日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル  > アイドルグループ「ぱすぽ☆」の振付担当・竹中夏海が語るアイドルダンスの魅力とは?
アイドルオタクをリスペクトする、アイドルオタク振付師!?

アイドルグループ「ぱすぽ☆」の振付担当・竹中夏海が語るアイドルダンスの魅力とは?

takenaka.jpg

「スキちゃんのかにょん(スマイレージの福田花音)が可愛くてむせる」

「あーりん(ももいろクローバーの佐々木彩夏)て天使、って気付きました(・∀・)」

 ……などなどと、アイドルへの惜しみない愛をネット上に綴る、とある”美人振付師”が、一部のアイドルファンの間で話題になっている。

 彼女の名は、竹中夏海。単にアイドルオタクの振付師というだけでない。彼女が振付を担当しているのは、現役アイドルたち。つまり、”アイドルオタク兼アイドル振付師”という、実益をかねた(?)肩書きの持ち主なのだ。

 彼女が主に担当しているアイドルは、アイドルグループ「ぱすぽ☆」。若槻千夏、岩佐真悠子、木下優樹菜などを擁する芸能プロ・プラチナムの子会社であるプラチナム・パスポート所属の10人組で、アメリカン・ロックテイストな曲調が特徴的なライブ系アイドルグループとして、現在人気急上昇中である。

 ”竹中先生”は、ぱすぽ☆のライブ現場には常に顔を出しており、ファンからは顔も名前も認知されている人気者である。そんな竹中先生に直撃取材を敢行。アイドルオタクとなった経緯、そして振付師から見たアイドルダンスの魅力について話を聞いた。

──アイドルはいつくらいから好きだったんですか?

竹中夏海(以下、竹中) 私が中高生の頃にモーニング娘。が全盛期で、カラオケで歌ったりはしてたんですけど、まだオタクと呼べるほどではなかったんです。覚醒したのは大学を卒業してから。07年末の『紅白歌合戦』(NHK)でBerryz工房が「付き合ってるのに片思い」を歌っているのを見て、ですね。メンバーのりさこ(菅谷梨沙子)のあまりのかわいさにどっぷりハマっちゃっいました。全人類の中でりさこが一番好きです。親兄弟を超えて、一番好きです!(笑)

──今はどんなアイドルが好きですか?

takenaka01.jpg

竹中 AKB48派かハロプロ(ハロー!プロジェクト)派かでいえば、ハロプロ派。どちらも魅力的なんですけど、AKB48が「普通っぽい子があか抜けていく過程を見せていくもの」だとすれば、ハロは「生まれながらの美少女」というイメージ。私は後者のほうがタイプなんです。女優でもグラドルでもなく、歌って踊るアイドルに最も惹かれますね。特に最近だと、スマイレージが大好き。ほかには、ももいろクローバーや東京女子流、バニラビーンズやTomato n’ Pineも。基本、DD(誰でも大好き)なんです。

──ダンスはいつから?

竹中 5歳から習いごとでモダンバレエを始めました。さらに中学時代には習いごとでバレエを、高校時代は部活で新体操部とバトン部を掛け持ち。大学は体育大のダンス科で、モダンダンス、ジャズダンス、コンテンポラリーダンス……などなど、いろんなダンスを勉強しました。

──ダンス漬けの人生なんですね。なぜそこで、アイドルダンスの振付をお仕事にしようと思ったんですか?

竹中 なんらかの振り付けを仕事にしていきたいけど、でもなんのジャンルでやっていけばいいか分からない……。悩んだ挙げ句に、エンタテインメント性を突き詰めたダンスは「アイドルの振りコピだ!」って気付いたんです。

──「アイドルの振りコピが、最もエンタテインメント」?

竹中 ダンスのショーって、映画やライブみたいに、デートで行くって感じではないですよね。でも、私はもっと気軽に、お客さんとの距離が近いものをやりたい。それはなんだろうって考えているうちに、大学時代にチアダンスをやっていたことを思い出したんです。チアって、ラインダンスの時にお客さんから「ハイ! ハイ!」って掛け声が入るんですよ。

 でも、「チアよりももっとお客さん参加型のダンスがあった気がする……」って記憶を辿っていって、「そうだ! アイドルの振りコピだ!」って気付いて。私、アイドルオタクの方たちが、ステージ上のアイドルの振付を完コピする”振りコピ文化”がものすごく好きなんですね。振付師がアイドルの数人に振付を教えるだけで、その何十倍何百倍もの数のお客さんが勝手に覚えて踊ってくれる。なんて効率がいいんだ! と(笑)。

──では、ぱすぽ☆の振付を担当することになったきっかけは?

takenaka02.jpg女性10名からなるアイドルグループ。

竹中 去年の4月に「振り付け 募集 アイドル」でネットで検索したら、ぱすぽのブログに行き着いて。そこで実際に振付師を募集してたわけではないんですが、ダメ元で問い合わせてみたところ、すぐに返事が来て面接。私のほかにも応募者がいたらしんですが、私が一番アイドルに詳しかったから採用してくれたらしいです(笑)。

──アイドルオタクだったことが功を奏したんですね。最初にやった振り付けは?

竹中 ぱすぽ☆が本格始動する前に、同じプラチナム所属の「セクシーオールシスターズ」内の2人組ユニット「D-Rive」を担当しました。いかにダンスを歌詞に連動させるか、意識して作りました。今よりも、かなり時間がかかってましたが。ぱすぽ☆で最初に振付をした曲は、デビューシングルの「Let It Go!!」と、それと一緒にお披露目された「無敵Girl!!」。D-Riveの2人からぱすぽ☆の10人に数は増えたけど、私はダンスをフォーメーションから先に作るタイプなので、10人のほうが逆にやりやすかったですね。

──現在のアイドルシーンにおける「アイドルダンス」というものをどう捉えていますか?

竹中 ダンスそのものの実力に関しては、ハロプロのクオリティの高さがブッチ切っていると思っています。例えば今、K-POPアイドルが本格派ダンスグループとして評価されてますが、実はハロプロのアイドルも同じくらいのスキルがあります。もちろん、K-POPアイドルも実力はありますよ。ただ、やっている振付自体は、結構ベーシックなものなんです。見せ方が上手いので、より本格派に見えるんですね。

 ところがハロプロは、K-POPのように大衆向けに作っていない。かわいい動きやコミカルな動きをやっていても、実はスゴく難しいことをやっていたりします。その、「本格的にできるのに、あえてやらない贅沢さ」が素晴らしいんですよね。つまり、K-POP的なベーシックなダンスがまずあって、その発展系として、ハロプロやPerfumeがあるんじゃないかと。

──では、先生にとって最強のアイドルダンサーは誰ですか?

takenaka03.jpgファーストアルバム『TAKE☆OFF』
(ジョリー・ロジャー)

竹中 Perfumeののっち(大本彩乃)です。彼女はもう別格! Perfumeの振付師であるMIKIKOさんが伝えたいことを、メンバーの中で最も体現できているように思えます。ひとつひとつの動きが丁寧で、肩が入るべきところではちゃんと肩が入り、動きが止まるべきところではちゃんと動きが止まっている。完璧な振付と、それを体現する表現者としてのアイドル、という関係ですよね。すごい!

 それから、好みでいえば、AKB48のあっちゃん(前田敦子)のダンスがグッと来ますね。動きがコンパクトなので”省エネダンス”とも揶揄されることもありますけど、全然そんなことはないんですよ。手を抜いてるんじゃなくて、全部出来た上で、コンパクトに凝縮して表現してるんです。通常、グループアイドルのセンターポジションって、派手なダンスをする子が多いんです。でも彼女は、ドセンターなのにコンパクト。その「はりきってなさ」が、逆にカッコイイなぁーっ! て思います。計算でやってるわけじゃなくて、きっと天才肌なんでしょうね。

──では、竹中先生が担当しているぱすぽ☆は、アイドルオタク的に見てみるとどういうグループなんでしょう?

竹中 今は、ライブに来てもらえるとがすごく楽しいと思いますよ。まだそんなに大きな会場ではやれてないですが、どんどんお客さんも増えてきていて、いちばん成長している時期だと思います。ダンスの未経験者が10人中8人もいたんですが、やっとダンスの基礎がひと通り入って、今年の夏あたりから、彼女たちのパフォーマンスも第2段階に入ったかなという手ごたえがあります。

 ダンスで注目してほしいメンバーは、まずは経験者だったあんな(玉井杏奈)とさこちゃん(槙田紗子)。2人ともK-POPアイドルが好きで、動きや表情の作り方に影響が見えますね。それから、もりし(森詩織)は表情がものすごくいい子です。私は、個人が自分の判断でやったダンスの”アレンジ”は、個性として尊重して残すようにしてるんですが、そうしたアレンジをあまりやらずに、私の振付を最も正確に表現しているのは、もりしだと思います。この3人が、ぱすぽ☆のダンスの要ですね。

──大変おきれいな竹中先生。ご自身がアイドルにはなろうとは思わなかったんですか?

竹中 今26歳だからというわけではなくて、昔から振付師志向なんです。ダンサーになりたい、人前で踊りたいという欲求がなくて。でも、”男のアイドル”にはなってみたいですね(笑)。嵐が好きで、ファーストライブからずっと観てるんですけど、いつか嵐のメンバーになって、ステージ上で一緒に踊ってみたいなって思います。女の子にキャーキャー言われたい! 何百人ものお客さんが私の写真を貼ったうちわを持って、同じ振りをやってくれたら、きっと楽しいんだろうなー。将来の夢は、嵐になることです(笑)。
(取材・構成=岡島紳士<http://oshinshi.web.fc2.com/>/写真=名和真紀子)

●たけなか・なつみ
1984年6月10日、東京都生まれ。振付師。小学校5年生で子役デビュー。ミュージカル『美少女戦士セーラームーンSupers~夢戦士・愛・永遠に~』や、映画『学校の怪談2』などに出演。現在はぱすぽ。や、セクシー☆オールシスターズ(D-Rive、爆乳ヤンキー、爆乳甲子園)などの振付を担当している。
公式ブログ「チロリアン Nats*to You」<http://takenakanaketa.laff.jp/blog/

●ぱすぽ☆
2009年に結成された、10人組の女性アイドルグループ。グループ名は「パスポート」に由来しており、衣装もキャビンアテンダントをイメージしている。そのため、メンバーはクルー、リーダーはキャプテン、サブリーダーはチーフパーサー、ライブはフライト、観客はパッセンジャーと呼ばれる。12月6日にファースト写真集が、12月8日にはファーストアルバムが発売される予定。
公式サイト<http://www.passpo.jp/
公式ブログ<http://ameblo.jp/passpo/

●ファースト写真集『ぱすぽ☆プレミアム写真集 Vol.1~ CIELO passpo official photo book ~』
ぱすぽ☆のクルーたちがみずからプロデュースした、1000冊限定のファースト写真集。シリアルナンバー付き!! 価格/5000円(税込) 発売/SymBook

TAKE☆OFF
10人組ロックアイドルユニット、ぱすぽ☆のデビュー以来の軌跡がここに。CDのみの「エコノミークラス」と、DVD付きの「ファーストクラス」の2種類をご用意!! 価格/2,990円(エコノミークラス・税込)、3,990円(ファーストクラス、税込) 発売/ジョリー・ロジャー
amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】
ももクロちゃん、池袋に見参! 戦国コスプレで天下統一の旗上げ!?
スマイレージに浮上した”焼き肉デート疑惑” イケメンヲタとアイドルの親密な関係
『新堂本兄弟』で禁断の秘密に言及!! 堂本光一とAKB48篠田とのウワサの真相

最終更新:2012/10/11 19:54

アイドルグループ「ぱすぽ☆」の振付担当・竹中夏海が語るアイドルダンスの魅力とは?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

タッキー革命新章突入!? ジャニーズはどうなる?

不祥事タレントを容赦なく切り捨て、Jr.の年齢制限まで勃発…ジャニーズはどうなる!?
写真
人気連載

元美容部員が解説“メンズメイク”のススメ!

 メンズメイクという新しい言葉をテレビやメデ...…
写真
インタビュー

瓜田純士「人生3回目の花が咲く?」

 東京五輪イヤーが幕を開け、日本は果たしてどう変わるのか? 千里眼とプロファイル力を...
写真