日刊サイゾー トップ > 芸能  > 復活も近い!? 宇多田ヒカル、絢香……歌姫たちの活動再開情報相次ぐ

復活も近い!? 宇多田ヒカル、絢香……歌姫たちの活動再開情報相次ぐ

utadahikaru.jpg『HEART STATION』(EMI MUSIC JAPAN)

 昨年、女性シンガーの活動休止が相次ぎ、多くのファンにショックを与えたが、ここに来て、何人かが活動再開の準備に入ったとの情報が飛び交っている。まず1人目は、昨年8月に「人間活動に専念する」との不可解な理由で、2011年からの無期限活動休止を発表した宇多田ヒカル。

「宇多田ヒカルの生みの親ともいうべきプロデューサーの三宅彰氏が6月にポニーキャニオンへと移籍し、同社傘下の新しいレーベルを設立したのです。音楽業界では『宇多田もポニーキャニオンに移籍か』とうわさされましたが、三宅氏はEMIグループとプロデューサー契約を結んでおり、宇多田ヒカルを引き続き手掛ける模様。活動休止の背景のひとつだった周辺環境が一新されたことで、早ければ来年前半にも活動再開に踏み切るとささやかれています」(マネジメント関係者)

 宇多田本人もTwitterで、音楽ソフトを新しいパソコンにインストールした様子をツイートするなど、創作活動を継続している様子。春先に報じられた交際相手との関係も順調とみられることから、活動再開への期待が高まる。

 一方、宇多田以上に活動再開が確実視されているのが、持病のバセドー病の治療のために無期限活動休止中の絢香。彼女の場合は、エイベックスグループからの再デビューが取り沙汰されている。

「絢香は水嶋ヒロとの電撃的な結婚発表が周囲の怒りを買い、前所属事務所をクビ同然で辞めていますが、エイベックスグループの助言もあって関係各所へのあいさつを行い、今年中にも”みそぎ”期間が終わるとみられています。復活すれば十万単位のCDセールスが確実視されており、既に水面下でレコーディングの準備が進んでいるようです」(前出の関係者)

 他には、子宮疾患の治療のために休養中の大黒摩季にも、年内の活動再開情報が出ている。すでに7月には元宝塚の女優、紫吹淳に楽曲提供するなど作家活動を展開しており、近々イベント等に出演する可能性もあるようだ。

 一時期、あたかも熱病のように広がった”歌姫”たちの活動休止劇。音楽業界の地盤沈下もあって、彼女たちも、ゆっくりと休んでいられないということか。
(文=外場林太郎)

HEART STATION

人間活動の成果はどうなのよ?

amazon_associate_logo.jpg

最終更新:2013/09/11 19:23
こんな記事も読まれています

復活も近い!? 宇多田ヒカル、絢香……歌姫たちの活動再開情報相次ぐのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

新作ピンク映画15本が集結

 最新ピンク映画の話題作&人気作をセレクトし...…
写真
インタビュー

“新世代の三谷幸喜”上田監督が語る

「面白い!」「完全に騙された!」「感動した!」と映画ファンの間で噂を呼んでいるのが、...
写真