

 24日放送のTBS 『ラヴィット』にお笑いコンビ、『ヨネダ2000』が初登場し話題となった。

 ヨネダ2000は芸歴4年目にして『M-1グランプリ2021』準決勝進出、『女芸人NO.1決定戦THE W』決勝進出を果たした唯一無二のネタとキャラで注目の若手お笑いコンビ。『コスパ最強美容グッズランキング』のVTRにヨネダ2000が登場すると司会の麒麟・川島明も「ついに来た!」とその注目度がうかがえた。

 ツイッター上でも「ヨネダ2000~~~~~~!!!」「ヨネダ2000キターーーー!」「ヨネダ2000ついに~!朝から嬉しい!」と歓喜の声。

 ヨネダ2000は前髪をラクにカットできる便利アイテム『前髪カットクリップ』を紹介。理容師の資格を持つ清水亜真音(22)が愛(25)に『THE W』でみせたネタさながら「ストイックなお相撲さん役」を頼み、愛が「どすこいどすい」やっている間に「どすこいどすこい中に前髪ごめんね」と前髪をカット。愛は手鏡でその仕上がりを見ると「あらかわいい」と満面の笑顔を見せた。

 続いて、早く髪を乾かせる『ヘアドライ手袋』も紹介。愛が検証するために髪を乾かす間、清水は隣でこれもまたネタ中に見せた独特なダンスを延々と踊っていた。

 最後は、髪を切り綺麗に乾かした愛がサングラスをかけてソファーに座っている。これからおでかけかなと思いきやサングラスをずらすと愛は睡眠中。清水が「相方今、一旦仮眠取らさせてもらってまーす。それではお返ししまーす」とVTRを締めると 川島に「もうちょっとどうにかしてくださいよ」と突っ込まれ出番が終了した。

 ツイッター上では「ヨネダ2000また出てくれ~」「ラヴィットで堂々とボケて商品紹介もしてちゃんとやっててすごい!レギュラーで見てみたい!おもしろ!」「ヨネダ2000が朝観れると心が穏やか」「やっぱ面白いな…ヨネダ2000好きだ…」と大好評。見事トレンド入りも果たした。

 ネタだけではなくロケでも独特な空気感で自分たちの良さを発揮した『ヨネダ2000』。芸歴4年目であれだけのパフォーマンスを発揮し、しかもネタと番組の相性の良さもしっかり表現。今後もテレビでの活躍が期待できそうだ。

大沢野八千代(おおさわの・やちよ)

大沢野八千代(おおさわの・やちよ)

1983生まれ。大手エンタメ企業、出版社で勤務後、ネットソリューション企業に転職。PR案件などを手掛けている。KALDIフリーク。

最終更新:2022/01/26 08:00

『ラヴィット』にヨネダ2000初登場でトレンド入り「どすこいどすい」との相性の良さのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

芸能界訃報相次ぐ…

 ベテラン芸能リポーターの城下尊之氏が、とか...…
写真
インタビュー

石戸諭が語るメディアの問題点

 毎日新聞、バズフィードジャパン、そして現在は雑誌でテレビでとメディアを横断して活動す...
写真