日刊サイゾー トップ > カルチャー  > “伝説のB-BOY”CRAZY Aは欽ちゃんファミリーだった!?
映画『プラネット B-BOY』公開記念イベント

“伝説のB-BOY”CRAZY Aは欽ちゃんファミリーだった!?

b-boy01.jpgトークショー&授与式に参加したのは左から宮内美妃、CRAZY A、
K DUB SHINE、ダンスバトルに参加したARA、KENTARO、にゃんた

 渋谷・シネクイントで3週間限定レイトショーとして上映されている、映画『プラネット B-BOY』。ブレイクダンスの世界三大大会の一つである「バトル・オブ・ザ・イヤー・ファイナル」に挑戦するために各国から集まった若者たちの、大会に至るまでの舞台裏を描いたドキュメンタリー作品である本作の公開を記念し、1月16日、渋谷PARCO Part1公園通り広場イベントスペースで、ソロダンスバトルが開催された。

 K DUB SHINEをMCに迎え、CRAZY A、元Folder5のAKINA、宮内美妃、河村舞子が審査員として参加。週末の渋谷ということで、偶然に通りかかった多くの人が足を止め、熱い視線が集まる中、ダンスバトルがスタート。参加者は20歳前後の11人で、内一人がなんと女の子。一人3分ほどの持ち時間の中で、ヘッドスタンドやダウンロックなどの技を盛り込みながら、それぞれが自分のダンスをアピールした。

b-boy03.jpg激しいダンスで、観客を魅了

 第一次審査で11人から4人に絞られ、第二次審査として4人が再びダンスを披露。最終的には、音楽を巧みに使ったパフォーマンスのARA(24)が1位に選ばれた。

 総評を聞かれた審査員のAKINAは「(参加者の中には)見せ方を分かってる人もいて、最高に楽しませてもらいました。本当にみんなが楽しそうに踊っていて、いろんな表現の仕方があるんだなと気付かされました」とプロ目線で感想を述べた。

b-boy02.jpg審査員もダンスに見入っていました

 ダンスバトルに引き続き、会場をシネクイントに移して行われた受賞式&トークイベントには、トークバトルの1位~4位までの入賞者と、K DUB SHINE、CRAZY A、宮内美妃が登壇。日本で初めて「B-BOY」と呼ばれた人物といわれるCRAZY Aは、「昔はヒップホップを知っている人自体が少なかった。この20年ぐらいでだいぶカルチャーとして飛躍したよね。昔、風見しんごさんがダンサーをつけてブレイクダンスを踊っていたころ、バックダンサーの一人が辞めるっていうで、助っ人で入ったのよ。風見さんの全国ツアーについていけば、全国のやつらとダンスバトルできるなって下心もあって。だから、僕は一時期”欽ちゃんファミリー”に入りましたね」と日本におけるヒップホップカルチャーの普及に感慨深げ。

 また、映画についてK DUB SHINEが「ブレイクダンスの国際的なコンペディションがあるということも知ってもらえるし、ダンスはもちろん、合間のインタビューも見所がある」と語ると、CRAZY Aも「ブレイクダンスは究極の芸術。生で見れば、一番惹きつけられるダンス」と魅力をアピールした。

 ダンスバトルで優勝したARAも、商品の「プレイステーション3」と「STUSSY」の洋服を手に、「今日、多くの観客の中で踊る機会があって、本当に興奮した。今後、日本でもこういった大会を行ってほしいし、自分たちの世代が引っ張っていきたい」と語り、CRAZY AやK DUB SHINEといったヒップホップカルチャーの先駆者と固い握手を交わした。

 映画『プラネット B-BOY』は、1月29日までシネクイントで上映中。
公式HP<http://enet-dvd.com/enet/b-boy/

自主規制

こっちゃん新譜は来週発売。

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 『SRサイタマノラッパー』スーパーアイドル・みひろが語る演技、AV、家族、処女小説
【関連記事】 ローマ法王が黒人ギャングラッパー「2パック」を愛聴していた!?
【関連記事】 音楽業界にまた激震! 詩音逮捕に見るヒップホップシーンの薬物汚染

最終更新:2010/01/18 12:00
こんな記事も読まれています

“伝説のB-BOY”CRAZY Aは欽ちゃんファミリーだった!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

郵便局・日本郵政は信用できない

今週の注目記事・第1位「もう『郵便局』は信用し...…
写真
インタビュー

舞台の創り手がみる「ガチ恋ファン」

 元・モーニング娘。の新垣里沙が“若手俳優オタク”を演じ賛否両論、大きな話題を呼んだ...
写真