日刊サイゾー トップ > 芸能  > 「エイベックスの”救世主”となるか?」浮上した東方神起の再結成プロジェクト

「エイベックスの”救世主”となるか?」浮上した東方神起の再結成プロジェクト

2cf3v1n0.jpgまた5人そろう日が来る……?(『BEST SELECTION 2010』)

 新年早々、浜崎あゆみの離婚発表で大揺れのエイベックスに、いよいよ東方神起の再結成プロジェクトが持ち上がっているという。

「エイベックスは元旦に浜崎のデビュー以来のPVや特典映像を詰め込んだDVD-BOXを発売。”離婚”という話題性抜群のカードをこの段階で切ったのも、エイベックスと浜崎が勝負に出ていると見ていいでしょうね」(音楽関係者)

 また、浜崎と並ぶエイベックスのエース・EXILEもアルバムと同時とセットでPV集を発売したが、もはやこれまで通りのセールスではままならなくなったようだ。

「長引く音楽不況に加え、楽曲だけでは売れない時代になった。そこで、エイベックスは、これまではあくまでもアルバムの初回限定盤などのおまけとして付けてきたPVを大々的に売り出す戦略に転換。ただ、浜崎はマネジメントも自社だからいいが、EXILEや安室奈美恵らの”ドル箱”的なアーティストは他社のマネジメントなので、あまり実入りがない」(同)

 他社のマネジメントといえば、エイベックスは韓国の「SMエンターテインメント」に所属している東方神起の日本の窓口として大々的にプロモーションを行い、東方神起は同社の看板アーティストに成長。ただ、SMとの契約をめぐって、もともと5人いたメンバーのうち3人が袂を分かち、JYJとして活動しているが、ここに来て5人の再結成プロジェクトが浮上しているというのだ。

「現在の東方神起はユンホとチャンミンの2人だが、日本での一番人気はJYJのジェジュン。当初、エイベックスはJYJとマネジメント契約していたものの、背後に”黒い過去”を持つ人物がいたとの疑惑から、契約を打ち切った。そのため、JYJは日本での活動がままならず、昨年、東日本大震災復興チャリティーコンサートの開催をめぐって法廷闘争。さらに、年末は架空の震災チャリティーパーティー開催騒動に巻き込まれるなどトラブル続き。韓国国内ではSMの圧力である程度出演できる番組が限られているが、集客力は絶大。そこで、JYJの周辺トラブル解決を前提に、東京ドームなどの大会場で5人の再結成ライブを行うプロジェクトが浮上。実現すれば、『売れる』ものがなくなっているエイベックスの”救世主”となりそうだ。ただ、JYJの”黒い交際”のうわさは絶えず、なかなか先に進まないようだが」(週刊誌記者)

 そして、このプロジェクトにひと役買っているのが浜崎だという。

「浜崎はもともとJYJと親交があり、メンバーのジュンスの双子の兄・ジュノとコラボした楽曲をアルバムに収録しているほど。昨年のエイベックスのライブイベント・a-nationでは、東方神起の2人が『ジュノと同じステージに立ちたくない』とゴネ、予定していたコラボ曲が歌えなくなったことに抗議し、トリを降板。Twitterではエイベックスに対しての不満をつぶやいていた。そんなゴタゴタもあったが、浜崎が間に立って、再結成に向けて双方の歩み寄りを調整しているようだ」(同)

 東方神起の再結成を願うファンは多いが、実現がきわめて難しいプロジェクトも浮上するぐらい、エイベックスの現状は厳しいようだ。

BEST SELECTION 2010

お金のためなら道理はいらない!?

amazon_associate_logo.jpg

最終更新:2013/09/09 18:37
こんな記事も読まれています

「エイベックスの”救世主”となるか?」浮上した東方神起の再結成プロジェクトのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

新作ピンク映画15本が集結

 最新ピンク映画の話題作&人気作をセレクトし...…
写真
インタビュー

舞台の創り手がみる「ガチ恋ファン」

 元・モーニング娘。の新垣里沙が“若手俳優オタク”を演じ賛否両論、大きな話題を呼んだ...
写真