日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 若手も絶賛! 空前のテレビ不況を生き抜く今田耕司の戦略

若手も絶賛! 空前のテレビ不況を生き抜く今田耕司の戦略

ainoriyarisugi.jpg『あいのり』(フジ)と『やりすぎコージー』
(テレ東)。視聴者層のまったく違う番組も
違和感なくこなす。

 テレビ局が相次いで赤字に転落するなど、番組予算が年々減り続けているという。大御所芸人にMCを依頼、そして高視聴率という時代は終焉(しゅうえん)に向かいつつある。

 そんな中、中堅や若手の芸人が目標としている存在が、ビートたけしや明石家さんまではなく、吉本興業の今田耕司だという。

 「今田さんはたくさんの番組に出たいから、自分の意思でギャラのアップを抑えてきたんですよ。高くても1本100万円程度。自分から『ギャラはあげんといて』と言ってたみたいですね。このご時世、ギャラが上がるのは問題なんですよ。身の丈に合ったギャラじゃないと、若手・中堅クラスの芸人はすぐに切られてしまいますからね」(放送作家)

 また、”派閥臭”がしないのも、今田がテレビで重宝される理由だという。

 「今田さんが全国で有名になったのは、ダウンタウンの『ごっつええ感じ』(フジテレビ)でしたから、松本軍団のひとりと思われても不思議ではない。ところが、同じダウンタウン『ガキの使い』や松本さんの『すべらない話』には顔を出さないので、現在では松本軍団のイメージはほとんどないですよね。むしろ、ビートたけしや久本雅美など業界に影響力のある他事務所の大御所にも上手に取り入っています。さらには、フリやフォローにも長けているので、下の芸人にも『今田さんと絡むとオイシイ』と評判です。若手が目標にするのも無理はないですよ」(同)

 現在、週10本のレギュラーを抱えている今田耕司。その裏には高度な戦略が隠されていた!?

やりすぎコージーDVD-BOX8

天王洲猥談第二弾。

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 幸満ちゃん殺害事件の裏にTBSのモラルなき蛮行
【関連記事】 AV嬢だった!? TBS『余命1ヶ月の花嫁』をめぐる騒動の裏側
【関連記事】 劣化版『あらびき』!? 松本人志のTBS深夜番組に吉本も困り顔

最終更新:2018/12/07 18:34
こんな記事も読まれています

若手も絶賛! 空前のテレビ不況を生き抜く今田耕司の戦略のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

郵便局・日本郵政は信用できない

今週の注目記事・第1位「もう『郵便局』は信用し...…
写真
インタビュー

加藤ひさしが語る32年間の軌跡

 ザ・コレクターズは不思議なバンドだ。1987年にメジャーデビューして以来、アルバム...
写真