日刊サイゾー トップ > 芸能  > 『とくダネ!』小倉智昭の後任も!? 在京各局『ミヤネ屋』宮根誠司争奪戦が勃発中

『とくダネ!』小倉智昭の後任も!? 在京各局『ミヤネ屋』宮根誠司争奪戦が勃発中

miyane.jpg日本テレビ系『ミヤネ屋』公式サイトより

 かねてから降板が噂されているフジテレビの朝の情報番組『とくダネ!』のキャスター小倉智昭の後任に、フリーアナウンサーの宮根誠司を迎えようとする動きがあるという。

「小倉よりもギャラが安いということもあって、フジはかねてから宮根の獲得に動いていたんですが、昨年は『SMAP×SMAP』ほか、フジの番組に複数出演して、その距離が急速に縮まったというんです」(テレビ関係者)

 朝日放送の局アナだった宮根は、6年前に独立。フリーアナウンサーとして『おはよう朝日です』(朝日放送)と『情報ライブ ミヤネ屋』(読売テレビ・日本テレビ系)のキャスターを月曜から金曜まで務めているが、『ミヤネ屋』の好調を受け、在京キー局の間でも争奪戦が始まっていた。

「宮根は、ローカルの『おはよう』を3月で降板することが決まっている。日テレとしては、これまで読売テレビで収録していた『ミヤネ屋』を、日テレのスタジオから放送するようにして、彼を本格的に東京進出させようとしている。3月で終了する予定の『エンタの神様』の後番組の司会としてもアプローチしているらしいです。そうした状況を受けて、フジも小倉の後釜にと水面下で交渉を続けています」というのは、フジに出入りしている制作プロデューサー。

「小倉は、1年前に横綱の朝青龍に『星を買えればいいのにね』と発言して、日本相撲協会を怒らせ、視聴者からもヒンシュクを買った。あんな事件を起こしておいて、クビがつながったほうが不思議ですよ。これまでも視聴率があまりよくなく、日テレに猛追されているのに、海外に取材に行ったり好き放題やって、スタッフからも不満の声が上がっていた。フジとしてはギャラも高額だし、マンネリ化もしてきたし、そろそろ降板させたいと考えていたんです。宮根が色よい返事をしてくれれば、早ければこの春からの交代もありえますよ」(同)

 宮根を知るテレビ関係者は「上昇志向が強い男ですからね。”ポスト・みのもんた”を狙っているんでしょう。日テレ系列ではすでに”昼の顔”になっている。フジで”朝の顔”を目論んでいたとしてもおかしくありませんよ」と言う。この46歳の男が、今春以降のテレビ界の台風の目となりそうだ。
(「サイゾー裏チャンネル」より)

小倉智昭セレクション 元気が出るクラシック

ただのうるさい舅。

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 みのもんた 9年連続200安打のイチローに「セコイ」発言でネット上は批判の嵐
【関連記事】 肝臓病悪化? 右翼の抗議行動? みのもんたが夜の銀座から消えた裏事情
【関連記事】 「誰がファンなの!?」いつの間にか”テレビの顔”になった中山秀征

最終更新:2010/04/08 19:18
こんな記事も読まれています

『とくダネ!』小倉智昭の後任も!? 在京各局『ミヤネ屋』宮根誠司争奪戦が勃発中のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

ジャニー喜多川氏逝去で、ジャニーズ事務所はどうなる⁉

ジャニーさん死去でジャニーズ事務所がいよいよヤバい!?
写真
人気連載

高良健吾主演のR18作

 初恋の相手にもう一度逢ってみたい、そう思う...…
写真
インタビュー

『シンゴジ』以降の主流なき邦画界

 興収83億円を記録した『シン・ゴジラ』(16)を最後に、日本の実写映画から50億円...…
写真