>  > サイゾーpremium

サイゾーpremiumの記事一覧 (1044件)

サイゾーpremiumの記事一覧です

【松本妃代】七色の役に染まる演技派女優のテッパンは、まさかの“妊婦”?

【拡大画像はグラビアギャラリーでご覧いただけます。】 ――今年の話題映画にそれぞれ異なる役柄で出演した注目女優の根底にあるのは、ヒップホップとジャズダンス経験だった。 (写真...
続きを読む

日本の「やってみた」動画はゆるすぎる!――ケガをしてでも【拡散希望】!? SNSではやったチャレンジ動画

――ネットでとにかく人気を集めることがステータスとなったアメリカで流行した、危険すぎるチャレンジ動画を一挙紹介! 目隠しして運転してみた! 【1】「バード・ボックスチャレン...
続きを読む
香港カンフー映画の現在形

ジャッキー・チェンは今や傍流…ブルース・リーから『イップ・マン』へ! カンフー映画の盛衰と進化の旅

――ブルース・リーやジャッキー・チェンの主演作を中心に、日本でも一大ブームを巻き起こし、後にハリウッド映画にも大きな影響を与えたカンフー映画。一方、近年の日本で話題になったのはジ...
続きを読む

【五所純子/ドラッグ・フェミニズム】子を愛せない母・エリがアヤワスカ茶会で探した“さみしさ”

――覚醒剤、コカイン、大麻、向精神薬……クスリに溺れる女たちを嗤うのはたやすい。だが、彼女らの声に耳を澄ませば、セックスやジェンダーをめぐる社会の歪みが見えてくる。これは、文筆家...
続きを読む

もしもあなたに娘がいたら…『さよならミニスカート』と村上春樹の間で揺れる親心

――サブカルを中心に社会問題までを幅広く分析するライター・稲田豊史が、映画、小説、マンガ、アニメなどフィクションをテキストに、超絶難解な乙女心を分析。  あなたが小学6年生...
続きを読む

【中村里帆】スマホゲームのCMで話題のモデルが変顔に目覚めた健気な理由とは?

【拡大画像はグラビアギャラリーでご覧いただけます。】 ――「ヴ」の発音にこだわるお姫様役のCMで話題のファッションモデルは、憧れの女優と話題の映画でまさかの共演を果たす! (...
続きを読む

サイゾー厳選! 次代のグラビアを担う!?――現役バスト100センチ超えグラドル選

――業界に現れるのは1年でもひとりか2人かと言われるバスト100センチ超えグラドル。ここでは、現役で活躍する彼女たちの中からおすすめの子をピックアップ! ●恵体界のトップラ...
続きを読む
昔話は教育的によろしくない?

LGBTペンギンを棚から外せ! 米国で禁書扱いされる創作童話・児童文学

――前記事では海外での童話の規制事情を紹介してきたが、実は創作童話や児童文学の締め付けも厳しいみたいで……。  何百年も前の童話の中には今の価値観だと許されないような表現や...
続きを読む
ムショではブチアガる本を読みたい!

刑務所で食らった本とは? A-THUGとBESが激白するラッパーの“獄中読書”

――先ごろ、再始動した伝説的ヒップホップ・グループのSCARS。リーダーのA-THUGと重要メンバーのBESは刑務所に服役したことがあるが、収監中にどのような読書をしていたのだろ...
続きを読む

ジャニーズ大混乱!関ジャニ∞解散説&錦戸退所騒動舞台裏

突然求心力を失ったジャニーズの今後は? ――関ジャニ∞だけでなく、TOKIOや山下智久などの退所も噂されるジャニーズ事務所。さまざまな情報が錯綜する一方で、これまでは事務所側の...
続きを読む

求められるのは気遣いのできる国民性?――『奈々子』が一番大事

『藤崎奈々子』 タレント・藤崎奈々子が『今夜くらべてみました』の生放送で結婚を発表。その日はフィギュアスケート選手アリーナ・ザギトワがゲストだったものの、結婚発表に重きを置...
続きを読む

【五所純子/ドラッグ・フェミニズム】倉庫作業員・チヒロの一刻一秒の自立と麻薬

――覚醒剤、コカイン、大麻、向精神薬……クスリに溺れる女たちを嗤うのはたやすい。だが、彼女らの声に耳を澄ませば、セックスやジェンダーをめぐる社会の歪みが見えてくる。これは、文筆家...
続きを読む
NewsPicks後藤直義の「GHOST IN THE CHINA」

【京東商城】中国のイーコマース企業が作った「完全無人倉庫」の内情とは?

――あまりにも速すぎるデジタルテクノロジーの進化に、社会や法律、倫理が追いつかない現代。世界最大の人口14億人を抱える中国では、国家と個人のデータが結びつき、歴史に類を見ないデジ...
続きを読む
本で学ぶヒップホップ史

ブラックミュージックが世界を席巻する理由 差別、文化、神への信仰…識者が推す「ラップ現代史選書」

――全米の音楽チャートのトップ10すべてがラップという状況も、今やめずらしくなくなった昨今。日本でも今なおフリースタイル・バトル熱が継続する中、「なぜヒップホップがここまで巨...
続きを読む
萱野俊人と巡る超・人間学【第3回】

萱野俊人と巡る【超・人間学】「人間は“教育”によって生かされている」(前編)

――人間はどこから来たのか 人間は何者か 人間はどこに行くのか――。最先端の知見を有する学識者と“人間”について語り合う。 今月のゲスト
安藤寿康  萱野稔人の対談企画、今回...
続きを読む

【上原実矩】SHISHAMOのMVで注目の美少女は“年金”で女優業に目覚める!?

【拡大画像はグラビアギャラリーでご覧いただけます。】 ――映画や人気アーティストのMV、モード系ファッション誌のモデルまで幅広く活躍する注目の女優は、インターネット配信の作品に...
続きを読む

【想田和弘】技術革新で撮影の手法も変わる! 元ナチスの証言を盗撮しGoProで戦場を撮影

想田和弘(映画監督) 1970年、栃木県足利市生まれ。『選挙』(07)や『精神』(08)などで知られる。10年には「DMZ国際ドキュメンタリー映画祭」で妻の父母が介護サービ...
続きを読む
中国に倣え!? ヤバすぎる防犯テック【1】

警察庁も採用するアリババ級の監視技術 世界を“監視する”NECの技術!「顔認証」監視国家へ進む日本

――いつの間にか世界の最先端テクノロジー大国になっていた中国。それを認めたくない人々からの批判として、常に引き合いに出されるのが顔認証技術やAIを使った国民の監視だ。一党独裁国家...
続きを読む
揺らぐニセモノとホンモノの境界線【2】

インスタグラムのパクリ暴露アカウントの正体 実は”ブランド”をリスペクトしていた?

――ブランドのパクリをズバズバと指摘していくインスタグラムの人気アカウントが存在する。しかし、ファッション業界は恐れおののくばかりではなく、奇妙な関係も生まれていた。  前...
続きを読む

【井桁弘恵】令和初の仮面ライダーに出演する高学歴美女は意外と“ポンコツ”!?

【拡大画像はグラビアギャラリーでご覧いただけます。】 ――「ゼクシィ」の11代目CMガールを務め、映画に特撮にとあらゆる分野で注目を集める女優の素顔とは? (写真/岩澤高雄・...
続きを読む
揺らぐニセモノとホンモノの境界線【1】

GUCCIが偽ブランド品をサンプリング! “ブート・クチュール”の複雑化する最尖端

――ブランドのロゴを勝手に使い、自己流にアレンジした“ブート・クチュール”と呼ばれるアイテムが、最近ファッション界でイケてるという。しかし、“偽ブランド品”とは何が違うのか?...
続きを読む

【片山慎三】衝撃作『岬の兄妹』監督が推薦!――今の韓国映画の原型!? 60年前のサスペンス

――近年『新感染』『神と共に』など、国内でもメガヒット作を連発している韓国映画。そして、『冬のソナタ』ブームから15年近く経った現在も根強いファンをつけている韓流ドラマ。傑作揃い...
続きを読む
きらめく未来予想図に立ちはだかる壁【1】

インテルが逃げ出した次世代半導体が鍵 使用電力火力発電所数億個分! 電力格差を生むエネルギー問題

――5Gの導入でますます期待が高まるIoT社会の到来。多くの企業が日夜技術を発展させまた、それをメディアが喧伝しており、一般人でもなんとなく新しい社会の到来に期待を寄せるよう...
続きを読む
薬物でパクられたら裁判でどう戦うのか?【2】

利尿を促進するクスリをブチ込む! パクられる前に駆け込む“解毒病院”の実態

――薬物常用者たちが逮捕を避けるために訪れる“解毒病院”なる場所があるという。そこでは、どんな治療が行われているのか――。実態を見ていこう。  違法薬物の使用容疑で逮捕される...
続きを読む
薬物でパクられたら裁判でどう戦うのか?【1】

取り調べで黙秘しても保釈可能 裁判前に依存症治療施設で教育! 薬物犯罪で逮捕された後の戦術

――しばしばニュースとなる著名人の薬物事件。とかく逮捕された瞬間ばかりがクローズアップされがちだが、その後、薬物犯罪で逮捕された者が不起訴処分や執行猶予判決を得られるよう、弁...
続きを読む
有名であることで 稼げるビジネス【2】

日本のおバカYouTuberがかわいく見えちゃう? 海外のお騒がせインフルエンサー列伝

 海外では企業のデジタルマーケティングにSNSで話題のインフルエンサーを起用する「インフルエンサー・マーケティング」が巨大市場になりつつある。一方で、倫理観の欠如から、騒ぎに...
続きを読む
萱野俊人と巡る超・人間学【第2回】

萱野俊人と巡る【超・人間学】ーー「化石人類から見える人間の根源」(後編)

(前編はこちら) ――人間はどこから来たのか 人間は何者か 人間はどこに行くのか――。最先端の知見を有する学識者と“人間”について語り合う。(月刊サイゾー7月号より) 今月のゲス...
続きを読む

小室圭さんと眞子さまの結婚問題 令和に引き継がれた懸案事項「女性皇族とご結婚する」こととは?

――4月下旬から5月上旬にかけて、改元報道がメディアを彩った。無論、その多くは祝福ムードであった。新しい時代が始まった今、皇族の結婚と将来という問題にも、日本人は正面から向き...
続きを読む

芸能人の肖像権侵害に薬機法違反 マツコや欅坂46も無断で登場「あなたにおすすめ」広告の闇

 NHK『クローズアップ現代+』で放送された『追跡!“フェイク”ネット広告の闇』。芸能人の写真を無断使用した広告が新聞社のニュースサイト等に掲載されていたことが報じられ、話題...
続きを読む
有名であることで 稼げるビジネス【1】

【海外のインフルエンサー・マーケティング最前線】山火事に便乗してプロモーション? セレブたちがSNSに広告垂れ流し

――海外では企業のデジタルマーケティングにSNSで話題のインフルエンサーを起用する「インフルエンサー・マーケティング」が巨大市場になりつつある。一方で、倫理観の欠如から、騒ぎ...
続きを読む

エイズは政府が投与した……計算高き天才か、素の天然か? カニエ・ウェスト”情弱”的論考

――今やヒップホップ・シーンのみならず、セレブリティ界隈でも一挙手一投足が話題になる、ご存じカニエ・ウェスト。音楽プロデューサーからキャリアをスタートさせ、ラッパーとしてデビ...
続きを読む

【ROLAND】「俺か、俺以外か。」名言を連発する現代ホスト界の帝王、その新たな野望とは?

――「自分に嘘をついたことは一度もない」。虚構渦巻く歌舞伎町の夜をくぐり抜け、実業家に転身したROLANDの現在地。 (写真/石黒淳二)  ギリシャ神話の美少年ナルキッソスは...
続きを読む

『川栄李奈』だけじゃなく、元カノにも幸せになってほしい――川栄ベイビー

『川栄李奈』 5月17日、結婚&妊娠を発表した女優・川栄李奈と俳優・廣瀬智紀。その後、「週刊文春」5月30日号にて廣瀬の二股疑惑が報道された。ちなみに、本文中に出てくるオー...
続きを読む

【五所純子/ドラッグ・フェミニズム】薬草で開眼した大学生・カツキの「学問のすすめ」

――覚醒剤、コカイン、大麻、向精神薬……クスリに溺れる女たちを嗤うのはたやすい。だが、彼女らの声に耳を澄ませば、セックスやジェンダーをめぐる社会の歪みが見えてくる。これは、文筆家...
続きを読む

【茅島みずき】圧倒的美少女! 力強い表現力とその裏の涙を見せた話題の14歳

【拡大画像はグラビアギャラリーでご覧いただけます。】 ――ポカリスエットのCMで大注目を集める中学3年生。堂々たる演技のウラには幼少期から培ってきた“経験”が生かされていた。 ...
続きを読む

LGBTペンギンを棚から外せ! 米国で禁書扱いされる創作童話・児童文学

――前記事では海外での童話の規制事情を紹介してきたが、実は創作童話や児童文学の締め付けも厳しいみたいで……。 日本でも昨年、岩崎書店から出版された『にじいろのしあわせ』は、ペン...
続きを読む

萱野俊人と巡る【超・人間学】――「化石人類から見える人間の根源」(前編)

――人間はどこから来たのか 人間は何者か 人間はどこに行くのか――。最先端の知見を有する学識者と“人間”について語り合う。 (写真/永峰拓也) 今月のゲスト 更科 功[分子古...
続きを読む

【五所純子/ドラッグ・フェミニズム】幻覚との共存を劇薬でもちこたえるユカのハーフミラールーム

――覚醒剤、コカイン、大麻、向精神薬……クスリに溺れる女たちを嗤うのはたやすい。だが、彼女らの声に耳を澄ませば、セックスやジェンダーをめぐる社会の歪みが見えてくる。これは、文筆家...
続きを読む

お花見デートはアウト? セーフ?――『赤江珠緒』は冷たい芝生の上に

『赤江珠緒』 「FRIDAY」(講談社)5月3日号にて、フリーアナウンサー・赤江珠緒とお笑いコンビ博多華丸・大吉のツッコミ担当・博多大吉との“お花見デート”が掲載された。赤...
続きを読む

【山田佳奈実】負けず嫌いで野心を秘めた美少女は、ダンスがお得意

【拡大画像はグラビアギャラリーでご覧いただけます。】 ――今、ひそかに注目を集め始めている弱冠19歳の美しき才媛、山田佳奈実。努力を惜しまぬまっすぐな瞳に、今にも吸い込まれそう...
続きを読む

『名探偵コナンと平成』著者・さやわか氏インタビュー!“平成の写し鏡”としての『名探偵コナン』

――今年4月、「『名探偵コナン』を読み解くと、平成の日本人の姿が見いだせる」と掲げた新書『名探偵コナンと平成』が刊行された。明日公開の記事にも登場してもらう同書の著者であるさやわ...
続きを読む

【五所純子/ドラッグ・フェミニズム】ラッパー・なかむらみなみが抱く麻薬で壊れた母の肖像(後編)

――覚醒剤、コカイン、大麻、向精神薬……クスリに溺れる女たちを嗤うのはたやすい。だが、彼女らの声に耳を澄ませば、セックスやジェンダーをめぐる社会の歪みが見えてくる。これは、文筆家...
続きを読む

夢を与え続けてくれるアイドル『後藤真希』――いつかゴマキと朝帰りッ

『後藤真希』 『今の私は』(小学館) 「週刊文春」(文藝春秋)3月21日号にて、元モーニング娘。・後藤真希の夫が、後藤の不倫相手を訴えたことが報じられた。被告は後藤の元彼で「...
続きを読む

【宮本茉由】美人バー店員役で注目! 目立つのは苦手な文学少女が語る強い意志とは!?

【拡大画像はグラビアギャラリーでご覧いただけます。】 ――小日向文世からワインをかけられる秘書役や、美人なバー店員役を演じる今年、最注目の女優! でも、学生時代はダサかった? ...
続きを読む

日本のおバカYouTuberがかわいく見えちゃう?――海外のお騒がせインフルエンサー列伝

――前記事で言及したインフルエンサー以外にも、世間を騒がせているSNS世代の有名人6名を紹介! (※フォロワー数は4月8日現在) ●全米を震撼させた裏口入学 オリヴィア・ジ...
続きを読む

野際陽子に匹敵する逸材?――いつも『宇垣美里』に恋してるッ

『宇垣美里』 2月5日、TBSアナウンサー宇垣美里が、「アフター6ジャンクション」(TBSラジオ)にて、3月末での退社を発表。「怒りの退社、フルヌード」という報道にも「なる...
続きを読む

【五所純子/ドラッグ・フェミニズム】ラッパー・なかむらみなみが抱く麻薬で壊れた母の肖像(前編)

――覚醒剤、コカイン、大麻、向精神薬……クスリに溺れる女たちを嗤うのはたやすい。だが、彼女らの声に耳を澄ませば、セックスやジェンダーをめぐる社会の歪みが見えてくる。これは、文筆家...
続きを読む

アジアン旋風を巻き起こす〈88rising〉世界戦略の真実

――アメリカをはじめ世界の音楽市場で、アジアにルーツを持つラッパーやシンガーを続々とバズらせている〈88rising〉というレーベル/YouTubeチャンネル。その日本公演があっ...
続きを読む

【五所純子/ドラッグ・フェミニズム】かずきが解離症の中で得た金と薬と3人の神

――覚醒剤、コカイン、大麻、向精神薬……クスリに溺れる女たちを嗤うのはたやすい。だが、彼女らの声に耳を澄ませば、セックスやジェンダーをめぐる社会の歪みが見えてくる。これは、文筆家...
続きを読む

マリファナの“収穫量”を増やすテクと“天敵”の急襲

 カナビス(マリファナ)を自宅で栽培している人たちと会話をすると、もっともよく出てくる言葉が“yields(収穫量)”。カナビスを育てているときに水のpH(水素イオン指数。液...
続きを読む
ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

サイゾーpremium記事一覧ページ。日刊サイゾーはジャニーズやアイドルなどの芸能界のニュースを届ける、雑誌サイゾーのWEB版です。タレントや芸能界の噂や政治の裏話などをお届けします。グラビアアイドルのイベントニュースや悩殺写真も満載! アニメや映画などのサブカルチャーに関する記事やコラムも。

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

三国志武将がJKに転生!?

 近年、異世界転生マンガの台頭が目覚ましいで...…
写真
インタビュー

謎の集団「ケケノコ族」を直撃

 1980年代に原宿の歩行者天国で一世を風靡した「竹の子族」からインスパイアされ、...
写真