日刊サイゾー トップ > 社会  > 「実は仕組まれていた!?」大和生命破綻の”真相”

「実は仕組まれていた!?」大和生命破綻の”真相”

daiwaseimeihonsha.jpg旧鹿鳴館跡地に建つ大和生命本社(東京都千代田区)

 経営危機に陥っていた大和生命保険が、10月10日に倒産した。生保会社の破綻は2001年3月の東京生命保険以来7年半ぶりで、その報は取引時間中の東京株式市場を直撃。リーマン・ブラザーズ破綻に端を発する欧米の金融危機の波が日本にも及んだとして、日経平均株価は戦後3番目の下げ率を記録する暴落となった。

 しかし、この破綻のタイミングには不可解な点が多い。大和生命の中園武雄社長は会見で「世界的な金融市場の混乱で、資産運用のために保有していた有価証券で、想定外の急速かつ深刻な価格下落が進んだ」と、破綻の理由を今般の世界的な金融危機によるものと強調。だが、大手生保関係者は「最近の市場混乱がきっかけだなんて嘘っぱち。大和生命の経営は、3~4年前から取り返しのつかないくらい悪くなっていた」と明かす。

「大和生命は、02年に破綻した旧大正生命を買収するなど、事業の拡大を推進。05年には、日興コーディアル証券副社長だった中園氏をトップに招くという異例の人事を行ったが、同社長は、証券会社と同じ感覚で高リスクの資産運用を推進し、失敗。最終利益も黒字を保ってはいたが、これも東京・内幸町という超一等地に建つ本社ビルを600億円超で売却しただけのこと」

 その大和生命がこの時期を自らの命日に選んだのには、中園社長をはじめとする経営陣の”責任逃れ”のためとの見方が強い。高リスクな”バクチ経営”が失敗した末の経営破綻では、マスコミや株主から経営責任を追及されるのは間違いない。しかし、リーマン破綻後に世界的な株安が進行する中で「市場環境のせい」と主張し、経営責任を薄めることを狙ったのではないかというのだ。

 それが奏功したからか、実際マスコミの論調も「リーマン禍の破綻」などと、中園社長など経営陣の責任を追及する声は小さく、彼らのもくろみは当たった。だが、その代償として金融業界は混乱し、ある金融業界関係者は「大和生命は世間的には無名の存在であり、リーマン破綻以前なら大きなニュースになっていなかったはず。このタイミングで破綻したことで扱いが大きくなり、株式相場が悪化したうえ、生保業界に対する信用不安が高まり、連鎖破綻すら招きかねない状態だ」と憤る。

 だが、この破綻には、監督官庁である金融庁の意向が働いたとも見られている。それというのも、当然ながら金融庁は大和生命の経営悪化を把握していたはずだが、早期の改善措置など十分な対応を行っていないのだ。対応らしい対応といえば、経営破綻のわずか1カ月前、”アリバイ作り”のために同社へ検査に入ったことぐらいである。「金融庁は、生保業界全体での保険金不払い問題にこだわりすぎるあまり、大和生命への対応を半ば放置していた」(前出の金融業界関係者)といい、監督責任を問われて当然なのだが、こちらも金融危機に責任を転嫁することで、マスコミの追及なども行われずに済んでいる、というわけだ。

 さらには、行政の責任をチェックすべき政府も、大和生命の破綻を都合よく使ったのではないかと見る向きもある。大和生命破綻の翌11日、ワシントンでG7が開かれ、公的資金による金融機関への資本注入などを柱とする対策を打ち出した。日本からも中川昭一財務相が出席したが、この破綻が直前に起きたことで、日本においても危機感が高まり、公的資金注入に対する反対が弱まった。また、この破綻の影響で事前に株価が暴落していたことで、逆にG7後の連休明け14日には、日経平均株価が1171円高と過去最大の上昇を見せ、麻生内閣は対策効果をアピールすることに成功している。前出の金融業界関係者は、「こういった政治日程を完璧に把握した上で、金融庁がベストな破綻日程を作り上げ、政治の側もこれを了承したのではないか」と指摘する。

 市場や保険会社の犠牲の上に、大和生命、金融庁、政治の三者にとって都合が良い破綻が”作られた”というのが、真相のようだ。
(隅田哲太/「サイゾー」12月号より)

倒産法全書 上

今のうちに。

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 社説まで間違えた!? 大誤報連発の毎日新聞は大丈夫か
【関連記事】 1万人が怒りの声を上げた『ベルク』立ち退き騒動とは?
【関連記事】 「麻生邸逮捕事件」亀井静香、鈴木宗男からも「異議あり!」の声

最終更新:2008/11/24 11:00
こんな記事も読まれています
関連キーワード

「実は仕組まれていた!?」大和生命破綻の”真相”のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

読書✕ヤンキー『どくヤン! 』

 もしも読書好きのヤンキーがいたら……いやい...…
写真
インタビュー

売れっ子おじさん俳優・川瀬陽太の素顔

 俳優が売れるか売れないかは、大きな事務所に所属しているかどうか次第。長い間、ずっと...
写真