日刊サイゾー トップ > 芸能  > 報道各紙が一斉に報じた「小室・KEIKO離婚」大誤報の裏側

報道各紙が一斉に報じた「小室・KEIKO離婚」大誤報の裏側

 4日に5億円の詐欺容疑で逮捕された小室哲哉。逮捕翌日には各スポーツ紙が関係者の証言として「妻のKEIKOとすでに離婚していた」というニュースを配信したが、翌日にはKEIKO本人が「一緒に歩む覚悟です」というコメントを発表。「小室・KEIKO離婚」の報道は誤報となった。なぜこんなことになったのだろうか。報道関係者が語る。

「小室の逮捕当日、KEIKOはすべての取材をシャットアウトし、コメントすら出そうとしなかったんです。それで、報道関係者はKEIKOの周辺に取材をかけたんですが、その中で、ある関係者が『すでに離婚している』という情報を出したんです。各紙がその情報を信頼したことからも、KEIKOにかなり近い人物の発言だったことは分かりますよね」

 だが、結果的にはこの関係者の発言がウソだったことになる。

「巨額の詐欺事件ですし、小室には借金もある。さらに、この事件に関してはまだまだ表沙汰になっていない問題もあるといいます。場合によっては、KEIKOが麻布で経営している小料理屋やその他の権利を持っていかれる恐れがあったんですね。それで、KEIKOの周囲にいるプロダクション関係者や所属レコード会社の関係者は、KEIKOに小室との離婚を迫ったそうです。ところがKEIKO本人が頑として首を縦に振らなかった。そこで、関係者が意図的に『離婚』の断定情報を流して既成事実を作り、KEIKOに圧力をかけようとしたんですよ」(同)

 時にスキャンダルを売り物にするマスコミ各社だが、今回は関係者側の情報操作に担がれる形となったようだ。

【関連記事】 麻薬逮捕のテニス選手はKAT-TUN赤西仁率いる”赤西軍団”だった!
【関連記事】 釈由美子・山本梓 マネージャーの”ドタキャン”で雑誌界追放へ!?
【関連記事】 「何この写真!?」産経記事に掲載された木村拓哉イラストの怪

最終更新:2008/11/13 08:00
こんな記事も読まれています

報道各紙が一斉に報じた「小室・KEIKO離婚」大誤報の裏側のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

ジャニー喜多川氏逝去で、ジャニーズ事務所はどうなる⁉

ジャニーさん死去でジャニーズ事務所がいよいよヤバい!?
写真
人気連載

高良健吾主演のR18作

 初恋の相手にもう一度逢ってみたい、そう思う...…
写真
インタビュー

英語のプロに聞く、英語学習法

「日本人は英語が苦手」とよく言われる。英語の教材を買ったり、英語教室の門を叩いたもの...…
写真