日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 産経新聞の大誤報! 桂三枝の「文枝」襲名は事実無根だった

産経新聞の大誤報! 桂三枝の「文枝」襲名は事実無根だった

 新年早々、産経新聞が誤報を飛ばした。落語家の桂三枝が「桂文枝」を襲名し、弟弟子の桂きん枝が「桂小文枝」を襲名するというもの。東京版の紙面では、第2社会面で2段組みで報じられていたが、大阪版は一面でドーン。当然、反響を巻き起こした。

 ところがこれ、正真正銘の誤報。「事実無根です」とまで三枝が所属する吉本興業関係者は呆れる。正月早々、他紙の記者たちの電話がじゃんじゃんなり、広報部もあわてふためいたいという。

「あらかじめストーリーを作って、それにそって都合のいい事実だけをくっつけたというか。サンスポさんが報じるならまだわかりますが、産経新聞ですからね。参りました」(関係者)

 弟子が師匠の名前を襲名する際には、兄弟弟子や師匠の遺族、所属事務所など、いろんなところに筋を通して、襲名披露興行のスタイルまで視野に入れて描き、それから発表するという段取りを取る。三枝は「上方落語四天王」と呼ばれた文枝の一番弟子で、一番「文枝」に近い存在ということはできる。いずれ継ぐ可能性は大いにあるといえるが、今回の報道で襲名後退とならないことを祈るばかりだ。

ビクター落語 上方篇 桂文枝

先代文枝は05年没。

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 「何この写真!?」産経記事に掲載された木村拓哉イラストの
【関連記事】 社説まで間違えた!? 大誤報連発の毎日新聞は大丈夫か
【関連記事】 報道各紙が一斉に報じた「小室・KEIKO離婚」大誤報の裏側

最終更新:2009/01/07 13:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed