日刊サイゾー トップ > カルチャー >   > オタクなのにホスト? 海猫沢めろんのアニオタ自伝小説『全滅脳フューチャー!!!』

オタクなのにホスト? 海猫沢めろんのアニオタ自伝小説『全滅脳フューチャー!!!』

melon_0927.jpg『全滅脳フューチャー!!!』(太田出版)

 海猫沢めろんといえば、地方在住アニオタ→田舎のホスト→暴力団の手下→上京してデザイナー→小説家という無茶な経歴で知られる正体不明の文化人。

 03年にアダルトPCゲーム『ぷに☆ふご~』の企画・製作を手がけると、翌年には同ソフトのノベライズ『左巻キ式ラストリゾート』で”文壇”デビュー。変形文字や手書き文字を本編にふんだんに挿入し、奇抜なデザインと観念的なストーリーが融合した独自の世界観が注目を集める。06年にはオタクの右傾化を止めるためのカウンター企画『嫌オタク流』(共著/中原昌也他)を出版するもさっぱり売れず、デイトレードブームに安易に乗って株をはじめるも大失敗、全財産を失う。08年にはなぜかボクシングのプロテストを受験するも、ペーパー試験で「パンチの種類」の問に「ネコパンチ」と書いたところ試験官に「てめ、ナメてんのか!?」と怒鳴られて失格。

 一体何をしたいのか本人以外は理解ができない謎の人生。そんな男の足跡をまとめた自伝小説『全滅脳フューチャー!!!』(太田出版)がこのほど出版された。

「美少女アニメとゲーム文化で育った男のコアなオタクネタが満載です。海猫沢氏が高校卒業後の数年間に体験した密度の濃い時間を、独特の筆致で描いたほぼ実話の小説です」(太田出版)

 舞台は、とある地方都市H市(海猫沢氏の育った姫路市と思われる)。18歳の主人公「ぼく」は典型的なアニオタの工場作業員。「なんとなく」トラックで職人をひき殺そうとしたことが理由でクビになり、田舎の場末感漂うホストクラブで働くはめに。「障害者の子は障害者」と言い放つシャブ中の「シンさん」や、ヤクザとつながった町長候補など、”人間味豊か”な登場人物との出会いがゆるやかに「ぼく」を変えてゆく。

 圧巻はアニメキャラの声で作った「ぼく」のオナネタ。録画したアニメドラマの声優のセリフから〈学校へ行くよ〉〈すきやき〉〈隙あり!〉〈プリンが好き?〉〈いくわよ〉〈逝ってしまった……〉など、「すき」と「いく」だけをひたすら切り張りして作ったオリジナルテープを聴きながら射精。「これは自慰行為などではなく、究極に鈍化された性行為」と言い切る主人公の「ぼく」。

 あまりに赤裸々で恥ずかしく、そしてワイルドな異色の自伝は、読者一人ひとりの心に眠るオタク魂を、激しく突き動かすエネルギーに満ちている。気鋭のアート集団『Chim↑Pom』が手がけたアバンギャルドなカバーデザインが目印だ。
(文=浮島さとし)

全滅脳フューチャー!!!

No Future? 

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 「格闘技を通じてアニメを広めたい」長島☆自演乙☆雄一郎の再始動
【関連記事】 「全県民向けにプリキュア!?」鹿児島県税務課の美少女ポスターが話題に
【関連記事】 怪物ラジオ番組『アニスパ!』鷲崎健&浅野真澄を直撃!

最終更新:2009/09/27 15:00

オタクなのにホスト? 海猫沢めろんのアニオタ自伝小説『全滅脳フューチャー!!!』のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

眞子さま、佳子さまの「乱」の行方

今週の注目記事・第1位「新聞・TVが報じない...…
写真
インタビュー

カニエ・ウェストはなぜ人種差別的な小説に惹かれた?

 アメリカのポップ・カルチャー(音楽、ドラマ、映画等々)の情報は日本でも大量に流通し...
写真