日刊サイゾー トップ > 社会  > 大粛清への先鞭か 講談社ポータルサイト「MouRa」が解散、更新停止へ

大粛清への先鞭か 講談社ポータルサイト「MouRa」が解散、更新停止へ

moura.jpg講談社『MouRa』

 出版大手講談社が運営しているポータルサイト「MouRa」<http://moura.jp/>が、6月1日をもって部署を解散し、サイトの更新を停止することが明らかになった。

「MouRa」は、2005年に前身である「Web現代」を引き継ぐ形で開設され、「世のあらゆる才能、事象を出版クオリティで提供する”ハイクオリティ・才能ポータル”」を標榜していたが、わずか4年での撤退となった。

 関係者への取材によると、50名あまりの「MouRa」運営スタッフに解散が告げられたのは5月に入ってからとのこと。また、「MouRa」の更新停止後、同サイト内で運営されていたデジタルコミックサイト「MiChao!」も、11月を目処に消滅する公算が強いという。

「前身の『Web現代』は会員制の有料コンテンツ配信サイトとして立ち上げられ、『MouRa』になってからも数々の課金サービスやWebコンテンツの書籍化など、試行錯誤を繰り返してきました。集英社、小学館と並ぶ大手御三家のなかではWEB進出に積極的な姿勢を見せていた講談社でしたが、結局、ネット上では収益モデルを作れなかったということでしょうね。一方の紙媒体では、毎週大幅な赤字を垂れ流し、最近編集長が交代した『週刊現代』や『FRIDAY』にも休刊のウワサが絶えません。『MouRa』の解散は講談社内の大粛清の始まりに過ぎないのかもしれませんね」(関係者)

 08年度の決算で、過去最大の赤字幅76億8,600万円を記録している講談社。出版界の巨艦はどこへ向かうのだろうか。

nude (単行本)

我らがみっひーの本も「MouRa」から。

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 雑誌ビジネスはどう変わるのか<死が迫る雑誌たち>のサバイバル術
【関連記事】 「追悼本を……」故・忌野清志郎さんの周辺で加熱する出版権争奪戦
【関連記事】 ビートたけしが放った『FAMOSO』は新世紀版「たけしの挑戦状」か

最終更新:2009/06/01 08:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【1月期の冬ドラマ、続々スタート】視聴率・裏事情・忖度なしレビュー

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

『光る君へ』忯子の死去と貴族の葬儀

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
イチオシ記事

粗品「審査員をやってあげたい」

 霜降り明星・粗品が、また物議を醸しそうな物言いをしている。  21日にYouTubeの個人チャンネル「粗品のロケ」を更新した粗品。その動画のタイ...…
写真