日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > お笑い評論家・ラリー遠田の『R-1ぐらんぷり2012』完全予想! 今年の優勝者は……

お笑い評論家・ラリー遠田の『R-1ぐらんぷり2012』完全予想! 今年の優勝者は……

r-12012.jpg「東洋水産R-1ぐらんぷり2012」公式サイトより

 3月5日、ピン芸人日本一を決める大会「東洋水産PRESENTS R-1ぐらんぷり2012」の決勝進出者が発表された。エントリー総数3,612人の中から見事に決勝に勝ち上がったのは、スギちゃん、川島邦裕(野性爆弾)、いなだなおき(アインシュタイン)、大悟(千鳥)、AMEMIYA、キャプテン渡辺、サイクロZ、多田健二(COWCOW)、友近、ヒューマン中村、ヤナギブソン(ザ・プラン9)、徳井義実(チュートリアル)の12人。決勝では、12人が4人ずつ3つのブロックに分かれて戦い、勝ち残った3人が最終決戦に挑むことになる。5日の決勝進出者発表会見では、トーナメントの組み合わせ抽選が行われ、Aブロックが「友近、川島、AMEMIYA、多田」、Bブロックが「サイクロンZ、いなだ、徳井、キャプテン」、Cブロックが「大悟、ヤナギブソン、ヒューマン、スギちゃん」というふうにグループ分けとネタ順も確定した。果たして誰が優勝するのか? 2日に行われた準決勝を生で観戦した経験を踏まえて、決勝の展開を予想しながら注目ポイントを解説していきたい。

●決勝Aグループ
友近、川島邦裕(野性爆弾)、AMEMIYA、多田健二(COWCOW)

 Aグループの戦いのカギを握っているのは、2番手として登場する川島だ。彼はお笑い界でも一、二を争うナンセンスな芸風の持ち主。準決勝でも、常人には理解しがたい支離滅裂で破壊力抜群のネタをやりきって、会場を震撼させた。彼の芸は良くも悪くもアクが強すぎるため、それが前後に出てくる芸人にも大きな影響を与える。決勝審査員は川島の芸をどこまで受け入れることができるのか? そこがひとつのポイントとなるのは間違いない。

 順当に考えるなら、川島の芸風は人によって好みが分かれるため、審査員によってはあまり高く評価しないかもしれない。そうなると、Aグループを制するのは川島以外の3人のいずれかである可能性が高い。1人コントの友近、音楽ネタのAMEMIYA、ギャグを得意とする多田。誰が上がってきてもおかしくないが、決勝初登場のインパクトとネタの分かりやすさで、多田が一歩リードしている気がする。

●決勝Bグループ
サイクロンZ、いなだなおき(アインシュタイン)、徳井義実(チュートリアル)、キャプテン渡辺

 なんといってもBグループ最大の見どころは、先日発表された「よしもとブサイクランキング2012」で3位に輝いたいなだと、イケメン芸人の代名詞である徳井の「ブサイクvsイケメン頂上決戦」である。最強のブサイクが最強のイケメンを打ち破る下克上はあり得るのか? 準決勝で爆笑を取っていたいなだに勝機は十分にある。4人の中で唯一、初めて決勝の舞台を踏むという点も、いなだには優位に働くだろう。ブサイク界のスーパールーキー・いなだなおきに他の3人がどう対抗するかが見ものだ。

●決勝Cグループ
大悟(千鳥)、ヤナギブソン(ザ・プラン9)、ヒューマン中村、スギちゃん

 Cグループは強豪ぞろいでかなりの接戦が予想される。『THE MANZAI2011』で活躍して以来、全国ネットのテレビでブレイクしつつある千鳥の大悟。過去には決勝経験もあり、ピン芸の評価も高いザ・プラン9のヤナギブソン。2年連続の決勝進出を果たしたヒューマン中村。そして、『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』(日本テレビ系)『爆生レッドカーペット』(フジテレビ系)などに出演して話題を呼んでいる今が旬のワイルド芸人・スギちゃん。ネタの面白さ、人気、実力、勢い、どれを取っても甲乙つけがたいメンバーである。勢いに乗ったときの爆発力が最も大きそうなのはスギちゃんだが、最後の出番なので観客がやや集中力を失っているという可能性はある。だが、それを考慮に入れてもなお、僅差でスギちゃんが接戦をものにするのではないか、と予想する。

●最終決戦

 私の個人的な読みでは、最終決戦に残るのはCOWCOW 多田、アインシュタイン いなだなおき、スギちゃんの3人。この三者による勝負の行方もかなり悩ましいところだが、過去のR-1優勝者の顔ぶれを見ると、芸歴の長いベテラン芸人が多いように思われる。3人の中で最も芸歴が長いのは多田。ここは多田が意地を見せて、4年連続で決勝敗退していた相方の山田與志の雪辱を果たす、というのがひとつの美しいシナリオとして考えられるのではないだろうか。

 ……と、ひとしきり勝手に展開予想をしてみたものの、お笑いの勝負は水物。結果はフタを開けてみるまで分からない。決勝が行われるのは3月20日(火・祝)。19時から関西テレビ・フジテレビ系列全国ネットで生放送される。12人の芸人による意地と誇りをかけた真剣勝負に期待したい。
(文=お笑い評論家・ラリー遠田)

全方位型お笑いマガジン コメ旬 COMEDY-JUNPO Vol.3

よろしくね♪

amazon_associate_logo.jpg

この芸人を見よ!2

こっちも♪

amazon_associate_logo.jpg

最終更新:2018/12/07 18:20

お笑い評論家・ラリー遠田の『R-1ぐらんぷり2012』完全予想! 今年の優勝者は……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

占い番組人気で、興味津々!?

予期しなかった恋愛が突然成就したりして、みんな占いの結果に興味津々?!
写真
人気連載

切磋琢磨しない芸人像はリアルなのか?

お笑いブームがいよいよ極まってきている。ただ...…
写真
インタビュー

女優・小川未祐の“私がキマる瞬間”

 『闇のカーニバル』(1982年)や『ロビンソンの庭』(87年)など、独創的な作品で常...
写真