日刊サイゾー トップ > 芸能  > 「視聴率のためなら倫理も価値観もない」TBS『サンモニ』江川紹子氏騒動の裏側

「視聴率のためなら倫理も価値観もない」TBS『サンモニ』江川紹子氏騒動の裏側

sanmoni2222.jpgTBS『サンデーモーニング』HP

 オウム真理教事件の取材などで名を馳せたジャーナリストの江川紹子氏が、コメンテーターを務める情報番組『サンデーモーニング』(TBS)に「次回20日放送から出演できなくなった」とツイッターで暴露し、大騒動となった。

 発端は先月23日の同番組でのやりとり。「喝!」でおなじみの「週刊御意見番」のコーナーで大物野球評論家の張本勲氏が、試合を途中降板した楽天の岩隈久志投手に「喝! 無責任だ!」とダメ出ししたことに、江川氏が「エーッ!」と難色を示す声を上げた。

 これに張本氏が「素人が口出すんじゃない!」と激高。その1週間後、江川氏はTBSから張本氏の怒りが収まるまで休養を勧められたというのだ。

 同氏は自身のツイッターで「張本氏の要求は『江川と同席したくない』ではなく、『江川を出すな』というもの。20日に私を出演させれば、それ以外の日も張本氏は出ないと主張されたそうです」とことの経緯を暴露。TBSに対しても「サンデーモーニングはTBS報道局の番組です。話し合いの中で、私は『TBS報道局にとって、何が大切な価値観か、よく考えて欲しい』と述べてきました。その結果が、これです。非常に落胆しています」と投げ掛けた。

 テレビ関係者は「江川さんがひと月に1度のペースで出演するサブレギュラーなのに対し、張本氏は毎週出演するレギュラー。しかも張本氏の担当する『週刊御意見番』のコーナーは人気があり、番組の瞬間最高視聴率を取ることが多い。視聴率低迷にあえぐTBSだけに、張本氏に降りられては番組が成立せず、打ち切りということにもなりかねない。もっと言えば同番組の司会者でTBSの”功労者”である関口宏さんの顔を潰すことになる。それだけに張本氏の要求を飲むしかなかった」と解説する。

 同局の情報局長は元『サンデーモーニング』のプロデューサーであるX氏で、関口とは昵懇の仲で知られる。スポーツ紙のテレビ担当記者は「江川さんに休養を持ち掛けたのは、関口さんを守るための処置でしょう。かつては”報道のTBS”と言われた時代もありましたが、もはや目先の視聴率のことしか考えていませんよ」と吐き捨てる。

 本当に”喝”を入れなければいけないのは、TBSの上層部のようだ。

TBS「報道テロ」全記録―反日放送局の事業免許取り消しを!

復活の日は来ないのか。

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】
TBSまた捏造か!? 朝鮮学校無償化問題報道のテロップミスでネット紛糾中
「終わったな……」ビートたけしも呆れる”不動産屋”TBSの瀕死ぶり
「酔ったらまるで情婦!?」局内人気が沸騰中・ TBS竹内香苗アナのエロ素顔

最終更新:2010/06/20 08:00

「視聴率のためなら倫理も価値観もない」TBS『サンモニ』江川紹子氏騒動の裏側のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

ビル・バーが訴える “ウォークカルチャー”の危うさ

 今回も10月10日放送された人気番組『サタ...…
写真
インタビュー

片山監督推薦の“韓国サスペンス作品”

――近年『新感染』『神と共に』など、国内でもメガヒット作を連発している韓国映画。そし...
写真