日刊サイゾー トップ > カルチャー >   > 海外で明るい逃避生活を始めよう! 誰でも出来る『バンコクで外こもり!』

海外で明るい逃避生活を始めよう! 誰でも出来る『バンコクで外こもり!』

30927168.jpg『バンコクで外こもり!』河出書房新社

 タイの首都バンコク。

 この街は旅の出発地点・中継地点として、常に世界中のバックパッカーであふれている。その理由は、世界中へのアクセスの良さ、そして”カオサンロード”と呼ばれる、アジア一の安宿街があることが大きく影響している。全長200mほどのこの通りには、1泊たった数百円で泊まれる宿、1食100円でおつりが戻る屋台、旅行代理店、両替屋、インターネットカフェ、マッサージ店、さらには、セブンイレブンなどのコンビニまでが存在し、その便利さ、居心地の良さはピカイチ。
 
 そして極めつけは、タイ人の笑顔。精神的に疲れ、何もせず長期間滞在していようが、無職でふらついていようが、「何してるの?」なんて疑問は一切投げかけず、ただひたすら温かく迎え入れてくれる。こんな国民性が、心を病んだ多くの日本人をタイへと向かわせる、ひとつの大きな理由であろう。しかし、それが昨今、社会問題として取り上げられるようになっている。

 「外こもり」という言葉を知っているだろうか。

 ざっくりと説明すると、日本国内ではなく、タイやカンボジアなど物価の安い国で、安宿やアパートに長期滞在し、観光や勉強をする訳でもなく、引きこもり的な生活をして過ごすこと。おもな収入源は日本でのアルバイトで、数カ月間だけ集中的に働き、残りの期間は海外での生活となる。

 海外に興味がない人には、本当にそんな日本人がいるのかと驚かれそうだが、現実問題、日本を脱出し、飛び立って行く人が後を絶たない。バックパッカー界の重鎮、作家の下川裕治氏も、『日本を降りる若者』(講談社現代新書)で、その現状を記している。

 日本の社会でまじめに働く会社員ならば、「贅沢なご身分で」と、嫌味のひとつも言いたくなるのかもしれない。けれど、一度でもバックパックをかつぎ、タイを訪れたことがある人には、「居心地が良すぎて抜け出せない」という状況は、どこかで理解してしまうのではないだろうか。

 『バンコクで外こもり!』の著者・皿井タレー氏は、5年間の会社勤めの後に、日本社会と別れを告げ、バンコクに住み続けて数十年になる。本人曰く、”早すぎた外こもり”の端くれとして、「外こもりはネガティブなことばかりではない」という気持ちを込め、今回、外こもりに興味がある人への案内本を書くことを決断する。

 日本社会で外こもりの存在は、冷ややかな視線で見られがちだが、バンコク在住者として、別の視点で考える。

 失業、離婚、いじめなど、日本社会に居づらくなった人が、逃避先、一時避難所として外こもりを選ぶのは有効ではないだろうか、と。

「いずれは、終身雇用なんのその、日本にずうっといることや日本国内で頑張り続けることがほとんど意味を持たなくなり、誰もが手軽な気分転換として、中・長期の海外逃避滞在を楽しむ時代が来るんじゃないか?」(本文より) 

 過去最高の失業率を記録し続ける日本。いつ何時、自分が「外こもり」に参加することになるかは、分からない。本書には、いくらあれば外こもれるのか、語学やビザの問題、世にもくだらない娯楽情報、近郊のレジャースポットなど、実際に現地で暮らす住民ならではの具体的な情報がびっしりと詰まっている。これを読めば、ひとりで海外で暮らすなんて、簡単なことに思えてくる。

 日本の社会に息が詰まる。もう、耐えられないかもしれない。そんな人がいたら、逃げ道を作っておくのもひとつの手ではないだろうか。それを実際に実行するのか、どれぐらいの期間にするかは、あなた次第。
(文=上浦未来)

皿井タレー(さらい・たれー)
1996年末に渡タイし、5年間の会社勤めの後、フリーに。フリーすぎるバンコクでの日々は『バンコクジャパニーズ列伝』(双葉社)、『まろやかタイ読本』(太田出版)などの著書に綴られている。近況や連絡先はブログ「メイドインタイランド」(http://www.geocities.jp/saraibkk/)でチェック。

バンコクで外こもり!

日本より楽しそう。

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】
 嫌われ者の踏切の裏に鉄道の歴史あり 鉄道ファンの一歩奥行く『踏切天国』
 有名イラストレーターが伝授する”落書きの教科書”『ラクガキ・マスター』
 風・雲・雨・空・雪にまつわる言葉1500語を収録した『てんきごじてん』

最終更新:2010/04/04 18:00

海外で明るい逃避生活を始めよう! 誰でも出来る『バンコクで外こもり!』のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

新しい地図、地上波復帰ラッシュなるか!?

年末年始特番で話題をかっさらった3人、地上波復帰ラッシュは近い?
写真
人気連載

安倍首相、買収マネーで孤立無援

今週の注目記事・第1位「河井夫妻『買収』原資...…
写真
インタビュー

「パパ活」アプリ利用者の実態

 渡部篤郎主演、野島伸司脚本でドラマ化された『パパ活』(2017年)のヒット以後、「パ...
写真