日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 「中島問題の急先鋒が……」芸能リポーター井上公造が突如“自粛ムード”に転んだ裏側

「中島問題の急先鋒が……」芸能リポーター井上公造が突如“自粛ムード”に転んだ裏側

inouekozo0313.jpg井上公造オフィシャルブログ Powered by Ameba

 つい先日まで、各スポーツ紙・週刊誌・テレビ各局の情報番組の話題をほぼ独占していたオセロ・中島知子の洗脳&家賃滞納による訴訟問題。だが、震災から1年ということもあって、ここ最近では自粛ムードとなった。

「両親と所属事務所が奪還した中島本人の姿をまだどこのメディアも押さえておらず、中島を洗脳した女性霊能者とその親族は行方知れずで、霊能者もまだどこも捕まえていない。スポーツ紙に関してはスポニチの独走状態で打つ手なしといった感じだが、テレビ各局や写真誌は24時間体制で中島の自宅マンションを張り込み、大分にある霊能者の実家取材を続けている。各局、好調に視聴率アップを重ねてきた中島問題を突然やめるわけにはいかず、今後は検証報道が中心になるだろう」(週刊誌記者)

 そんな中、ワイドショー報道の中で中島問題を積極的に取り上げてきた芸能リポーターの井上公造が突如、“自粛”側に転じて話題になっている。

「3月9日付けの自身のブログを『マスコミのあり方!!』というタイトルで更新し、『一部のマスコミはそんな中島さんの居場所探しに必死になっています/いま中島さんを発見して写真を撮ったり肉声を伝えることは確かにインパクトがあります/間違いなくスクープです/でも彼女はマインドコントロールを解いている真っ只中/外部と接触すべきではない状況なんです/僕の同様の取材経験で言うとこんな時は無用な刺激を与えるべきではない』といかにも正論を書き込んでいる。しかし、中島問題のおかげで井上氏はレギュラー番組出演以外にもコメント依頼が殺到し、“中島バブル”を謳歌しているうちの1人。業界内では『さんざんおいしい思いをしておいて、よく言うよ』と冷めた見方が大半。芸能リポーターがこんなことを言っては仕事にならないのでは?」(同)

 さらに、こうした井上の方向転換には、ある裏事情があるのだという。


12

「中島問題の急先鋒が……」芸能リポーター井上公造が突如“自粛ムード”に転んだ裏側のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

動機なき連続殺人鬼の記録映画

 一部のマニアのみに知られていた「封印映画」...…
写真
インタビュー

ラッパーPablo Blastaインタビュー

 Pablo Blastaというラッパーの名前は、DJ CHARI & DJ...
写真