日刊サイゾー トップ > 芸能  > B’zにミスチル、宮崎あおい…血眼のNHK『紅白』人選事情

B’zにミスチル、宮崎あおい…血眼のNHK『紅白』人選事情

NHK-Hall.jpg今年も紅白が行われるNHKホール

 年末を前にして音楽不況と言われることもあってか、早くもNHKは『紅白歌合戦』の出場歌手へのアプローチを開始しているのだという。今年の『紅白』の目玉は、Mr.ChildrenとB’zだと言われている。

「NHKは昨年39.5%と史上ワースト2位の低視聴率に終わったため、幅広い層に人気のミスチルをどうしても出場させたい意向だと言います」(NHK関係者)

 同局はミスチルとの信頼関係を築こうと、今春のNHKドラマ『バッテリー』の主題歌『少年』や、北京五輪のテーマ曲『GIFT』を担当させるなど関係を密にしてきた。

 一方、B’zに関してもNHKはデビュー20周年の舞台裏に密着した『NHKドキュメント』を10月に放送するなど、「B’zを今年の目玉として何としてでも出場させたいと、考えているようです。同スペシャル番組は今年の『紅白』のチーフ・プロデューサーが担当していることもあり、B’zの『紅白』出場は決定的でしょう」(レコード会社関係者)

 どうやら、今年の『紅白』ではミスチルとB’zの共演が見られそうだ。

「さらには、『そばにいるね』が着うたダウンロード200万件を達成した新歌姫・青山テルマ、そして空前のおバカブームの立役者である羞恥心も『紅白』出場も内定済みだといわれ、若い世代にも魅力的なラインナップとなりそうです」(音楽関係者)

 また、昨年、出資法違反容疑で強制捜査を受けた健康食品販売会社L&Gのコンサートに出演していたことで、紅白出場を辞退した細川たかしなど、演歌勢の巻き返しも注目されるところだ。

「話題性十分の黒人演歌歌手・ジェロや、デビュー4年目にして『愛のままで…』が歌謡曲チャートで3週連続1位を獲得した61歳の遅咲き歌手・秋元順子も当確だといわれていますね」(前出・レコード会社関係者)

 次に出場歌手以上に気になるのが司会者の人選だ。現在、水面下では視聴率が20%を毎週超えるなど、大河ドラマ『篤姫』が好調な女優・宮崎あおいへの打診が噂されている。

 昨年は、笑福亭鶴瓶とSMAPの中居正広の男2人が司会を務め、やや華に欠けたが、「今年は宮崎を第一候補にSMAP5人での司会案、この夏の24時間チャリティーマラソンで注目されたエド・はるみの名前も、『紅白』の司会候補に挙がっているといいますよ」(音楽関係者)

 今年度上半期のゴールデンタイムでは、民放を抜きトップに立ったNHK。大晦日の勝負に向けて死にものぐるいで人選を進めているようだ。

Mr.Children “HOME” TOUR 2007~in the field~

やっぱりミスチルはライブバンドです。

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 新人賞はジェロ! 今年のレコ大もすでに決定済!?
【関連記事】 NHK、記者のインサイダー取引続発で、お寒い「誓約書」集め
【関連記事】 NHK連続テレビ小説で話題! EXILEメンバーの”棒”っぷり

最終更新:2008/09/26 12:00

B’zにミスチル、宮崎あおい…血眼のNHK『紅白』人選事情のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

エガちゃんねるスタッフ離脱のワケ

敏腕YouTubeライターと日刊サイゾー新米編集...…
写真
インタビュー

『死霊の盆踊り』ほか珍作映画

 日本におけるサイテー映画の歴史の発火点となったのが、米国映画『死霊の盆踊り』(原題...
写真