日刊サイゾー トップ > 連載・コラム  > オカルトやホラーを家族で楽しむために「2012年 ハルマゲドン商法」を討つべし
山口敏太郎の摩訶不思議ぶった切り VOL.3

オカルトやホラーを家族で楽しむために「2012年 ハルマゲドン商法」を討つべし

harumagedonbintaro.jpg

UMA、心霊現象、都市伝説、オカルト……科学や情報技術が発達した現代でも、今なお話題に上がり続ける真贋不明な有象無象を、”摩訶不思議”のオーソリティー・山口敏太郎が縦横無尽にぶった斬る!

 相変わらず、世の中は「2012年人類滅亡」「2012年宇宙人襲来」というバカげたキャンペーンで溢れている。筆者もオカルト作家という立場上、多くの人たちから、この”2012年問題”について聞かれることが多い。

 確かに、奇妙なことに多くの予言が2012年に照準を絞ったかのように、この年の人類滅亡や、この年に重大な危機が訪れることを警告している。一番有名なのは、マヤ暦の予言である。

 実は、マヤ文明が使用していた暦は、2012年12月21日(12月22日説、12月23日説もある)に終焉を迎えるとされており、それ以降の暦がないのは、人類の歴史が終わるからだと言われている。マヤの暦には、1番目の太陽の時代から数えて、5番目の太陽の時代まであり、現在がちょうどその5番目の太陽の時代に当たるとされている。

 他にも伯家神道の言い伝えで、伯家神道の伝授がなされていない天皇が即位してから100年後に日本の国体に大きな変動があると言われており、1912年の大正天皇が即位してからちょうど100年目の2012年がその年だとされている。

 また、オーストラリアから世界中に広がった情報で、フォトン・ベルトという「高エネルギーフォトン(光子)」がドーナッツ状の帯になっているものが地球に迫っているという説も唱えられている。地球は約1万年に1回の周期でこのフォトン・ベルトの中に突入しており、前回の突入時には、ムー文明やアトランティス文明が滅びたとされており、今回も地球上の文明が滅びるのではないかとうわさされているのだ。

 このようなさまざまな予言のベクトルが2012年を指していることから、人々の間で”2012年問題”に対する恐怖心が蔓延しているのだ。

 だが、まったく恐れることはない。このような2012年の予言はまったく根拠のないことだからだ。

 例えば、マヤの暦だが、5番目の太陽の時代で途絶えているのは事実だが、その後は1番目の太陽の時代に戻るだけである。つまり、マヤの暦は途絶えているのではなく、何度も繰り返していく循環型の暦なのだ。

 また、伯家神道には、”伯家神道の伝授がなされていない天皇が即位してから100年後に日本の国体に大きな変動がある”という予言はなく、単に恐怖をあおるだけの”インチキオカルト雑誌”の捏造に過ぎない。

 また、フォトン・ベルトに至っては、女子高生がオーストラリアの雑誌に投稿した、妄想と憶測たっぷりの論文が元ネタである。しかも、この女子高生は母親から聞いた内容をまとめ、その母親は恋人の米国人が話した内容を娘に伝えたと言われている。言ってみれば、母親が彼氏から聞いてきた都市伝説を、娘に披露し、それが雑誌に載っただけのことである。

 このような恐怖をあおるだけの2012年予言を、筆者は「2012年ハルマゲドン商法」と呼んでいる。メディアとは、情報伝達であると共にビジネスではあるが、他人の恐怖につけ込んで雑誌や本を売ってはならない。

 いくらエンターテインメントやメディアの世界といえども、各企業が情報発信者としてコンプライアンスの遵守に努めている中で、このような無責任で、恐怖心をあおるだけの予言を垂れ流す雑誌や作家は断固として糾弾したい。我々は、ノストラダムスの予言に振りまわされた1999年問題や、ハルマゲドン思想にとりつかれたオカルト妄信者たちが引き起こしたオウム真理教事件を忘れてはならない。

 オカルトやホラーはあくまで創作物やエンターテインメントの要素として、家族で安心して見られるものにしなければならない。筆者こと山口敏太郎は、常にそういうイデオロギーで活動してきた。2012年の人類滅亡とは、今まで散々恐怖を撒き散らし、商売にしてきたインチキ野郎たちが滅亡する年なのだ。
(文=山口敏太郎)

yamaguchibintaro200.jpg
●やまぐち・びんたろう
1966年7月20日生まれ、徳島県出身。血液型AのRHマイナス。作家・漫画原作者・ライター・オカルト研究家などさまざまな肩書を持つ。UMAや心霊・都市伝説など、あらゆる不思議分野に精通する唯一のオールラウンドプレイヤー。

大予言検証2012年人類滅亡は訪れるのか!?

仰天!

amazon_associate_logo.jpg

最終更新:2018/12/18 15:23

オカルトやホラーを家族で楽しむために「2012年 ハルマゲドン商法」を討つべしのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

『球辞苑』ナイツ塙が好プレー

 今年もまた、プロ野球ファンがオフを乗り切る...…
写真
インタビュー

ラリー遠田が語る『平成お笑い史』

 3月15日、お笑い評論家のラリー遠田の著書『教養としての平成お笑い史』(ディスカヴ...
写真