日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 視聴率ドン底……ゴールデンで迷走する『やりすぎコージー』

視聴率ドン底……ゴールデンで迷走する『やりすぎコージー』

yarisugiko-ji-.jpg『やりすぎコージー』HPより

 なにかがおかしい。関係者の多くが、そう思っているに違いない。

 昨年秋、テレビ東京でゴールデン進出を果たした人気バラエティ『やりすぎコージー』が、なんだかおかしい。

 まず、視聴率が伸びない。今年に入ってからも4%台、時には3%台と、まるで「深夜!?」という、とても人気番組とは思えない数字を記録する週も少なくない。

 3月18日放送の『爆笑レッドカーペット』(フジテレビ)に、『やりすぎコージー』の裏番組のフジ月9のドラマ『ヴォイス』出演の石原さとみがゲスト出演したのだが、司会の今田が、「『やりすぎコージー』、えらい目におうてるじゃないですか! 責任とってくださいよ!」とからむ自虐ネタで笑いをとっていたが、リアルすぎて笑えない。

 加えて、番組構成にも不思議な点がみられる。『アメトーーク』(テレビ朝日系)とあまり差異を感じないような「○○芸人」的な企画があったり、元旦の特番の占いコーナーで、「今年最も売れる芸人」として選ばれた野性爆弾を、見ている側からすると、半ば強引に準レギュラー化してみたり。なかでも気になるのは、ひとつの企画を途中で終了し、週をまたいで続きを放送したりする点。それも、翌週すぐ放送せず、しばらくたってから放送したりすることも多いばかりか、2月2日、9日に放送した、芸人の中での格闘王を決める企画に至っては、一番肝心な決勝戦が未放映のまま一カ月以上経過、3月16日の放送の時点でもまだ放送されていないというような状況である。

 そんな迷走ゆえ、視聴率も落ちてしまっているのだろうか。多くのバラエティ番組を手がけ、芸人とも親交の深いある構成作家に聞いた。

「それは逆で、視聴率が悪いから、番組が迷走しているんだと思います。なんとかしようとして、週によってメチャクチャな構成だったり、またいでみたりしてるんでしょう。今は、いろいろ試してみて、正解を探してるところだと思います」

 番組のかつての持ち味のひとつが、「モンロー女優」と銘打った、AV系の女優が出演したり、下ネタ爆裂の「天王洲猥談」といったお色気モノ。そして、誰も知らないような芸人を、1本まるごと特集してみたりといった、深夜ならではの「誰が見るんだよ(いい意味で)」といったノリ。それこそが言葉通りの「やりすぎ」だったかと思うのだが。

「ゴールデンでも低予算なのは気の毒なのですが、今のところ、中途半端な感じはぬぐえないですよね。ヘンにゴールデンに合わせようというのが見えてしまうので、深夜からのファンも、満足できませんし」(前出・作家)

 そもそも、なんでゴールデンに来ちゃったのかといえば、「『やりすぎ』の”都市伝説”スペシャル、あれがフタケタ取っちゃったことで、イケると判断されたみたいですね」

 狙いは悪くなかったのだが、ゴールデンという制約と、月9ドラマ、『人生が変わる1分間の深イイ話』(日本テレビ)、『ビートたけしのTVタックル』(テレビ朝日)といった、人気番組の多い激戦区にあえてぶつけてしまったことも敗因のひとつになる。

「若い人が月9に流れると、それ以外にテレビをよく見るオバちゃんの層、ここに全くアピールしませんからね」

 そこに、このところの野性爆弾猛プッシュが追い打ちをかけ、負のスパイラルを加速する。

「野性爆弾自体は面白いし、ブレイク間違いなしと言われてることも本当なんです。実際に売れれば、番組から生まれた人気者ということで、番組にもハクがつくんですが、まあ、好感度が一切ない(笑)。オバちゃんたちが見たがる要素が全然ない。加えて、『売りたい』という空気が透けて見えてしまっているので、余計にしらけちゃうと思うんです」

 最近の放送でも、桂楽珍というまだ知名度のあまりない落語家にスポットをあてるなど、「『やりすぎ』らしさ」を感じる回もあって、そういったときはとても面白いのだが、やはり数字は伸びない。

「きっと、本当にやりたいのはそっち系なんですけど、面白いことやると、ああなっちゃうんですよね」

 ゴールデンのバラエティらしさとは、何なのか。

「それはもう、なんだかわからなくても、とにかくにぎやかで、ついてたら楽しいな、そんな空気ですよね。だから、今のゴールデンのお笑い番組は、『芸人まつり』のような感じになってしまうのかと。あと、家族で見れないというのは致命的でしょう」

 地下組織のようなところから、きらびやかな場所に無理矢理連れ出されて、「いつも通りに」と言われても、そりゃあ、キノドクな話である。

 とりあえず、4月以降も放送は続くが、スタイルを維持したまま、どこまでいけるのだろうか。
(文=太田サトル/サイゾー公式携帯サイト「サイゾー裏チャンネル」より)

やりすぎコージーDVD-BOX10

ジャケがエロい。

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 「今田耕司もクビ!?」テレビ局に吹き荒れるリストラの嵐
【関連記事】 やはり鬼門!? ”深夜枠→ゴールデン”で苦戦する『只野仁』
【関連記事】 幸満ちゃん殺害事件の裏にTBSのモラルなき蛮行

最終更新:2018/12/07 18:34

視聴率ドン底……ゴールデンで迷走する『やりすぎコージー』のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ第2波で芸能界も大混乱

新型コロナ第2波で芸能人も続々と感染…
写真
人気連載

【ネットフリックス】アメリカの人種差別

「時代を代弁する”俺たちの”コメディアンの登...…
写真
インタビュー

本性としての暴力と協力(後編)

――人間はどこから来たのか 人間は何者か 人間はどこに行くのか――。最先端の知見を有...
写真