日刊サイゾー トップ > 連載・コラム  > 杉作J太郎さんの至言「そんなことより『ファフナー』見ろ、『ファフナー』を」(後編)
【第2回】小明の「大人よ、教えて!」"逆"人生相談

杉作J太郎さんの至言「そんなことより『ファフナー』見ろ、『ファフナー』を」(後編)

sugisaku_akari02.jpgお食事をたしなみながらユル談義。

■前編はこちらから

――杉作さんとすごい話が合う若い女子とか、それはそれで不安ですけどね。

杉作 それにいつまでも撮らないから、カメラも取りあげられちゃってね。ハハハ。

――カメラもなくてどうやって映画を……?

杉作 だからまず返してもらわなくちゃいけないんだけど、とりあえず制作費を稼ごうと思って。それでパチンコするんです。今『CR蒼穹のファフナー』っていうのが出てて、あ、アニメの『ファフナー』は見た?

――見てないです。っていうか、それじゃ『チョコレート・デリンジャー』完成しないですよ!

杉作 (気にせずに)ハハハ。コマーシャルでもう夢中になっちゃいましてねぇ~『ファフナー』! 完全に女性ランキングが『エヴァ』の綾波さんより『ファフナー』のカノン・メンフィスが上になってしまいましたよ! でも、両方ともキングレコードでしょ、もう完全に、商売的にやられているってバレるから、言わないようにしようとしてるんだけど、キングレコードとは相性がいいんだなぁ……あ、『ナデシコ』は見た? アニメ見ないの?

――私はあんまり、『ガンバの冒険』とかしか。

杉作 じゃあ、ごらんなさいよ『ファフナー』!! 絶対見たほうがいいよ!! あんな面白いものないなぁ……(遠くを見ながら)。

――そうなんですか。でも、私はアニメに感情移入が出来なくって。出てる子たちが14~17歳くらいじゃないですか、輝かしすぎて目がくらんでしまって、どうも現実味が……杉作さんは『エヴァ』とかは、誰目線で見てたんですか?

杉作 エヴァは、あの中にまだ出てきてない人が僕じゃないですか? もうちょいしたら出てくるのかなーみたいな。でも、あの中の人間関係に僕、いましたよ。綾波とアスカが僕をつつき合いしてるんです。今は『ファフナー』ですけども……あ! きのうはデートに行ってたんですよ、湘南に。

――あ、ちゃんと普通にデートもしてるんですね! なんか良かったです!

杉作 お昼前に目が覚めて外を見たら天気が良かったんですよ、これはデート日和だな! 海に連れて行ってあげよう、と思って。

――当日で海なんて、ロマンチック!

杉作 行ってきましたよー! 『ファフナー』のDVD-BOXとCD-BOXを助手席に乗せて、湘南に!

――……え?

杉作 『ファフナー』は海辺の話なんですよ。だから砂浜に持っていって写真を撮ってきました。世田谷の僕の家に『ファフナー』のBOXがあっても絵にならないからね!

――砂浜に置いて、絵になりましたか?

杉作 ……やっぱり持っていくと、”物”は”物”なんですよねぇ……。DVDも砂でジャリジャリになっちゃったし……。

――やっぱり! でも、私も湘南に行くとか、そんなデートしてみたいです! デートとか、とんと機会がなくて!

杉作 (機嫌を直して)おっ、デートがしたいの? ダメですよ、アイドルなんだから、ファンの人がデートしないでほしいと思っているはずですよ。その人たちの思いが小明ちゃんをデートさせないようにしてるんですよ。

――そんな生霊みたいな! それほどファンの数もいないですよ! っていうか、それだったら(杉作さんが大好きだった)加護ちゃんだって、違った今があるはずじゃないですか!

杉作 それは……僕の祈りが足りなかったんですよ! もういいんです加護ちゃんは! 僕には今はカノンがいますからね。

――その位置だって前は綾波さんだったじゃないですか、あんなに好きだったのに……。

杉作 僕が『ファフナー』のカノンに夢中になってから、パチンコも『ファフナー』を打つようになって、そのとき『エヴァ』も新しい台が出ていて、これは綾波さんにバレたらどうしよう……と思ってたんだけど、それからさっぱり『エヴァ』で出なくなっちゃって……綾波さんが僕に冷たくなったんですよ。でもカノンは僕に2万円くれたんですよ。

――……もう14歳のカノンのヒモですね。

杉作 いくら機械でも、やっぱりわかるんだなぁって。ホラ、逆説的に証明されました。やっぱり僕は綾波さんと付き合ってたんですよ……。さらに言うと、僕は今、カノンと付き合ってるってことなんです……!

 そう言って真剣なまなざしで空を見つめる杉作さんに、私の「本がどうやったら売れるか」なんて相談は届くことはなかった。それに、そもそも杉作さんの本が売れていないということにも帰ってから気がついた。「サイゾー」の連載をまとめた本がいちばん売れなかったという噂も聞いた。せっかく「サイゾー」で連載が始まったのにこんな対談になってしまって、本が売れるどうこうよりも今回で打ち切りにならないかどうかを編集長に相談したい気持ちです。
(取材・文=小明/「サイゾー」7月号より)

杉作J太郎(すぎさく・じぇいたろう)
1961年、愛媛県生まれ。82年、『ガールハンター』でマンガ家デビュー。以降、「ガロ」(青林堂)などで活動を続ける傍ら、「L.L.COOL J太郎」としてミュージシャンデビューも果たしている。現在、映画制作プロダクション「男の墓場」局長。

小明(あかり)
1985年、栃木県生まれ。02年、史上初のエプロンアイドルとしてデビューするも、そのまま迷走を続け、現在、フリーのアイドルライターとして細々と食いつないでいる。6月2日に書籍『アイドル墜落日記』(羊泉社)刊行。以来、返本に怯える日々。
ブログ<http://yaplog.jp/benijake148/

恋と股間

Jさん著。

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 スクープ!”ウルトラの師”実相寺監督の貴重なエロコレクションを宇宙初公開
【関連記事】 不思議で美しい生命の小宇宙を撮らえた『昆虫の王国』
【関連記事】 アキバで農業がスタート! メイドさんが育てる”萌え米”&”萌え野菜”

最終更新:2018/12/19 15:06
こんな記事も読まれています

杉作J太郎さんの至言「そんなことより『ファフナー』見ろ、『ファフナー』を」(後編)のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

バラいろダンディで広告離れ露呈

 2014年4月から“オトナの夜のワイドショ...…
写真
インタビュー

チケット転売規制法は「国民救済」が目的じゃない! 

 東京オリンピックを視野に6月に施行される「チケット転売規制法」。チケットの高額転売...
写真