日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 本多圭の『芸能界・古今・裏・レポート』  > 「男を渡り歩き……」ゴシップだけで生き延びる魔性・長谷川理恵という女の性
本多圭の「芸能界・今昔・裏・レポート」Vol.87

「男を渡り歩き……」ゴシップだけで生き延びる魔性・長谷川理恵という女の性

riehasegawa.jpg『Running Beauty』(ポプラ社)

芸能取材歴30年以上、タブー知らずのベテランジャーナリストが、縦横無尽に話題の芸能トピックの「裏側」を語り尽くす!

 「石原プロモーション」の新年会で、同プロの取締役を務める俳優の神田正輝が23歳年下の長谷川理恵との熱愛を認めたが、一体、長谷川とはナニモノだろうと思ってしまうのは、筆者だけだろうか?

 モデル兼タレントというが、実績らしい実績はほとんどない。以前、恋人関係だった石田純一は長谷川との不倫や、東尾理子との結婚問題をマスコミに提供することで、”キャンペーンボーイ”=イベント向けの客寄せパンダという隙間産業を見つけて、芸能界を生き延びているが、まさしく長谷川も、ゴシップのみで業界を渡り歩いてきたような気がしてならない。

 筆者が長谷川の名前を知ったのは、15年ほど前だったと思う。「西城秀樹と女子大生モデルの長谷川理恵、熱愛」という報道だった。当時、西城の人気はまだ衰えず独身だったことから、2人の結婚が注目された。

 そんな騒動の直後、筆者は偶然にも六本木のカウンターがあるバーで西城にバッタリ会った。筆者もプライベートで飲んでいたために、ライターをやっていることを名乗らなかったこともあって安心したのか「長谷川とかいうモデルと(の熱愛を)書かれたけど、全く関係ない」と憤慨していたのを記憶している。西城の言葉から感じたことは、熱愛報道は長谷川サイドの売名のためのリークではないかという疑惑だった。

 それからしばらく経ってから、長谷川は石田との不倫が発覚した。当時、石田はテレビ朝日のワイドショー『スーパーJチャンネル』の月曜日から木曜日のメインキャスターを務め、サイドビジネスも成功していたことから、長谷川はリッチな生活を送っていた。しかし、不倫騒動の影響が尾を引き、石田は1年余りでキャスターの座を追われた。

 この騒動の最中に石田が発したのが「不倫は文化」という、今でも語り草になっている”迷言”。皮肉にも、この言葉と共に長谷川の名前は全国に知れわたるようになった。

 その後、石田は、妻・松原千明との離婚が成立。長谷川との再婚の行方が注目されるようになった。その間、長谷川はホノルルマラソンに出場するなど、本業とは違った素人マラソン選手として名前を売り、さらに野菜ソムリエの資格を取ったということで、メディア受けする話題を提供していた。

 長谷川と石田との関係が円満にいっている頃、銀座のフランス料理店で偶然2人が、筆者と妻の隣に座ったことがあった。長谷川のライバルである梅宮アンナが、まだ羽賀研二に溺れていた時期だ。

 長谷川が石田に「私、アンナみたい馬鹿じゃないよね」と言っている声が聞こえてきた。筆者は「他人の恋愛をとやかく言っている場合じゃないだろう」と思い、あまりの馬鹿馬鹿しさに席を立って、知り合いの写真誌編集者に連絡。その後、店を出た石田と長谷川、それに連れの3人が、筆者の連絡を受けてやってきた写真誌のカメラマンや記者と、乱闘寸前の修羅場を演じたことを鮮明に覚えている。

 しかし、長谷川は石田と約8年間も付き合った末に破局。その後、年下のサーファーとの熱愛が噂されたが、そのサーファーが海で亡くなったことで、悲劇の主人公として再びマスコミから注目を浴びた。さらに、昨年の5月に神田が司会を務めるテレビ朝日系『朝だ!生です旅サラダ』にゲスト出演したのがキッカケで、2人の交際がスタート。11月には女性誌に”お泊りデート”が報じられた。

 長谷川は男性関係を肥やしに、芸能界を生き延びてきたタイプのタレントだ。この先も、交際の行方が話題になるだろうが、神田は松田聖子と結婚する前も、井上順の元妻と不倫の噂があったりと、女癖の悪さは有名だった。聖子と離婚後は、夜の銀座で働く女房然としたクラブママがいながら、池上季実子と名古屋の”ホテル密会”が報じられたこともある。果たして、長谷川、神田と結婚することができるか? まぁ、どっちに転ぼうが、長谷川にとって、オイシイことには違いないだろう。
(文=本多圭)

Running Beauty

ガヤガヤはやし立ててるのはマスコミですが。

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】
「どっちが浮気!?」長谷川理恵と熱愛発覚の神田正輝 有名ママとも交際中か
“国際女優”島田陽子をドン底に突き落とした内田裕也に山路氏批判の資格ナシ!
「結婚で億単位の金を稼いだ!?」石田純一の錬金術にマスコミもシラケムード

最終更新:2013/02/14 11:11

「男を渡り歩き……」ゴシップだけで生き延びる魔性・長谷川理恵という女の性のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

タッキー革命新章突入!? ジャニーズはどうなる?

不祥事タレントを容赦なく切り捨て、Jr.の年齢制限まで勃発…ジャニーズはどうなる!?
写真
人気連載

40バイト芸人のふとした“オチ”

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

蝶野正洋が教えるコロナとマスクと熱中症

 プロレス界を代表する悪役(ヒール)として活躍、現在はアパレルブランド「ARISTR...
写真