日刊サイゾー トップ > 社会  > アフリカ系外国人から届く動画孕む差別

アフリカ系外国人から「おめでとう」が届く…バズりまくる“サプライズ動画”が抱える差別問題

アフリカ系外国人から「おめでとう」が届く…バズりまくるサプライズ動画が抱える差別問題の画像1
YouTubeチャンネル「世界からのサプライズ動画」より

「◯◯◯、デビュー◯周年おめでとう!」

「△△△、仕事がんばれ!」

 屈強なアフリカ系の男性たちが、たどたどしい日本語でメッセージを贈る動画がSNS上で流行している。一度くらいは見たことがあるのではないだろうか?

 これは一般社団法人WORLD SMILEが提供する「世界からのサプライズ動画」というサービスだ。友人の誕生日祝いなどの身内向けのものから、アイドル、YouTuber、スポーツ選手といった「推し」へのメッセージまで、さまざま動画がツイッターやTikTokで公開されている。
http://world-smile.com/plan.asp

 WORLDSMILEの公式サイトを見ると、「黒ズボン黒人マッチョダンス(発砲三回付き):6000円」、「アフリカ原始民族ダンス:5000円」、「アフリカ子供ダンス:4500円」「ドバイ富豪ラクダ付ダンス:7000円」、「タイニューハーフセクシーダンス:5000円」「ウクライナセクシー美女ダンス:5000円」……といった“プラン”が販売されている。

アフリカ系外国人から「おめでとう」が届く…バズりまくるサプライズ動画が抱える差別問題の画像2
「世界からのサプライズ動画」HPより

 利用者が同法人のLINEアカウントから希望プランを注文し、読み上げてほしいメッセージやオプション類を指定すると、後日動画が納品される流れになっているようだ(3月31日現在/公式サイトに注文フローの詳細は明記されておらず、本稿執筆に際して試しに注文を試みたが、返信が得られなかった)。そして利用者は受け取った動画をSNSで公開したり身内に送ったりすることができる。

 ここ半年ほどの間でワイドショーやウェブメディアでも好意的に取り上げられ、2022年3月末現在、YouTubeチャンネル「世界からのサプライズ動画」登録者数は10万人、Instagram2.5万人、TikTok12万人となっている(ツイッター公式アカウントのプロフィール欄より)。

 公式サイトのトップページには、「貧困に苦しむ、現地の人々への支援に」「動画制作依頼の売上が動画に出演している人たちへの支援になる」といった文言が並ぶ。ただ動画を販売しているのではなく慈善事業としての側面を持っていることが強調されている。ツイッター上でもこの点にはたびたび言及しており、運営側にとって重要なポイントなのだろう。

 筆者はタイムライン上で初めてこの動画を見たとき、一瞬「面白いな」と感じた後、少しの違和感を覚えた。具体的にいうと「これは差別なのではないか?」と思ったのだ。

 なぜこのサービスに違和感を覚えたのか。まず、おそらく意味のわかっていないであろう言葉を金銭の授受によって発信させることは問題をはらんでいるように感じた。公式ツイッターによれば「卑猥な言葉、中傷はNG」とのことだが、過去には「○○、メンヘラなおせ」といった不適切と思えるメッセージ動画も公開されていた。

 そこで公式HPをのぞいてみると、上述の通り、「黒人マッチョ」「ウクライナ美女」「タイニューハーフ」といった“プラン名”が並んでいる。言うまでもなく、これらは他国や他人の特徴を暴力的にレッテル貼りしたものだ。

1234
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【1月期の冬ドラマ、続々スタート】視聴率・裏事情・忖度なしレビュー

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

ビートたけしと文春とのビミョーな関係

「ダウンタウン」松本人志が、飲み会で一般女性...…
写真
イチオシ記事

粗品「審査員をやってあげたい」

 霜降り明星・粗品が、また物議を醸しそうな物言いをしている。  21日にYouTubeの個人チャンネル「粗品のロケ」を更新した粗品。その動画のタイ...…
写真