日刊サイゾー トップ > その他 > サイゾーpremium  > 平成の頂上作戦がついに勃発!? 警察が敷く”山口組包囲網”の闇
ヤクザへの過度の取締りは本当に必要なのか?

平成の頂上作戦がついに勃発!? 警察が敷く”山口組包囲網”の闇

──連日報道される凶悪事件だが、一部では、統計上、犯罪率は低下したものの、体感治安は悪化の一途をたどっていると指摘する声もある。こうした中、ヤクザへの締め付けが厳しくなっているというが、そこには警察が抱える利権がちらついているようだ。

1002_yakuza.jpg最多の暴力団員摘発人数を伝えるメディア。

 2009年は、ヤクザにとって厳しい年だったといっていいだろう。特に、山口組は六代目司忍組長への使用者責任による損害賠償請求訴訟(7月と12月)、淡海(おうみ)一家・高山義友希総長の全国指名手配(恐喝容疑、12月)、侠友会・寺岡修若頭補佐の逮捕(強制執行妨害容疑、11月)など、4万人もの構成員や準構成員を擁する同組織関係者に対する逮捕・起訴が多発。さらに傘下組織への家宅捜索も相次いで行われ、これらの捜索には、テレビ局のカメラクルーが同行、捜査員と組員が怒鳴り合う場面もワイドショーを中心に放映された。

 12月12日には、高山総長の容疑に関連して山口組総本部(神戸市)へ家宅捜索が行われたが、京都府警捜査員約150人が入ったにもかかわらず、捜索は30分足らずで終了、押収品は「連絡帳一点」であった。この事件については「詳しくは話せないが、完全なでっちあげ」(社会部記者)との話もあり、今後の行方が注目される。

最終更新:2010/01/31 10:00
こんな記事も読まれています

平成の頂上作戦がついに勃発!? 警察が敷く”山口組包囲網”の闇のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

城島茂と菊池梨沙…破局も近い?

今週の注目記事・第1位「巨人『鈴木尚広』と『美...…
写真
インタビュー

2019年注目すべきメジャー洋画!!

 あけましておめでとうございます。お正月休みには、たっぷり映画を楽しみたいという方が...
写真