日刊サイゾー トップ > 社会  > 押尾学被告 銀座で暴力団による”押尾包囲網”が張り巡らされ大ピンチ!?

押尾学被告 銀座で暴力団による”押尾包囲網”が張り巡らされ大ピンチ!?

oshiomanabu_hoimo.jpgヤリ逃げ名人の押尾被告。
暴力団からも無事逃げ切れるだろうか……

 保釈中の押尾学被告に対し、夜の銀座で暴力団関係者が”押尾包囲網”を張り巡らしていることが明らかになった。

「銀座の大箱クラブに、ある暴力団の幹部から『押尾を銀座で見かけたら、すぐ連絡をくれ』という申し入れがありました」と言うのはクラブ関係者。

「変死したTさんには、暴力団関係者のファンも多かったですからね。変死事件の真相が解明されないまま、保釈された押尾を許せないんです」

 Tさんについては、死人に口なしをいいこととに”ドラッグ中毒””や”やくざの情婦”といった心ない噂が飛び交った。

「確かに、その筋に好かれるタイプですが、銀座のママを目指している彼女は、いくら大物のやくざに口説かれても落ちませんでしたね。それだけに、彼女のファンになって店に通ってきていた暴力団関係者もいました」(クラブ関係者)

 Tさんの死に憤る暴力団関係者がいつの間にか結束。夜の銀座で”押尾包囲網”を張ったのだ。

「押尾、保釈されて1週間も経たない4日の深夜にスポンサーの山本俊英(フィールズ)会長に呼び出され、銀座7丁目の『G』というゲイバーでドンチャン騒ぎしたらしいなんて報道もあったけど、あれは間違いなくデマ。今の銀座を歩き回る勇気なんて、押尾にはないですよ」(マスコミ関係者)

 暴力団関係者まで敵に回してしまった押尾被告。裁判までおとなしくしていたほうが身のためかもしれない。

ヤクザは女をどう口説くのか

明日死ぬ気で、口説くそうです

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 保釈の押尾学に迫る闇の勢力とさらなる捜査 薬物の中国ルート全容解明か
【関連記事】 「麻布署と押尾学の責任を問う」”ヤリ部屋”で変死の女性遺族が民事提訴へ
【関連記事】 構成員も警察官も愛読!? 山口組とヤクザ社会がわかる本(前編)

最終更新:2009/09/24 12:09
こんな記事も読まれています

押尾学被告 銀座で暴力団による”押尾包囲網”が張り巡らされ大ピンチ!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

郵便局・日本郵政は信用できない

今週の注目記事・第1位「もう『郵便局』は信用し...…
写真
インタビュー

チケット転売規制法「当選権利は対象?」

 6月に施行され、東京オリンピックのチケットも関係する「チケット転売規制法」。弁護士...
写真