日刊サイゾー トップ > 芸能  > 「もう二度と共演したくない!」麻木久仁子の”正論”に不快感を訴えるタレント続々

「もう二度と共演したくない!」麻木久仁子の”正論”に不快感を訴えるタレント続々

asagikuniko0531.jpg『「仕切り上手」の法則 』(小学館)

 不倫や2ちゃんねる訴訟などで何かとお騒がせのタレント・麻木久仁子に、他の芸能人から「共演したくない」という声が上がっている。

 あるテレビ関係者によると、クイズ番組で麻木と共演した複数のタレントから「二度と共演はしたくない」と伝えられたことがあったのだという。

 麻木といえば、昨年は大桃美代子とAPF通信社代表の山路徹氏をめぐる不倫騒動が大きな話題となったが、弁護士を伴っての釈明会見が強烈な印象を残した。 

 また、先日はインターネット掲示板「2ちゃんねる」の書き込みで中傷されたとして、接続業者に発信者の情報開示を求めた裁判を起こし、静岡地裁に認められる判決を受けた。業者が控訴しない方針であることから、今後は発信者への損害賠償を起こすと見られている。

 状況はどうあれ、何かと穏やかではない姿勢が目立つ麻木だが、同業タレントからも敬遠されたのはなぜか。前出テレビ関係者が明かす。

「麻木さんに不快感を示したひとりは、女優のA・Cさんです。問題のクイズ番組の収録中、A・Cさんが他の共演者と話していたところ、麻木さんが『無駄話はやめなさい!』というようなことを厳しく言い放った場面がありました。たぶん麻木さんは仕事に集中しようと、正論を言ったつもりだったのだと思いますが、言い方がきつかったので一瞬スタジオが凍り付きました。ただ、その場はA・Cさんが我慢してくれて口論にならずに済んだのです」

 しかし、後で女優サイドから番組関係者に「もう共演はしない」と連絡があり、関係者は平謝りするしかなかったという。

「ほかにも若い女性タレントから『麻木さんを何とかしてほしい』というクレームはありました。ただ、本人が嫌がっても事務所が今後も麻木さんとの共演を拒まない方針なので、彼女の名前は出さないでおきます。こちらも収録中、女性タレントが麻木さんにしかられたことが理由でした」(同関係者)

 雑学女王として存在感を示していた麻木だけに、何か言われた方からすれば反論しにくい相手に映るのかもしれない。

 ただ、不倫騒動以降、麻木のメディアでの露出は減った感じもあり、前出テレビ関係者は「あまり強気なキャラクターの面ばかりが伝わると番組でも使いにくいので、彼女にとってもプラスにはならないと思います」と話しているが……。
(文=鈴木雅久)

「仕切り上手」の法則

四面楚歌。

amazon_associate_logo.jpg

最終更新:2013/09/13 13:16
こんな記事も読まれています

「もう二度と共演したくない!」麻木久仁子の”正論”に不快感を訴えるタレント続々のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

読書✕ヤンキー『どくヤン! 』

 もしも読書好きのヤンキーがいたら……いやい...…
写真
インタビュー

井上淳一が語る、若松孝二の功罪

 そこはまさに“夢の砦”だった。ピンク映画『甘い罠』(65)で映画界に殴り込んだ若松...
写真