日刊サイゾー トップ > 芸能  > 「大塚範一切りの布石?」”アヤパンの後継者”に生野陽子起用の裏事情

「大塚範一切りの布石?」”アヤパンの後継者”に生野陽子起用の裏事情

mezamashi.jpgフジテレビ『めざましテレビ』公式サイトより

 退社の意思を表明した高島彩アナウンサーがメインキャスターを務める、人気のフジテレビ朝の情報番組『めざましテレビ』。その高島の席にショーパンこと生野陽子アナが座ることになった。だが、この決定にはフジの思惑とある計算があるという。

「生野を起用したのは大塚メインキャスターを切るためですよ」と証言するのはフジの関係スタッフだ。

 熟練のアナウンス技術と経験、安定感から地味ながら支持を得ていた大塚キャスターだが、最近、年齢のせいか、スタジオでの出演者らとのやりとりに切れがなくなってきた。

「単純に衰えですよ。そろそろ限界かなってみんな言っていますけど、あれだけの実績がある方ですから、なかなか切れないんですよ」(前出スタッフ)

 局内では「生野アナでは大塚アナをフォローしきれない。機転の利くカトパンこと加藤綾子ならば大塚アナの衰えを”隠す”ことができる」(前出スタッフ)と言われていた。にもかかわらず生野アナを起用したのは「大塚アナの衰えぶりをはっきりさせるため。一時的に視聴率が下がっても構わない」(制作スタッフ)とフジ上層部も覚悟を決めているというのだ。

 表向きは、経験を買って3年目の加藤アナよりも5年目の生野アナを起用したとなっているが、実力社会のアナウンス界にあってこんな年功序列の考え方がまかり通るはずがない。現にフジは入社1年目の加藤アナを主要番組に続々と出演させるなど、大抜擢した実績がある。

「もちろんフジ一流のエクスキューズですよ。生野アナより加藤アナの方が実力的に上というのは、局内では一致した見方ですからね。あれは大塚アナをフォローしきれない生野アナをわざと起用して、大塚アナを次の番組改変で外す計画に違いありません」(フジに出入りする業者)。

 にわかに信じられない計画だが、こんな話が出てきてしまうほど、フジにとって大塚アナは”鬼っ子”になっているようだ。
(「サイゾー裏チャンネル」より)

めざましテレビプチケーキ

まぁまぁ、これでも食べて。

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】
「破局説を流したり……!?」退社の高島彩を苦しめたフジテレビとの深すぎる溝
「勤続疲労が限界に……」フジ高島彩アナが年内退社を決めた本当の理由とは
フジテレビ高島彩アナ ゆず北川の実家宗教に入信か

最終更新:2010/08/28 14:32
こんな記事も読まれています

「大塚範一切りの布石?」”アヤパンの後継者”に生野陽子起用の裏事情のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

郵便局・日本郵政は信用できない

今週の注目記事・第1位「もう『郵便局』は信用し...…
写真
インタビュー

岡野陽一『R-1』で刻んだ爪跡

 3月に行われた『R-1グランプリ』(関西テレビ系)決勝で、観覧客からひときわ大きな...
写真