日刊サイゾー トップ > 芸能  > 「死に物狂いで無罪を取る」押尾学被告の”獄中ノート”に遺族は怒りのマスコミ取材拒否へ

「死に物狂いで無罪を取る」押尾学被告の”獄中ノート”に遺族は怒りのマスコミ取材拒否へ

oshiomanabu1230.jpg裁判員裁判デビューを飾る押尾選手。

 押尾学事件で被害者となった銀座のホステス・田中香織さんの一周忌法要が、8月3日に郷里の飛騨高山で営まれていたことが関係者への取材で明らかになった。

「香織さんの納骨は、押尾の公判の判決後の予定でしたが、それではあまりに浮かばれないということで、7月30日に納骨して、8月3日に一周忌を済ませたんです」と明かすのは、田中さんが生前、勤めていた銀座のクラブ関係者だ。

「私は、一周忌には仕事の都合で行けなかったんですが、8日にお線香を上げに行ったんです。その直前に押尾の”獄中ノート”が雑誌に掲載されたでしょ。押尾が『死に物狂いで無罪を取る』なんて言っているのを知って、遺族は激怒していました。押尾を擁護するようなマスコミにも不信感を募らせており、初公判まで一切の取材を拒否するそうですよ」


 押尾被告は田中さんへの合成麻薬MDMAの譲渡と、保護責任者遺棄致死の疑いで裁判員裁判で裁かれるが、田中さんへの譲渡も、遺棄致死についても、否認を貫いている。しかし、押尾とともに逮捕され、3月に懲役1年の実刑判決を受けたネット販売業の泉田勇介受刑者の裁判で、裁判所は「押尾被告が渡したMDMAを使用し、田中さんが死亡した」と、すでに田中さんへの譲渡を認めている。

「事件後に明らかになった、『来たらすぐいる』という文面の押尾のメールについても、薬物のことではなく、肉体関係だと泉田と口裏合わせした事実も裁判で明らかになってます。遺族は警察からも検察からも同じ話を聞かされて、有罪を期待している。そんな遺族の気持ちを逆なでするかのように、押尾の獄中ノートが場違いなファッション雑誌『エッジ・スタイル』に掲載された。遺族はマスコミに不信感を持ってしまいましたよ」(夕刊紙記者)

 押尾被告の初公判は9月3日から開始されることになっているが、果たしてどんな判決が下されるのだろうか。

EDGE STYLE

ギャルはそんなに押尾に興味ないと思うよ。

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】
押尾学事件 被害者・田中香織さんの勤めていた銀座の高級クラブが閉店へ
「結局、真相は闇の中」矢田亜希子復帰会見に見る芸能界のパワーゲーム
完全否認の押尾学被告 事件発生直後に小沢一郎の”元側近”に電話していた

最終更新:2010/08/12 11:30
こんな記事も読まれています

「死に物狂いで無罪を取る」押尾学被告の”獄中ノート”に遺族は怒りのマスコミ取材拒否へのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

キンプリ平野の「今後の不安」

 今回取り上げるのは、King & ...…
写真
インタビュー

誤報と偽ニュースの狭間に【前編】

 作家・塩田武士が元気だ。グリコ・森永事件をモチーフに大胆な作劇で話題をさらった『罪...
写真