日刊サイゾー トップ > 芸能  > 「目指すは教祖!?」フジ退社の高島彩 「かむながらのみち」にまつわる仰天証言

「目指すは教祖!?」フジ退社の高島彩 「かむながらのみち」にまつわる仰天証言

ayapan.jpg「着信のドレイ 」(ポニーキャニオン)

 フジテレビ『めざましテレビ』で人気の女子アナ、高島彩が年内で退社することを公表した。

 表向き退社の理由は「朝日を浴びて目を覚ます生活を送りながら、自分自身を見つめ直したい」と休養するためとしているが、フジ関係者によると「退社の申し出があったのは昨年のことで、慌てた上層部が”疲れているなら長期休養ではどうか”と譲ってもダメだった」という。

 もっとも世間では、交際中の「ゆず」北川悠仁と結婚するための寿退社だと噂されているが、ここにきて仰天情報が飛び出した。

「北川の実家が運営する新興宗教の教祖を目指して修行をする」

 こんな話が漏れてきたのは、その教団の総本山がある山梨県の神社関係者からだ。

 北川の母親が運営する宗教法人「かむながらのみち」は1999年から自己啓発セミナーなども並行して活動しているが、北川が歌手として大成功してからは、神社の所有権を買い取るなど規模を拡大。ゆずのコンサートをこの神社の能楽殿で開催したり、歌詞にもセミナーでの精神性と共通する部分が露見されてきた。

 高島が北川と結婚するということは、当然こうした宗教観にも同調していると見られるが、広告塔ならまだしも、まさか教祖を目指すとはあまりに信じがたい話だ。ただ、山梨の地元住民はこんな話をしている。

「教団では信者の大半がセミナーを受講しているんですが、昨年あたりから、修行を行っている関連施設で高島さんの姿が目撃されています。今は北川さんのお母さんが教祖ですが、その伝道に貢献している北川さんが結婚するとなれば、奥さんは当然、それを継ぐものだと話す信者の方も多いんですよ」

 高島が同神社を参拝したという話は他でもすでに報じられている話ではあるが、これにはある芸能記者も「これから宗教に深く入り込むからこそ、情報番組でのアナウンサーは兼業できないという判断で退社を決めたのでは」と勘繰る。

 てっきりフリーになって内田恭子や滝川クリステルのようになるのかと思っている人は多いだろうが、今度は自己啓発的に人々を”めざまし”するというのか。

 現時点では退社後の進路は明言されていないため何とも言えないが、来年以降の高島には別の意味で注目が集まりそうだ。
(「サイゾー裏チャンネル」より)

着信のドレイ

けっこう儲かるかも?

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】
高島彩アナのフジ退社で再び注目集める「ゆず」北川母が教祖の新興宗教
「破局説を流したり……!?」退社の高島彩を苦しめたフジテレビとの深すぎる溝
「勤続疲労が限界に……」フジ高島彩アナが年内退社を決めた本当の理由とは

最終更新:2010/09/02 08:00

「目指すは教祖!?」フジ退社の高島彩 「かむながらのみち」にまつわる仰天証言のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

ビル・バーが訴える “ウォークカルチャー”の危うさ

 今回も10月10日放送された人気番組『サタ...…
写真
インタビュー

片山監督推薦の“韓国サスペンス作品”

――近年『新感染』『神と共に』など、国内でもメガヒット作を連発している韓国映画。そし...
写真