日刊サイゾー トップ > 芸能  > "フクシくん"落合福嗣はいまだ健在!
『フクシ伝説 うちのとーちゃんは三冠王だぞ!』発売記念インタビュー

「優先順位は家族が1位」 平成のミラクルボーイ”フクシくん”はいまだ健在!

fukushi01.jpg最近何かと世間を騒がしているフクシくん。
素人とは思えないほど弁が立つ青年でした。

 中日ドラゴンズ監督・落合博満氏の愛息子であり、テレビ収録中に起こした「落合家チ○ポ丸出し放尿事件」をはじめ数々の伝説を持つ落合福嗣氏。現在、国士舘大学在学中の23歳である彼が、初著書『フクシ伝説 うちのとーちゃんは三冠王だぞ!』(集英社)を発表。発売するやいなやたちまち版を重ね、あらためて天性のスター気質を世に知らしめることとなった。

 また偶然にも著書発売の同日、スレンダー美女と突然の入籍。無料インターネット電話「スカイプ」での出会いがもたらした「スカイプ婚」であったことも併せて世間をアッと言わせた。当の本人はいたってナチュラルに生きているにも関わらず話題性に欠かない、平成のミラクルボーイ”フクシ君”に、入籍&重版を記念してインタビューを行った。

――入籍と重版、ダブルでおめでとうございます!

落合福嗣氏(以下、フクシ)ダブルありがとう、ダブルありがとう。

――著書は「週刊プレイボーイ」で連載していたコラム「落合福嗣の腹式呼吸」の傑作選を中心に、父・博満さんとの父子対談や、母・信子さんまでもが参加した人生相談など、盛りだくさんの内容ですね。

fukushi03.jpg

フクシ よくこんなに具だくさんなものが出来たなって自分でも驚いてます。表紙の家族写真は、「何で母親が真ん中なんだ?」ってよく聞かれるんですけど、この本のために撮った写真じゃなくて、僕の成人式の日に、ホテルニューオータニで撮ったものだからなんですよ。

――フクシさんの著書とはいえ、落合家総出の一冊ですね。

フクシ そもそも僕が何でこの本を書いたかっていうと、父親が世間から持たれている「怖い」「しゃべらない」「記者に冷たい」っていう印象を、180度くらいガラッと変えたかったからなんです。実際、家ではすっごいしゃべるし、すごい笑うし、新聞記者にも「お前、これオフレコだぞ~」とか言いながら3時間くらい野球の話をしたりするし、アニメも好きだし……。だから僕、「何で外ではしゃべらないの?」ってよく問い詰めるんです。そうすると「俺は、昔から何をしゃべっても悪いように(記事に)書かれてきた。最初に一億円プレイヤーになった時も、FA宣言の第一号になった時も、三冠王になった時もバッシングされてきた。だから必要最低限のことだけ言えばいいんだ」って言うんですよ。そのことで1年に3~4回はケンカになるんですけど、いつも母親が「はいはい、そこまで~」って仲裁するんです。それでいつも頓挫しちゃうんですけど、僕は「本当の父親はこうなんだよ」っていうことをみんなに伝えたい。本人がしゃべんないんだから、僕がやるしかないでしょ。あとは、こういう家族が世の中にはいるんだってことを知ってもらって、「自分は、家族に優しく出来てるかな?」ってことを、頭の片隅で考えてもらえればいいなって。

123

「優先順位は家族が1位」 平成のミラクルボーイ”フクシくん”はいまだ健在!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る
トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「M-1 2022」いよいよ

お笑いの祭典「M-1グランプリ」2022の決勝戦がいよいよ放送。決勝までの大会模様や今年の傾向をチェック!
写真
特集

スローテンポ漫才師が多い懸念

「M-1グランプリ2022」の決勝進出者が11月30日に22時からGYAO!生配信で発表されました。今年の準決勝は有料生配信も行われ、アーカイブも...…
写真
人気連載

東出昌大が怪優と化した映画『天上の花』

 太郎を眠らせ、太郎の屋根に雪ふりつむ。 ...…
写真
あぷ噛む

ハッピーニューアイコン新野尾七奈インタビュー

 Z世代の恋愛模様や友情をウォッチする、ABEMAの恋愛リアリティ番組「オオカミ」シリーズの最新作『オオカミちゃんとオオカミくんには騙されない...…
写真