日刊サイゾー トップ > 芸能  > 光GENJI脱退、離婚、仕事の不振…「衝撃自伝」を直撃!
大沢樹生×吉田豪(前編)

光GENJI脱退、離婚、仕事の不振…「衝撃自伝」を直撃!

oosawamikiobook.jpg

 脱退の経緯、離婚の真相、難聴の息子の子育てまでを赤裸々に告白した自伝『昨夜未明、大沢樹生が死にました…』が11月下旬に出版された。本作を「今年ベスト3に入るタレント本」と評した吉田豪が、大沢本人にインタビューを敢行!

──ついに本が出ましたね!

【大沢】 はい、出ましたねえ……。

──僕、よくネットで自分検索するんですけど、「大沢さんの本の評判を聞く限り、これは確実に吉田豪が食いつくに違いない」って書いてあったから、「とっくに食いついてるよ!」って(笑)。でも、評判いいですよね。

【大沢】 そうですか? いい評判って、なかなか本人の元に入ってこないんで。悪いのは入ってくるんですけど(笑)。この本に関してはどんな評判も、まだ僕の元へは届いてないです。僕ちょっと臆病者なんでネットで検索するの怖いから、してはいないんですけど。

──褒めてるのを、すでに2~3見ましたよ。

【大沢】 じゃあ、けなしてるのは?

──いや、ないですね。ちゃんと評判いいですよ。ホントおもしろかったんで、僕も08年のタレント本ベスト3に入れてますから。

【大沢】 ありがとうございます(笑)。最初に出版の話をいただいたときは、「え? 自分の人生って別に突出して面白いこともなかったしなあ……」って、自分的には乗り気ではなかったですけどね。でも、僕も来年40歳になるんで、年齢的にもそういう自叙伝的なものもありかなと思って本を出させてもらって。まあ、自分としてはここ2~3年、過去を振り返るどころではない状態だったんですけど。

──事務所を立ち上げてからですね。

【大沢】 とにかく、今は前しか見れねえって状態だったんで。僕は独立して3年はものすごい試練があると思っていて、それは覚悟してたんですよ。1年目はノリと勢いで乗り切って、2年目はその惰性もあって。この3年目っていうのはホントよく耐えてるな、と。仕事もそうですけど、私生活も。ホント、厄とか天中殺とか悪い運気が一気に来た、みたいな。

──光GENJI時代のことが2章分しか書かれてないのも、思い切った構成ですよね。

【大沢】 そうですね。実際、今の自分のプロフィールでも光GENJIのところは切ってあるし、「あの人は今」的な本になっちゃうじゃないですか。別に自慢話もしたくないし。一応、レコードが何千万枚売れたとか編集の人が入れてくれたんですけど、そんなことすら書きたくなかったんですよ(笑)。とにかく「おじちゃんは、昔すごかったんだよ」っていうのが嫌で。あのグループに今の自分のベースを作ってもらったんじゃないかとは思ってるんですけど、今さらあえて書く必要もないだろうって。ちょっと表現によっては変な方向に行ってしまいそうで、極力、光GENJIのことやメンバーのこと、ジャニーズ事務所関係のことに関しては……。自分の中では、それ以降のことのほうが重要なので。

他人ではなく、自分自身の暴露本

──本の帯に「仕事の不振」って文字がありますけど、光GENJIを辞めてから、どれだけ大変だったのかについて描いてますからね。

【大沢】 まあ、18歳から25歳まで7年間、社会現象とかトップアイドルとか言われてきて、それなりの地位を築いて、若いうちに運とか相当なエネルギーは使ってたと思うんですよ。それをすべて断ち切って、またエネルギーと運をチャージしていくのは時間もかかるし、それなりの試練はあると覚悟はしてたんですけどね。いまだに「ローラースケート履いてないの?」とかって言われるし。

──でも、バランスのいい本だと思いますよ。

【大沢】 よくありがちな暴露本にはなってないですよね。出てくる人たちの嫌なことは何も書いてないですもん。結局、自分自身の暴露本なんですよね。ここまで自分のことや、もちろん家族のこととか子どものことを告白したっていう経験も、今まではないですし。やっぱり自分のここ十数年を振り返るに当たって、結婚や離婚のことを外すと、逆に嘘になってしまうので。

──これまで取材してきた側も聞きづらかった話ですよね。

【大沢】 まあ、たぶんこれが最初で最後じゃないですかね。これだけ話せば、もう探られないだろって(笑)。ホント、自分の仕事以外で別に注目されたくもなかったし、私生活を売りにするのは本意ではないと思ってたんで。息子が生まれたときの病気のこととか難聴についても、彼のプライバシーもあるし、言う必要も今まではないと思ってたんですけど、
ここ数年父子家庭でやってきて、どうしても僕の仕事上、隠すというエネルギーが大きかったんで。決して恥ずかしいことではないし、出したほうがいいんじゃないか、と。

──そこは腹をくくったんですね。『昨夜未明、大沢樹生が死にました…』という縁起でもないタイトルは、どこから出てきたんですか?

【大沢】 これは、初めて出版社の人たちとミーティングしてタイトルの話になったとき、僕が「『昨夜未明、元光GENJIの大沢樹生が死亡しました』ぐらいのインパクトがあってもいいんじゃない?」ってボソッと言ったのが、そのままタイトルになってしまいました。

──誤解を生みますよね、これは(笑)。

【大沢】 でも、僕の中では非常に前向きなタイトルだとは思っていまして。裏タイトルは、『昨夜未明、大沢樹生が死にました…』の「…」のあとに、『本日早朝、大沢樹生が生き返りました』が入るんですよ(笑)。

──この執筆中に亡くなってたって設定で。

【大沢】 そうなんですよ、遺作で(笑)。

──この新聞の死亡記事をモチーフにした表紙に、遺作となる本が「年内に数千部程度出版される予定」って書かれていて、そのリアルな数字に笑いましたけど(笑)。

【大沢】 フフフフフ。編集サイドとしては、その横に書いてある、「シングル累計売り上げ枚数1500万枚」という光GENJI時代の数字と比べて、そのくらいまでいきたい願望があるみたいですね。
(写真=江森康之/インタビュー・構成=吉田豪/「サイゾー」1月号より/後編につづく

大沢樹生(おおさわ・みきお)
1969、年東京都生まれ。82年、ジャニーズ事務所に入所。光GENJIのリーダーとして活躍した後、現在に至る。俳優業を中心に、ドラマ、映画などで活躍する。06年に自らが経営する芸能事務所・ドリームフォープロモーションを立ち上げる。また、現在、ファッション&アクセサリーブランド・Street Star Japanをプロデュースしている。ドリームフォープロモーション〈http://www.d4p.jp〉 Street Star Japan 〈http://streetstar.jp/

吉田豪(よしだ・ごう)
1970年、東京都生まれ。プロ書評家、プロインタビュアー。徹底した事前リサーチと鋭い切り込みのインタビューで、各界から高い評価を得る。近著に『バンドライフ』(メディアックス)、『honnin列伝 セキララなオンナたち』(太田出版)などがある。吉田豪解説シリーズとして、山城新伍の『おこりんぼさびしんぼ』、勝新太郎の『俺、勝新太郎』に続き、内田裕也の『俺はロッキンローラー』(すべて廣済堂文庫)が12月中旬に発売予定。

昨夜未明、大沢樹生が死にました…

赤裸々とはこのこと。

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 “俳優兼社長”元・光GENJI大沢樹生が語る芸能プロ経営の難しさ
【関連記事】 元光GENJI逮捕は、ジャニーズ”大物”後輩のスケープゴート!?
【関連記事】 34歳の元光GENJI、グラドルとのプリクラ流出でファンがぷんぷん

最終更新:2008/12/19 14:38
こんな記事も読まれています

光GENJI脱退、離婚、仕事の不振…「衝撃自伝」を直撃!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

小泉進次郎、デキ婚で失意の声も

今週の注目記事・第1位「進次郎裏切り<全真相>...…
写真
インタビュー

足立正生が語る、若松孝二(後編)

【前編はこちらから】  インディーズ映画界の巨匠・若松孝二監督と「若松プロ」に集まっ...
写真