日刊サイゾー トップ > その他 > サイゾーpremium  > 三井・三菱からライオンまで”エコ”の実態はゴマカシだらけ!?
有名企業が謳う"エコ"に異議アリ!【1】

三井・三菱からライオンまで”エコ”の実態はゴマカシだらけ!?

“温室効果ガス削減””持続可能な資源開発”──エコが叫ばれる昨今、巷には「地球に優しい」「環境に優しい」を標榜する”エコ商品”があふれている。しかし、企業が声高に叫ぶその言葉の裏に、欺瞞・偽善はないだろうか? 財閥系の商社から人気のアウトドアブランドまで、有名企業の「エコ活動」に対する信頼度を徹底検証!!

1005_eco_tobira.jpg

 鳩山由紀夫首相が、国連本部で開かれた気候変動首脳会合において、「2020年までに温室効果ガスを90年比で25%削減する」とブチ上げたのは、昨年9月のこと。以降も、エコポイント対象家電の購入期限延長など、エコ関連のニュースが続き、環境とのコラボを掲げた音楽・スポーツイベントなど、巷もエコの話題であふれている。

 もちろん企業も、空前のエコブームに乗り遅れまいと躍起だ。あらゆる企業が、とにかく「エコ」の名さえ冠しておけば損はないとばかりに、「地球に優しい」を前面に打ち出した商品やサービスを続々とリリースし、さらには本業分野以外でも、さまざまなエコ活動に取り組んでいる。官も民も、まさにエコ一色といった状況だ。

 大手企業の多くは、そうした自社のエコ活動を、企業統治や法令遵守などの項目と併せ、「CSR(Corporate Social Responsibility)報告書」という独自の資料にまとめ、発行している。その内容はといえば、おおむねどの企業のものも、環境にとっていいことずくめ。日本の名だたる企業がこれほど真剣にエコ活動に取り組んでいるのなら、地球環境の未来も、それほど暗くないに違いない──。CSR報告書だけを読めば、多くの人がそう感じることだろう。

 しかし、実際のところはどうなのだろうか? ある環境団体の関係者は言う。

「確かに、CSR報告書の通り、頑張ってエコに取り組んでいる企業もあります。しかしその一方で、いわゆる”グリーンウォッシュ”もたくさんあるんです」

最終更新:2010/05/09 10:00

三井・三菱からライオンまで”エコ”の実態はゴマカシだらけ!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

キンプリ突然の崩壊!

ジャニーズのトップアイドル・King&Princeから突然、脱退を表明した平野・岸・神宮寺…今後どうなるかレポート!
写真
特集

今期は充実! 秋ドラマをチェック

『silent』『クロサギ』『エルピス』などなど…今期充実の秋ドラマをチェック
写真
人気連載

フライデー&文春で硬派スクープ続く

今週の注目記事・第1位「当選無効の恐れも…...…
写真
インタビュー

サウナ施設だけがサウナじゃない!

 エンターテインメント性の高さと選手たちのキ...…
写真