日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 「破局説を流したり……!?」退社の高島彩を苦しめたフジテレビとの深すぎる溝

「破局説を流したり……!?」退社の高島彩を苦しめたフジテレビとの深すぎる溝

ayapan.jpg『着信のドレイ』(ポニーキャニオン)

 アヤパンこと高島彩アナウンサーのフジテレビ年内退社発表は各方面に波紋を広げている。今後、芸能事務所はフリー契約を巡ってアヤパン争奪戦を繰り広げようとし、また、CM出演をめぐって広告代理店も血眼になってアヤパン獲りに精を出すはずだ。そうしたなか、退社の真相に関しては「ゆず」北川悠仁との寿退社説から局内イジメ説、はたまたメンタル的な「うつ病説」など諸説入り乱れていたが、ここにきて「フジに対する絶対的な不信感が背景にある」(テレビ関係者)ことが判明してきている。

 事情通がこう語る。

「実は3~4年前からフジ上層部に退社を申し入れていたんですよ。ただ、フジにとってもエース的存在の高島に辞められてはたまったものではないと、懸命の慰留工作をしてきたんです。それも1度や2度ではないですからね。私が耳にした限りでも3~4回はありますよ。特に今年の春、スポーツ紙が何紙か取り上げたように、本当は3月に退社する予定だったそうなんです。で、今回の発表は我慢の限界だったということでしょう」

 さすがにもうフジの慰留工作は通用しなかったようだ。それも当然だろう。学生時代から夜遊び大好きの高島は、フジのためにこの7年間、深夜2時過ぎには車に乗って出社。遅くても夜7時には寝ないと睡眠不足にさいなまれるという状況だった。フジのために滅私奉公してきたのに「何年か前に、視聴率のために交際中の北川と無理やり番組で共演させたりしてきた。高島自身もPRのためと割り切っていましたが、その裏ではフジ上層部が、一部マスコミに『もう2人は別れた』と破局説を流していたこともありましたからね」(フジスタッフ)

 「別れさせることに成功すれば、高島の寿退社はない」とフジが考えるのも分からないではないが、これが高島の耳に入ってから「彼女はいつも退社のタイミングをうかがっていた」(前出スタッフ)という。

 いずれにしろ、人気と実力を兼ね備えた大エースを失うフジの痛手は限りなく大きそうだ。

着信のドレイ

フジのドレイだったんだね……。

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】
「勤続疲労が限界に……」フジ高島彩アナが年内退社を決めた本当の理由とは
フジテレビ高島彩アナ ゆず北川の実家宗教に入信か
フジテレビ長野翼アナの婚約者 ベイ内川の女グセ

最終更新:2010/08/27 15:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【1月期の冬ドラマ、続々スタート】視聴率・裏事情・忖度なしレビュー

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

松本人志訴状のツッコミどころ

今週の注目記事・第1位「『岸田の金庫番』総理...…
写真
イチオシ記事

粗品「審査員をやってあげたい」

 霜降り明星・粗品が、また物議を醸しそうな物言いをしている。  21日にYouTubeの個人チャンネル「粗品のロケ」を更新した粗品。その動画のタイ...…
写真