日刊サイゾー トップ > 芸能  > 「まるで別人!!」森下悠里の熱すぎる女優魂に肉薄インタビュー!
映画『今日からヒットマン』公開記念/前編

「まるで別人!!」森下悠里の熱すぎる女優魂に肉薄インタビュー!

morishita01_main.jpg

 エリート(?)でもちょっとおっちょこちょいなサラリーマンが、ある日突然”伝説のヒットマン”に変身する痛快エンターテイメント映画『今日からヒットマン』(9月26日公開)にヒロイン・ちなつ役で出演中の森下悠里ちゃん。女優として新天地に挑戦した彼女に、撮影秘話を含め、プライベートにも踏み込んだ”女子”話を繰り広げてもらいました!!

 いわゆる”ギャル”のちなつ役の風貌でインタビュールームに登場した悠里ちゃん。しかし映画とはうって変わって、取材班が恐縮してしまうくらい礼儀正しく、かもし出す雰囲気はとってもおっとり。

――映画の役柄とお会いした印象が、まったく違いますね。映画だとグラマラスで超セクシーですが、実際はモデルさんのようにスマートなんですね。


森下 とんでもないです!! でも実は最近、親知らずを抜いたんですが、頭まで痛くなって食べられないんですよ~。本当は口を開けるのも痛いんですけど、歯を抜いた後、歯茎に穴が開いてるの見て、すごく面白くて。気持ち悪いのを見るのが好きなんで(笑)。でも食欲はまったくなくなっちゃって、3kgも痩せちゃいました。半年前にこの映画の撮影のために3kg痩せたので、計6㎏のダイエットですね。それまでは、アイス3本とか平気で食べる子だったんですけど。

morishita01_sub.jpg

――それはすごいですね!! 撮影中もアイスを召し上がっていたんですか?

森下 さすがに緊張して、それは出来なかったです(笑)。映画の撮影って、本当に張り詰めているんですよね。グラビアの現場では、まるでお姫様みたいに扱っていただいて、ワイワイ楽しく撮影する感じなんですが、映画はみんなで撮っているので、常に全員が120%の状態で当たり前、みたいな。一人の失敗で全部崩れちゃいますからね。せっかく長いセリフ言えたのに、飛行機の音が入っちゃった!! なんてこともありますから、セリフも完璧に覚えるし、意識は自然と高まりました

――なるほど。表現としてはグラビアも映画も同じかと思っていましたが、そうでもないんですね。でも確かに、グラビアの森下さんと映画のちなつ役では印象もかなり違いますもんね。表情、話し方で雰囲気がまったく違うので、今も同じ人とお話しているとは思えません。本当に、女優さんなんですね。

森下 そんな私なんてまだまだ……。でも今回、完成を見て自分でも”顔が違う!!”って思いました(笑)。まさに”別人”(笑)。今回撮影のために髪を伸ばしてブリーチしたんですが、久しぶりでしたね。18~9歳のときはギャルだったんですけど。でも監督に「君はまだ若いのに、動作やしゃべり方が20代後半だよ」って言われちゃったり。普段はわりと落ち着いた年上の友達と遊ぶことが多いんですけど、撮影中は意識して10代の子達と一緒にいるようにしました。そしたらやっぱり彼女たちは動作が速くて、私トロいなぁって(笑)。

hitman_morishitaTT.jpg(c)2009「今日からヒットマン」フィルムパートナーズ

――役作りも入念に行ったんですね。でも、この映画のちなつちゃんって10代なのに主人公の十吉(武田真治=住宅ローンを抱えて妻に頭が上がらないサラリーマンだが、ある事件を境に凄腕ヒットマン”二代目・二丁”の名を受け継ぐ)を上手く操縦して”伝説のヒットマン”として導いているヤリ手な感じですね。

森下 そうなんですよ。この年にしてハラも据わっているという(笑)。男を操縦する術を知っている、すごい子ですよね!! 私とは180度違うタイプなので憧れます。監督が「ちなつには(恋人だった初代の)二丁しかいなかった。だから亡くなった初代二丁が(二代目の)十吉に懸けた思いは、そのままちなつにも当てはまる」って言われたので、そこはかなり意識しました。それにしてもちなつちゃんは達観していますよね。一体どんな人生歩んできた? みたいな想像しちゃいます(笑)。

――しっかり役に成りきってらっしゃいましたけど、ご自身では、そこまで懸けて好きになった男性はいますか?

森下 それが、ないんですよね、ちなつみたいにすべてを男性に預けるって。何か”極妻”みたいですね(笑)。でも、いつかそんなドップリはまる恋愛経験もしてみたいですよね。演技する上でのリアリティも増やせそうですし。”昼ドラ”ばりの愛憎劇もやってみたいんですよ。
後編につづく/取材・文=山田裕子)

●もりした・ゆうり
1985年1月30日生まれ。身長160cm、スリーサイズは90-55-90cm。2005年よりグラビアアイドルとして活躍。その後、女優業にも進出。主な出演作に『秘密潜入捜査官ハニー&バニー』(07)『ギララの逆襲 洞爺湖サミット危機一髪』(08)など。主演舞台「MEN&MAN男たちの想い」(9月19日~)、写真集『クイーンズブレイド THE LIVE 冥土へ誘うもの アイリ 森下悠里 EDITION』(10月7日発売)が決定している。

kyokarahitman_main.jpg(c)2009「今日からヒットマン」フィルムパートナーズ

●『今日からヒットマン』
監督/横井健司
脚本/イケタニマサオ、我妻正義
原作/むとうひろし『今日からヒットマン』(日本文芸社刊「週刊漫画ゴラク」連載)
出演/武田真治、星野真里、森下悠里、黄川田将也、津田寛治ほか
9月26日(土)銀座シネパトスほかにてロードショー
PG-12
配給/東映ビデオ
http://kyokarahitman.jp

月刊森下悠里 2

美しい。

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 知的に低脳な『秘密潜入捜査官 ワイルドキャッツ in ストリップ ロワイアル』
【関連記事】 セクシーすぎるターミネーター森下悠里に悩殺されてきた!
【関連記事】 響く雄たけび! 森下悠里の爆乳に秋葉原はパニック状態!?

最終更新:2009/09/07 11:21

「まるで別人!!」森下悠里の熱すぎる女優魂に肉薄インタビュー!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

「眞子さま、結婚宣言」勝者は秋篠宮か小室圭さんか

今週の注目記事・第1位「秋篠宮が覚悟、眞子さ...…
写真
インタビュー

コロナ以後の里山資本主義

『デフレの正体』(角川oneテーマ21/2010年)、『里山資本主義』(NHK広島取...
写真