日刊サイゾー トップ > カルチャー >   > 東京タワーから新宿二丁目まで、昼間とは違う夜の東京を歩こう『東京夜景散歩』

東京タワーから新宿二丁目まで、昼間とは違う夜の東京を歩こう『東京夜景散歩』

tokyoyakei.jpg『東京夜景散歩』(洋泉社)

 眠らない街、東京。

 夜、この街を散歩してみると、昼間とはまた違った魅力が見えてくる。

 ロマンチックな夜には外せない東京タワー、ド派手なネオンがきらめく外国色の強い六本木、オレンジ色の街灯を灯し花街の風情を残す神楽坂、ガード下に居酒屋が建ち並ぶ有楽町駅前……。東京には世にも美しい夜景から、ゴチャゴチャと怪しげな店が入り混じるダークなスポットまで、人間の欲求を満たすありとあらゆる場所がそろっている。

 とりわけ新宿は、戦後の闇市から出発したゴールデン街や西口すぐの思い出横丁、風俗店がひしめく歌舞伎町、世界最大級のゲイタウンとして有名な二丁目など、ディープな世界が広がり、夜に歩いているだけでワクワクする。最大の見どころは、場所というよりも人。土地柄、一風変わった人が多く、かわいらしいスカートを履いたおじさん、オカマちゃん、若いホストや黒服の集団、ホテル街へ消えるワケありっぽい中年の男女など、昼間には絶対に見られない、人間模様があちこちで垣間見られる。

 本書『東京夜景散歩』(洋泉社)では、新宿、秋葉原、浅草、池袋、渋谷、天王洲ほか多数のエリアに加え、夜にオープンしている釣堀、墓場、駐車場など様々な角度から紹介する夜の散歩スポットが満載。

 さらに、よりディープな夜の散歩をするための案内人として、それぞれの”夜”を極めた人物たちがその魅力を語る。

 闇歩きガイドの中野純氏は、ナイトハイク(夜のハイキング)での闇の恐ろしさと同時に感じる独特の安心感や幸福について、工場萌えで有名な大山顕氏は、ドボク現場や高速道路のジャンクションの夜景の素晴らしさ、珍日本紀行などで有名なディープな日本を探り続ける都築響一氏は、東京の右半分の終電後の世界をどっぷりと伝えている。

 太陽が沈み、闇が訪れる。それだけで景色は一変し、行きかう人々もまったく異なる。夜を歩くということは、危険を伴うと思われるかもしれない。けれど、警戒心を高めて五感を研ぎ澄ませ、ドキドキ感を楽しみながら歩く。それもまた、ひとつ夜の散歩ならではの面白さではないだろうか。
(文=上浦未来)

東京夜景散歩

眠らない都市ですから。

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】
写真家・野口克也が空の上で考えたもう一つの東京
【ドボク対談】大山顕×西澤丞『Build the Future』はアイドル写真集だ!(前編)
「穴があったら全部入りたい!」暗闇と静けさの別世界『東京洞窟厳選100』

最終更新:2010/12/10 18:46

東京タワーから新宿二丁目まで、昼間とは違う夜の東京を歩こう『東京夜景散歩』のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

タッキー革命新章突入!? ジャニーズはどうなる?

不祥事タレントを容赦なく切り捨て、Jr.の年齢制限まで勃発…ジャニーズはどうなる!?
写真
人気連載

変態夫婦の純愛物語『クラッシュ 4K』

 エロスとタナトスが交差する瞬間、人間はかつ...…
写真
インタビュー

永尾まりや、続・グラビア宣言

 元AKB48で現在は女優、タレントなど多方面で活躍している永尾まりやさん。とりわけ...
写真