日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 誰もが「ポカーン」とした『S-1グランドチャンピオン2010』とは何だったのか

誰もが「ポカーン」とした『S-1グランドチャンピオン2010』とは何だったのか

s1.jpgソフトバンク「S-1バトル」公式サイトより

 「予想通りの結果」とも言えるかもしれないが、当のチャンピオンも「ポカーン」といったような、なんとも不思議な空気に包まれたまま『S-1グランドチャンピオン2010』が終了してしまった。

 人気バラエティー番組を担当する、ある作家がいう。

「喜びも悔しさもない、フワッとした空気のまま終わっていきましたよね。もともと始まる前から、『本番は盛り上がるのかな』というドキドキ感も全くなく、見終わった後の納得感もゼロ。まぁ、見事なぐらいスベっていた企画でした」

 3月18日に開催されたお笑いコンテスト『S-1グランドチャンピオン2010』。コンテスト主催のソフトバンクが、自社で運営する芸人による動画コンテスト「S-1バトル」の月間チャンピオンを集め、その年間王者を決めるというのがもともとのコンセプトだった。結果としてはNON STYLEが見事優勝したわけだが、そもそも「S-1」の存在自体、携帯サイトということも影響してか、日テレ深夜で関連番組も放送していたりもしたが、今ひとつ世間への浸透度も高くなかった。

「現場でも、『ああ、あれね、へへへ……』といった感じの、ちょっと笑いを入れてしまうような感じの扱いでした」(前出・作家)

 このコンテストに「座りの悪さ」を感じてしまう最大の理由は、そういった浸透度とまったく比例していない賞金の太っ腹ぶりである。

 毎月の優勝者に賞金1,000万円。M-1の優勝者と同額の賞金が、ソフトバンクの、しかも会員登録した人だけが見られる携帯動画で得票1位になれば与えられる。それが毎月。そして今回の年間王者に与えられる賞金額は、1億円。ちなみに1大会での優勝賞金としては、世界最高額タイだそうである。

 これまでM-1やR-1などが何年もかけて築いてきたものを鼻で笑うかのように、10倍以上の金額で差をつける。しかも、「S-1」の月間王者だけでなく、M-1(パンクブーブー)、R-1(あべこうじ)、キングオブコント(東京03)の各チャンピオン3組も招待枠で参戦させる。M-1がS-1の単なる予選であるかのような扱いだ。前出の作家は言う。

「S-1が、それだけの権威を感じられるような大会であれば問題はないと思うんです。M-1は漫才の頂点を決める大会で、R-1はピン芸人のためのもの。そしてキングオブコントはコントでのナンバーワンと、それぞれの意味合いをもったものですよね。S-1は、一応お笑いの総合格闘技的に全ての笑いを基準にしているそうなのですが、その『全て』というくくりがまたフワッとしたものになってしまう。何のための大会なのか分からないんですよね。おそらく、規模だけを大きくしたかった。これをいろいろ順に説明していくと、矛盾だらけになってしまうでしょうから、説明もちょっとあいまいになってしまい、現実離れした賞金額だけが浮いてしまう結果になってしまったのではないでしょうか」

 賞金額の設定ミスも指摘されるが、経済系の記者はこう分析する。

「これだけ厳しい不況が続く中、賞金が毎月1,000万というのは、”金をばらまいている”ととらえられても仕方ないですね。普通の感覚からすれば、1,000万というのは高額所得の基準になるような金額。これが1年に一度の大会で与えられるのであれば、リアリティを感じる金額だと思うんです。スポーツ選手の年俸とは違い、賞金で1億という額は、『いいなあ』とか『すごいなあ』というリアリティを感じない額ですね。ソフトバンクの広告費として考えれば、決して多くはない金額なのでしょうが、ユーザー側からすると、決して安くない自分たちの通話料が、こんなところに、と思ってしまう。打ち出し方を完全に間違えた感じですね」

 実際、1億円という未曾有の額がかかっているのに、決勝3組に選ばれなかった芸人の中には、少しホッとした表情をしたように見えた人もいた。あるテレビ関係者は言う。

「確かにそうです。恥をかかずにすんだ、というような空気はありましたね。出来れば押しつけ合いたいというか。明らかに負ける気だろ、という作品もありましたしね。そんな、負けてホッとするようなコンテスト、ありますか?」

 決勝に残った陣内智則、浅越ゴエを押さえてNON STYLEが優勝という結果に対し、前出の作家は言う。

「ここで陣内さんが1億とっちゃうと、ますます嫌われていたでしょうし、結局NON STYLEさんが全部背負ってくれたぐらいの感じですよね」

 しばらくは1億円の使い道は? といった質問が多そうではあるが、

「実際には映像を作ってくれたスタッフなど、全部が芸人さんに入るわけではないんです。これをネタにすると、結果的にソフトバンクの悪口になりそうですし。難しいところですね」(同・作家)

 この未曾有の規模のコンテスト、どうやら来年も開催されそうなのだが。

「そこが一番ビックリですよ。ソフトバンクを普及させる目的が、マイナスに働いちゃって、『金にモノをいわせる会社』だというイメージが生まれてしまいましたし。完全な失敗で1回でやめるのかと思ってたんですが……」

 罰ゲーム化しそうな空気である。
(文=太田サトル/「サイゾー裏チャネル」より)

志高く 孫正義正伝

高すぎちゃったみたい。

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 『R-1ぐらんぷり2010』新王者あべこうじの「ちょいウザ漫談」の魅力とは?
【関連記事】 「M-1グランプリ2009」決勝メンバーに見るお笑い界の現在と”2つの傾向”
【関連記事】 人気芸人・なだぎ武が”R-1ぐらんぷり”決勝戦での苦悩を語る

最終更新:2018/12/10 19:17

誰もが「ポカーン」とした『S-1グランドチャンピオン2010』とは何だったのかのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ拡大!芸能界も大騒ぎ!?

芸能界もさまざまな主張・行動で大騒ぎ!
写真
人気連載

豊洲、災害リスクは?

東京都江東区に位置する豊洲は、2020年10月に...…
写真
インタビュー

『鬼滅の刃』のプロデュースワークの巧みさ

『劇場版ソードアート・オンライン~オーディナル・スケール~』『富豪刑事 Balanc...
写真