日刊サイゾー トップ > 芸能  > 「昨年から再犯の噂も」小向美奈子に逮捕状 業界からは”やはり……”の声

「昨年から再犯の噂も」小向美奈子に逮捕状 業界からは”やはり……”の声

s-komu_28.jpg

 違法薬物を譲り受けたとしてタレントの小向美奈子に逮捕状が出たことが判明した。覚醒剤取締法違反の罪に問われ、懲役1年6月、執行猶予3年の有罪判決を受けるも、現在はストリップやグラビアを中心に大活躍。映画では捨て身の緊縛シーンや濡れ場を演じきり、話題を集めたことは記憶に新しいところ。そんな小向の薬物騒動に周囲は慌てふためいているかと思いきや、業界内からは「やはりそうか……」と今回の騒動を予期していたかのような声があがっている。

「実は昨年から小向がまた薬物に手を出しているという噂は流れており、取材を進めていた週刊誌もあった。裏が取れなかったこともありネタ自体は潰れたものの、業界内では発覚するのも時間の問題と見る向きも少なくなかった。逮捕される以前は周囲の目も憚らず、関係者の前で”キメる”こともあったほどのクスリ好き。最近は地上波にも進出していたが、『早過ぎる』と心配する声もあった」(芸能関係者)

 そうはいっても復帰後は”ひと肌”脱いで仕事は順調。数字を稼げるタマとして男性グラビア誌からは重宝されていた。全てを失うリスクを考えれば、再び薬物に手を染めることは躊躇するはずだが。

「華々しくストリップでデビューを果たしたことで、自分の裸の商品価値に気づき勘違いしてしまった。踊りについても最初こそ真面目に勉強していたが、最近はスタッフもコントロールできなくなっていたようで、ほとんどレッスンもしていなかったはず。薬物の影響か、体にハリもなくなり、だぶつき気味で、グラビア撮影の際はカメラマンがアングルや照明でごまかすのに苦労していたほど。チヤホヤした周囲にも責任があるが、自業自得でしょう」(スポーツ紙記者)

 薬物との決別を誓ったものの、再び過ちを犯してしまった小向。ファンを裏切った罪は軽くない。

覚醒剤中毒の地獄

やめられないものなのでしょうか。

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】
小向美奈子が激白! なぜ「セックス」「流産」「ドラッグ」そのすべてを語ったのか?
田代まさしロングインタビュー「獄中で見た景色、あのころの家族の夢」
「実刑確実」覚せい剤逮捕の元光GENJI赤坂晃 歌舞伎町で描いた転落人生

最終更新:2011/02/09 12:03

「昨年から再犯の噂も」小向美奈子に逮捕状 業界からは”やはり……”の声のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

映画『許された子どもたち』レビュー

 緊急事態宣言明けの映画界を震撼させる問題作...…
写真
インタビュー

れいわ新選組の躍進の謎に迫る

 7月に行われた参議院選では、与党側が選挙前の147から141へと議席を減らした一方、...
写真