日刊サイゾー トップ > エンタメ > アイドル > STARTO(旧ジャニーズ)  > ファンは悲痛な叫び!? ”黒すぎる”嵐・大野智は大丈夫か

ファンは悲痛な叫び!? ”黒すぎる”嵐・大野智は大丈夫か

kurosugiru.jpgテレビ朝日『歌のおにいさん』HP。
例によって大野クンはイラスト処理です。

 現在、『歌のおにいさん』(テレビ朝日)で、コメディに初挑戦している嵐・大野智。ロックバンドのボーカルからなぜか歌のおにいさんをすることになってしまった男の奮闘と成長を描くストーリーで、「すぐにふてくされるところとか自分に似ているかも(笑)」と、大野自身も役柄を楽しんでいる様子。また、役名である”矢野健太 starring satoshi ohno”で初のソロ曲「曇りのち、快晴」の発売(嵐の新曲「Believe」と両A面)も決定し、歌番組も含めて、今後ますます露出が増えそうだ。

 そんな順風満帆な彼だが、ドラマ第一話を見た一部のファンからは”愛ある”ダメ出しの声があがっている。それは……。

「大野くん、黒すぎ!」
「歌のおにいさんなのに、そんなに日焼けしていて大丈夫なの!?」
「健康的ではあるけど、やっぱり役とイメージが違う気が……」

 演技や役柄についてではなく、ほとんどが大野のこんがり焼けた”黒い肌”についての指摘ばかり。前作『魔王』(TBS)のころから日焼けはしていたものの、着ぐるみを着たり、カラフルな衣装に身を包んだり……という今回の役どころで、さらに強調して見えてしまったようだ。
 それにしても、こんな真冬に日焼けとは一体ナゼ? 日サロに通うキャラには見えないのだが……。

「日焼けの原因は、ずばり、趣味の釣りですね。数年前からかなりハマっていて、休みの日になると朝4時や5時に出発して、一日中船に乗りっぱなしのようです。事務所も”日焼けには気をつけるように”と再三注意しているらしいんですが、もともと本人が自分の外見に無頓着なタイプのため、あまり効き目がないようですね。あまりにも焼けすぎて肌荒れもひどいですよ」(ドラマ制作会社関係者)

 ”カッコつける”ためではなく、趣味による日焼けだったとは、なんとも大野らしい話だ。が、いくら「外見を気にしないタイプ」とはいえ、2作目の主演ドラマに挑戦し、俳優として飛躍中の時期だけに、この日焼けは”プロ”としてはいかがなものか。

「プライベートだけじゃなく、雑誌やテレビの企画で釣りに行ったのが響いてるのかもしれませんが、それにしても黒すぎますよね。『魔王』でもW主演の斗真に『釣りに行かないで』って言われてたのに、我慢できずに行っちゃったし……。そのときは長時間船に乗り続けたせいで三半規管がおかしくなって、その後の撮影でまっすぐ歩けなくて困ったと言ってました。そこまで釣りが好きなら、やめてとは言えないけど、このまま行ったら役が限定されちゃいそうで心配。そもそも、大野くんは白い肌の方が似合ってるんだから、せめて日焼け止めくらいは塗って欲しい!」

 こんなファンの悲痛な叫びが、本人にも届けば良いのだが……。

草花木果 日やけ止め

お肌にもよくない。

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 嵐・大野”3P大麻騒動”は黙殺もファンの中に不穏な動き
【関連記事】 嵐・大野智”大麻”スキャンダルの謎「なぜ数年前の事件が!?」
【関連記事】 嵐・大野智『大麻で3P』報道でジャニーズ崩壊危機!?

最終更新:2013/02/01 17:21
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • x
  • feed