日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > AKB48グループ  > 「なぜ?の嵐」AKB48″新内閣”でチームB入り確定の鈴木紫帆里がまさかの卒業!!

「なぜ?の嵐」AKB48″新内閣”でチームB入り確定の鈴木紫帆里がまさかの卒業!!

shiorin_akb.jpgAKB48公式サイトより

 新曲「言い訳Maybe」が発売初日デイリーチャートでSMAPを破り、1位を記録したアイドルグループ・AKB48。8月23日の武道館公演で”新内閣”の組閣を発表し、10月からは史上初の大規模メンバーシャッフルを行うことを明らかにした。その”新内閣”で正規メンバーであるチームBへの”入閣”が決定した研究生の”しほりん”こと鈴木紫帆里が、まさかの卒業を発表。高校1年生15歳の研究生ながら雑誌やテレビへの出演も相次ぎ、運営サイドからもプッシュされているメンバーだった彼女に何が起こったのか? 鈴木のファンである”有名ヲタ”の一人が、がっくりと肩を落としながら、次のように明かした。


「本当にありえないですね……。生きる希望を失いました。研究生としてのデビュー当初から委員長キャラで、常に優等生だったしほりん。公式プロフィールで身長164cm、現在はもっと伸びて167cmぐらいはあると思います。そんなスラリと伸びた恵まれたスタイルで、ダンスセンスも抜群でした。研究生は正規メンバーが公演を休んだ際に、そのポジションの代役を務めるんですが、現在の研究生から一番最初に代役に選ばれたのが彼女でした。研究生公演の『片思いの対角線』ではセンターポジションを務め、AKB48冠番組『週刊AKB』(テレビ東京系)にも出演するなど、まさに”推され”だったと思います。本人の向上心も高くこれからもっと伸びていくメンバーだと思って、僕も”激推し”していたのに……。チームB入りも決定して本当にこれから!! って時になんで……。本当に秋P(秋元康総合プロデューサー)作詞のおニャン子クラブ・吉沢秋絵のソロ曲じゃないですけど、『なぜ? の嵐』ですよ」

 鈴木本人は、卒業発表の際に「これから正式メンバーになるという時に、自分の中途半端さに気がつきました。ほかのメンバーは必死に夢を追いかけてるのに、(自分は)AKBに入って夢を見つければいいやっていう甘い考え方で続けてるわけにはいかないと思って、AKBにいて悩んで立ち止まっているより、自分で夢を見つけて、その夢に真っすぐに向かって歩くことに決めました」と説明。具体的に彼女がどんな夢を描いているかは、うかがい知れないが、優等生キャラの彼女だけに学業との両立がやはり一番の原因のようだ。

 劇場通い3年半の”古参ヲタ”で、AKB48事情に精通するある人物は次のように分析する。

「本人は語っていませんが、両親が厳しい方のようで、やっぱり学業との両立が一番の原因のようです。これはウワサですが、学校の成績も相当良く、東大(東京大学)を目指しているという話を本人から聞いたファンがいるとかいないとか……。実際、公演中のMCでもしほりんは高校1年なのに、『高校3年のメンバーの宿題を手伝う』という話も出ていたので、これはありえる話だと思います。一時的に学校の成績が下がってしまったため今回は卒業しますが、もし彼女の追う”夢”がやはり芸能界ならば東大に受かってから、AKBに復活してほしいですね。現役・東大生でAKB48ってカッコいいじゃないですか。AKBに現役・早稲田大学生(佐藤夏希)、現役・某音楽大学生(松井咲子)はすでにいるので、現役・東大生でAKBを期待してます。今、しほりんはモバメ(=モバイルメール・登録したファンだけがメールを受け取れるサービス)で、AKBメンバー全員一人一人に宛てたメールを書いています。それが一通一通泣かせるんですよ……。それだけ、AKBに思い入れと深い感謝の念を抱いてくれている彼女なので、復活してくれると信じています」

 昨年、”プリクラ解雇”された菊地あやかが研究生として復活し、”新内閣”でチームK入りが決定。4期研究生として活動していたものの、オーディションで落選した村中聡美が再び8期研究生として復活するなど、”何度でも挑戦できるアイドル”でもあるAKB48。秋元康が毎回脚本を執筆しているチームK公演の寸劇でも、鈴木がテーマにされ、秋元から脚本という形だが、「紫帆里は、大学に受かればまたここに戻ればいいんだよ」と復帰を望むエールを送られている。鈴木紫帆里の抱く”夢”がAKB48と再びリンクするのであれば、また同じステージで会える日が来るかもしれない。
(文=本城零次)

AKB48総選挙! 水着サプライズ発表

いろいろやってます!

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 「辞めたメンバーは……」AKB48隆盛の裏に卒業メンバーの死屍累々
【関連記事】 AKB48最年長の大堀恵 ”最下層アイドル”の処世術を大激白(前編)
【関連記事】 「私はAKB48に必要?」AKB48・板野友美がブログで深刻な悩みを告白

最終更新:2018/12/10 19:32
こんな記事も読まれています

「なぜ?の嵐」AKB48″新内閣”でチームB入り確定の鈴木紫帆里がまさかの卒業!!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

立川志らく、落語界からは大酷評

 秋の番組改編で、低視聴率が続く朝の情報番組...…
写真
インタビュー

いま注目の若手No.1芸人登場!

 ありそうでなかったチャラ男漫才でブレーク間近といわれるEXIT(いぐじぃっと)...
写真