日刊サイゾー トップ > 芸能  > 「本物の”おバカ”だった!?」野久保直樹 独立騒動の裏側

「本物の”おバカ”だった!?」野久保直樹 独立騒動の裏側

shuchishinnokubo.jpgまだまだ人気の羞恥心だが、野久保(右)の
騒動でどうなる!?(画像:DVD『お台場探偵
羞恥心 ヘキサゴン殺人事件』
より)

「本当におバカだったんだ」とプロダクション関係者の失笑を買っているのは、野久保直樹だ。野久保は大手芸能プロ・ワタナベエンターテインメントに所属しているが、今月20日に同プロに無断で立ち上げたブログで「独立宣言」をするものの、ナベプロがそれを許さずブログが突如閉鎖されたことは各マスコミで報じられた。

 ただ、”独立騒動”はその後も収まらず、その翌日に行われ、野久保がゲストとして出演した映画『バーン・アフター・リーディング』のPRイベント会場でもこんなことが起こった。

 同イベントを仕切る映画関係者が「野久保さんは現在フリーです」と、取材陣に言い切ったのだ。ところが、その現場から、取材最中に撮影をやめて撤退するテレビ局があったという。

「イベント直前にナベプロから、取材をやめてくれないか、というお願いが来たんです。局によって対応はばらばらでしたが、撤退した局も複数ありましたよ」(現場にいた関係者)

 翌日のスポーツ紙には、その模様が大きく報じられたが、テレビのワイドショーなどがそれを取り扱うことはなかった。

「21日の午後に、ナベプロの幹部が、テレビ局回りをしたんです。事情説明というやつですね。ナベプロとしてまだ契約下にあるタレントなので、直接ブッキングするのは避けてもらいたい、というような話し合いが編成のトップとの間で持たれたようです」(テレビ局関係者)

 大手芸能プロからの独立など、そうそう簡単にはできない。それをわかっていての「覚悟」が野久保にあったのか、あるいは誰かにそそのかされているのか。

「一説には、過去にセイン・カミュやボビー・オロゴンなどの独立トラブルの際にも名前が上がった人物が、今回も関与しているといわれています」(芸能プロ関係者)

 いずれにせよ、野久保がマスコミから消える日が続きそうだが、彼の独立したという説明を真に受け、イベントにブッキングした映画会社は大迷惑だ。

「大金をかけたイベントがテレビでオンエアされませんでしたから、宣伝にならなかった。もう一度、23日にIKKOをブッキングしてやりましたが、今度は草なぎの逮捕というニュースですっかりかすんでしまった。関係者も頭を抱えていましたよ」(スポーツ紙記者)

 野久保独立問題も、現時点では草なぎ逮捕で注目度が低くなっているが、今後の再燃は必至だ。

お台場探偵羞恥心 ヘキサゴン殺人事件

解き明かせないものもある。

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 上地雄輔ソロデビューに見るおバカタレントの「アーティスト化戦略」
【関連記事】 和田アキ子にケンカを売った石原真理子に取材依頼殺到中!?
【関連記事】 グラビア事務所が続々「寿司はせ川」へ”島田紳助参り”する理由

最終更新:2017/06/01 11:37

「本物の”おバカ”だった!?」野久保直樹 独立騒動の裏側のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

女性の意識の変化を描いた小津安二郎

ドラマ『チャンネルはそのまま!』(HTB)や...…
写真
インタビュー

『死霊の盆踊り』ほか珍作映画

 日本におけるサイテー映画の歴史の発火点となったのが、米国映画『死霊の盆踊り』(原題...
写真