日刊サイゾー トップ > 社会  > とうとう早期退職者の募集開始! ”高給取り”朝日新聞が失墜してゆく

とうとう早期退職者の募集開始! ”高給取り”朝日新聞が失墜してゆく

asahishinbunhonsha1119.jpg日本のモンスター新聞社がダメなら他の新聞社は
どうなっちゃうの?

 大手新聞社の中でも、「高給取り」と羨望を集めている朝日新聞社。全国の総局・支局に配置されている記者だけで2,500人以上を抱えており、その他、営業部や広告部、事業本部など、社員ですら30歳で年収1,000万円ということを考えれば、人件費だけで莫大な支出になる。新聞の部数が減る一方で、人件費だけがかさみ、さまざまな処置を施しているというのは既報の通り。

 しかし、ここにきて、社を挙げての最終手段に出るという。

「それはズバリ、早期退職ですよ。組合が強い朝日の場合、法に触れない限りはクビにはならない。以前、女子社員にストーカー行為を働いた本社勤務の男性記者がいましたが、彼ですら地方へ異動させるという”お咎め”に留まった。ところが、いよいよ切羽詰まったのか、本社は早期退職者を募り始めたそうです。40代の中堅社員らは、『条件次第では応募しようかな~』と冗談交じりに話しているようですよ」(朝日新聞社社員)

 朝日は2008年4月、「AERA」「週刊朝日」など雑誌・出版物を刊行していた出版本部を分社し、「朝日新聞出版」を設立。こちらも軒並み部数を落としており、社自体の動向が気になるところが、さらに問題となっているのが、新聞社からの出向社員の給与体系。

「本社からの出向社員の給与の半分は、出版が払うことになっているんですよ。新会社ということもあって、出向社員の人数も半分ぐらいいますからね。それはそれで出版の負担になっているようです。その分、新たに中途で入社した社員の給与は、出向社員の半分ほど。同じ仕事なのに、給与にあまりに大きい差がついていることが、中途社員の中でも問題になっています。これでは出版が潰れかねないと、最近では出向社員の引き上げが盛んのようです」(同)

 とはいえ、朝日新聞本社も引き上げた社員を受け入れられる”体力”すらもはや持ち合わせていない。新聞自体の部数の落ち込みに加えて、莫大な人件費などが首を絞める形になった、今回の早期退職騒動。優秀な記者が流出し、”スカスカ”な紙面になることだけは避けてほしいが……。

あっぱれ! 朝日新聞(笑)

笑われちゃってるよ

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 「とんだリストラ策!?」”地方切り”を進める朝日新聞の赤字不況ぶり
【関連記事】 不祥事続きで急所を握られた!? 朝日新聞「検察ベッタリ」報道の裏
【関連記事】 広告収入減の各社にダメ押し! あらわになる”押し紙”タブー(前編)

最終更新:2009/11/19 15:00
こんな記事も読まれています

とうとう早期退職者の募集開始! ”高給取り”朝日新聞が失墜してゆくのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

錦戸亮の電撃退所でジャニタレ大量離脱危機!

かねてから退所がウワサされていた錦戸。中居、長瀬がこれに続く!?
写真
人気連載

本場フィンランドの新しいサウナ道

かつてないサウナブームの中、サウナ道こと“サ...…
写真
インタビュー

横浜銀蝿・翔が語る、バンド誕生秘話

 1980年、リーゼントにドカンという不良まんまの姿でブラウン管に登場し、世の大人たち...
写真