日刊サイゾー トップ > 連載・コラム  > ユルいからこそ胸を打つ!?『関ヶ原ウォーランド』の反戦主張
【退屈巡礼】vol.04

ユルいからこそ胸を打つ!?『関ヶ原ウォーランド』の反戦主張

tokyokaseryo.jpg徳川家康と湯浅五助の首。関ヶ原合戦の有名エピソードなんですが、
それよりも、周りの武将がどこ見てるのかさっぱり分からないのが気になってしまいまして……。

この退屈なご時世に、退屈しのぎに退屈な場所に行ってみるシリーズ【退屈巡礼】。第四回は、知る人ぞ知る”戦国テーマパーク”『関ヶ原ウォーランド』に行ってきました。ランド内の様子はこちらから

 「戦争って超カッコイイよね!」だなんて人前で口走ろうものなら、おおよそひんしゅくをかいまくって人格を疑われるのがオチですよね。でもいくら「戦争反対」は当然のことだとは分かっていても、なにか戦いにロマンや憧れを感じてしまう人は少なくないんじゃないでしょうか。もちろん多くの人は、そこに描かれている人の生き様やドラマに惹かれるのであって、別に賛戦派だとか血の気が多いというワケではないと思いますが、それにしても戦いに憧れを感じてしまうのは「描かれ方がカッコイイから」に他ならないのではないでしょうか? もし武器や兵器のデザインが揃いも揃ってカッコ悪くて、どんくさい人しか登場せず、しかも全編気の抜けるような音楽しか流れていない、そんな戦争ものがあれば、最強の「反戦メッセージ」になるのでは……って、「そんなもんあるかー!」と言われそうですが、あります! 映画やドラマではありませんが、関ヶ原にある戦国テーマパーク「関ヶ原ウォーランド」がそれ。

 本来はここ、関ヶ原の戦いを完全再現した戦国歴史ロマンあふれるテーマパーク……のハズなんですが、どちらかといえばB級テイストが一部で絶大な支持を得てしまったスポット。そもそも「関ヶ原ウォーランド」という名前だけでかなりの脱力感ですが、中身は想像をはるかに上回る破壊力でした。

 まず入場すると、いきなりド演歌調の「♪粛々として~大軍夜に乗じゆく~」というフレーズが響きわたります。しかもエンドレスで。なんでも「あゝ決戦の関ヶ原」というオリジナルのテーマ曲(?)らしいのですが、園内のどこにいてもこれが聞こえるものですから、なんともユル~い雰囲気に。

 そして眼前に広がるのは、関ヶ原合戦を再現した人形たち……なのですが、コンクリートにペンキ塗装という造りが、これまたユル~い気持ちを誘います。決してデタラメに造られているわけではなく、関ヶ原合戦の陣営を基に丁寧な仕事をされているのですが、なにせ戦国武将の造形がキャラ立ち過ぎ! もう、すべてを掲載したいぐらい味のある像が立ち並んでいます。しかし造りがユルいわりには、やっていることは殺し合い。油断していると生首を下げた人に遭遇したりもしますが、バックにはのどかに季節の花が咲き、どこからともなく聞こえる「あゝ決戦の関ヶ原」……やっぱりどうしても脱力してしまう!

 とどめは武田信玄。関ヶ原より前に亡くなっているせいか戦場とは離れたところにいるのですが、「もう争いはやめい! ノーモア関ヶ原合戦じゃ!」のメッセージで完全ノックアウト。「ノーモア関ヶ原合戦」……いや、はからずも反戦のメッセージはしっかり受け取りましたよ。たしかにこの戦なら憧れる人は少ないかも……。そして何より、この脱力加減は世界平和に役立つ気がします。個人的には「イマジン」よりこっちの勝ち!

tokyokaseryo.jpg実は観光バスもやってくる、それなりにメジャーな観光スポット。

tokyokaseryo.jpg武将の造形は味がありすぎ!

tokyokaseryo.jpgちなみに人形作者は、前回紹介した「桃太郎神社」の像も作っている浅野祥雲というお方。
B級スポット好きの人にとっては神のような存在です。

tokyokaseryo.jpg「カイジ」とかに出てきそうなすさまじいインパクトの武将。
あぁ、できることなら全部紹介したい!

tokyokaseryo.jpgユルいようでいて、きっちり命のやり取りも……
のハズなんですが、どうも和んでしまう。

tokyokaseryo.jpg「バガボンド」でおなじみのおふたり。たまにタイトルを
「バカボンド」と間違ってる人がいますが、この場合はどっちでもOKな気が。

tokyokaseryo.jpg首実検場に運搬される生首。さすがにちょっと
ギョッとしました。隣の敷地は本物の墓場だし。

tokyokaseryo.jpg「もう争いはやめい! ノーモア関ヶ原合戦じゃ!」と強烈なメッセージを
とばす武田信玄。たしかに戦争カッコ悪いです、お館さま!

●ご利用の心得

・戦国歴史ロマンを感じたいなら、想像力を鍛えておこう!
・合戦エピソードなど、関ヶ原の戦いは軽く学習しておくとより吉。
・コンクリート像は大切に! ツッコミは言葉だけにしておくこと。

●あまり親切でないご利用案内

営業時間:11月~3月/午前10時から午後4時30分
4月~10月/午前9時から午後5時
定休日:年末年始(12月30日~1月2日)のみ休業
料金:一般700円 小人400円 幼児200円
住所:岐阜県不破郡関ヶ原町大字関ヶ原1701-6
アクセス:名神高速・関ヶ原ICより国道365号直進、約5分。電車・徒歩の場合はJR東海道線・関ヶ原駅より徒歩30分ぐらい。
HP:ありません。
(取材・文/大黒秀一)

イマジン ~ミレニアム・エディション~

あまりにも有名な曲。

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 【退屈巡礼】vol.03世界の中心で「発祥」を叫ぶ!? 愛知『桃太郎神社』の本気な主張
【関連記事】 【退屈巡礼】vol.02そこに未来はあるか!? 『リニア見学センター』の意外な現実
【関連記事】 【退屈巡礼】vol.01これじゃ破綻も必然?『私のしごと館』に行ってみた

最終更新:2009/01/29 14:15
こんな記事も読まれています
関連キーワード

ユルいからこそ胸を打つ!?『関ヶ原ウォーランド』の反戦主張のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

新作ピンク映画15本が集結

 最新ピンク映画の話題作&人気作をセレクトし...…
写真
インタビュー

宇崎竜童、代表作を語る

 チロル帽を被った男が猟銃を手に大阪・三菱銀行北畠支店を襲撃し、行員らを人質に立て篭...
写真