日刊サイゾー トップ > カルチャー  > 「観る番組が何もない!」業界存亡の危機か 今期アニメが不調の深いワケ

「観る番組が何もない!」業界存亡の危機か 今期アニメが不調の深いワケ

haruhi1006.jpg良くも悪くも話題を呼んだ『涼宮
ハルヒの憂鬱』のような作品は……?

 改編期を迎え、10月(9月末)スタートのアニメ新番組の第1回が一巡した。いつもならネット上は、各々がイチオシのアニメを主張して議論になっているのだが、この秋は様子がちがう。『けいおん!』や『涼宮ハルヒの憂鬱』に湧いた春、夏から一変。「今期は観るものがない」という声が高まっているのだ。なぜそんな事態に陥っているのか。

「とにかく二期ものが被りまくっています。一期で興味を持てなかった視聴者は、はじめから排除されているようなものです」(関係者)

 TV番組は3カ月を「1クール」と勘定、かつては通年でオンエアする4クールのアニメがほとんどだったが、ここ数年は長くても2クール。1クール13話以内で完結するシリーズものが大半になっている。主にM1(20~34歳男性)、M2(35~49歳男性)層へ向けた深夜アニメにその傾向が強い。「一期」「二期」とは、『24』などの米国ドラマで言う「シーズン」にあたる表現。最初の1クール放映から半年なり1年以上のちに、同じアニメの2クール目を「二期の新番組」として電波に乗せるケースが増えてきた。しかしこの秋はそれが思い切り重なってしまったようなのだ。

「4クールを予定しながら打ち切りではリスクが大きすぎる。どうしても、もし一期で人気が出たら二期をやればよい、という発想になります。それにDVDを売るためのプロモーション枠と割り切るなら、1クールで十分」(関係者)

 短命化がひとつの不人気要因とも言えるが、それだけではない。

「萌えエロ系に偏りすぎなのも、視聴者が不満を抱く原因でしょうね。まあ、『クイーンズブレイド』は有名女性声優にきわどい演技をさせている点がウケているようですが……。一時はブームになりかけた腐女子向けのタイトルも『ミラクルトレイン』だけですし、バランスが悪い。夏アニメの『東京マグニチュード8.0』や『大正野球娘。』のように、尻上がりに評価を上げられるドラマ志向の作品が増えないと、業界存亡の危機ですよ。今冬や来春に向けてのお休みなのかもしれませんが」(アニメライター)

 素直に通年もの(『クロスゲーム』『鋼の錬金術師』)や再放送(『おおきく振りかぶって』)を観たほうがよい、という意見もちらほら。今秋は早々に寝床に入り、小遣いを貯めておいたほうがよいのかも!?

涼宮ハルヒの憂鬱 5.285714 (第3巻) 限定版

今作もレビュー欄炎上寸前?

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 人気アニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』同じ内容を6話連続で放送! ネットでは非難集中
【関連記事】 『けいおん!』”異常人気”に『紅白歌合戦』プロデューサーが出演を依頼!?
【関連記事】 いよいよ最終回!『東京マグニチュード8.0』が描いたリアル(前編)

最終更新:2009/10/07 15:00

「観る番組が何もない!」業界存亡の危機か 今期アニメが不調の深いワケのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ第2波で芸能界も大混乱

新型コロナ第2波で芸能人も続々と感染…
写真
人気連載

注目のバディムービー2本レビュー

 ひとりでは事件は何も起きないが、価値観...…
写真
インタビュー

『つけびの村』著者インタビュー

 2013年7月21日、山口県周南市の限界集落で起きた連続殺人放火事件。集落の住人だ...
写真