日刊サイゾー トップ > 芸能  > やはり鬼門!? ”深夜枠→ゴールデン”で苦戦する『只野仁』

やはり鬼門!? ”深夜枠→ゴールデン”で苦戦する『只野仁』

tadanohitoshihp.jpgテレビ朝日『特命係長・只野仁』HP

 今期、深夜枠から木曜21時のゴールデン枠に移動したテレビ朝日ドラマ『特命係長・只野仁』が苦戦している。

 03年、「金曜23時15分~」という深夜枠で放送の始まった『只野仁』シリーズは、バカバカしい下ネタと適度のお色気で人気を獲得。07年1月からの「3rdシーズン」では平均視聴率14.5%と、深夜枠では異例の高視聴率を誇っていた。

 そんな人気を受け、この1月から満を持してのゴールデン進出。ドラマ関係者は視聴率20%越えを期待していたというが、実際には初回から10~11%程度と低迷しており、結果的に深夜よりも視聴率を落とすことになってしまった。

「このドラマの最大のウリは、女性被害者がハダカで殺されていたり、只野の巨大なイチモツを使ったギャグなど、サービス精神に溢れたお色気シーンでした。ゴールデンに移ったことで、このウリが封印されてしまった。制作スタッフとしては、その分ドラマの完成度やサスペンス性を高めて視聴率を上げたかったようですが……。とはいえ、多少のお色気が残っているので”家族で見るドラマ”というわけにもいきませんしね」(テレビ関係者)

 深夜枠からゴールデンへの移行はテレビ業界では鬼門と言われており、移ったとたんに魅力を失い、ファンが離れてしまう番組も決して少なくない。

「『只野』の場合、視聴者層を見誤った面もあると思いますよ。表と裏の顔を使い分け、セックスも上手く、ケンカも強く、常に冷静沈着なスーパーサラリーマン。そんな只野仁を見て、同年代のサラリーマンが溜飲を下げていたんです。それが、21時枠になってしまったら、実際のサラリーマンは残業をしてる時間ですからね。見たくても見られませんよ」(同)

 次クールは、いっそ深夜枠に戻してお色気シーンをパワーアップしたほうがいいかも!?

特命係長 只野仁 DVD-BOX

こちらは2003年7月~9月放送分。

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 「恋の”から回り”!?」明石家さんまの視聴率崩壊に吉本涙目
【関連記事】 ジャニーズ全滅!? 日テレ深夜枠でバラエティ番組”壊滅の危機”!
【関連記事】 テレビじゃ絶対放送禁止 超過激DVD発売の江頭2:50を直撃!

最終更新:2009/02/05 11:00
こんな記事も読まれています

やはり鬼門!? ”深夜枠→ゴールデン”で苦戦する『只野仁』のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

バラいろダンディで広告離れ露呈

 2014年4月から“オトナの夜のワイドショ...…
写真
インタビュー

瓜田純士復帰戦、衝撃の結末!

『瓜田純士に勝ったら10万円』というサイゾー協賛の格闘技イベントが4月28日、「THE ...
写真