日刊サイゾー トップ > 芸能  > 「押尾学の頭を殴っていた」矢田亜希子が進まぬ復帰計画にブチ切れ中!?

「押尾学の頭を殴っていた」矢田亜希子が進まぬ復帰計画にブチ切れ中!?

1230oshio_shazai_.jpgやんちゃな押尾さんも、矢田ちゃんには
頭が上がりません。

 28日に麻薬取締法違反(譲渡)の容疑で起訴され、年明けにはいよいよ”本丸”である保護責任者遺棄致死罪で再々逮捕される可能性が高くなった押尾学に対して、元妻の矢田亜希子がブチ切れているという。

「事件が発覚して早々に離婚し、イメージダウンを免れようとした矢田ですが、押尾報道が長引けば長引くほど、ワイドショーなどの芸能マスコミが自宅前に集結。一向に落ち着いた生活ができないというんですよ。しかも、このままでは芸能界復帰もままならない状況ですからね。矢田にとってはまさに死活問題です」(芸能プロ幹部)

日刊サイゾー総力特集!「押尾学事件」

 特に、CMなどの大きな仕事は、現在のイメージでは可能性ゼロという状態。あるテレビ関係者によれば「もともとあの夫婦は矢田が主導権を握っていて、知人の前でも平気でキレて押尾の頭を殴ることもありましたからね。そのとき押尾は、ごめんなさいと素直に謝るんですよ。冷静に考えると押尾が謝るほどのことではないことも多かった。本当にあの女は気が強いんです」という。そんな矢田だけに、離婚当初はすぐにでも芸能界に復帰するつもりだったというが……。

「このまま黒いイメージが定着してしまえば、本当に芸能界復帰は遠のくばかりですからね。逆に、クスリで逮捕された酒井法子には同情論も出て、復帰に近いともいわれ、妙な状況になっています」(前同)

 矢田の憂鬱はしばらく続きそうだ。
(「サイゾー裏チャンネル」より)

De Mi Corazon-矢田亜希子写真集

鬼嫁だったとは……

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 押尾学大好きレポーターあべかすみの”マナブクンを励ます会”に警察が重大関心!?
【関連記事】 「オレの名前を出すな!」と押尾学を恫喝し2億円の口止め料を払った人物がいる!?
【関連記事】 「何がなんだか分かりません」押尾学 供述を二転三転させて捜査を混乱させている!?

最終更新:2010/04/08 19:05
こんな記事も読まれています

「押尾学の頭を殴っていた」矢田亜希子が進まぬ復帰計画にブチ切れ中!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

読書✕ヤンキー『どくヤン! 』

 もしも読書好きのヤンキーがいたら……いやい...…
写真
インタビュー

アメフトを見れば国の内情が分かる!?

 今、日本で最も注目を集めている競技といえば、アメリカンフットボールで間違いないだろ...
写真